KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

DIVE INTO CODEはオンラインで受講可能?【条件あり】

投稿日:2021年4月19日 更新日:

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新情報は「DIVE INTO CODEの公式サイト」にてご確認ください。

DIVE INTO CODEってオンラインのみで受講できるの?誰か詳しい人教えて!

こういった疑問にお答えします!

※DIVE INTO CODEが気になるなら、無料説明会を受けることをおすすめします。
でも、今すぐに申し込む必要はありません。本記事を読んでから判断すればOKです。

DIVE INTO CODEが気になっているあなた。本気でエンジニアになりたいと考えているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、いちいち教室に通うのって面倒くさいですよね。できればオンラインのみで通いたいと思っているはず。

そこで本記事では、DIVE INTO CODEが気になるあなた向けに、現役エンジニアの私が、

DIVE INTO CODEはオンラインのみで受講できるのか

について、解説していきます。

また、現役エンジニア目線で、オンラインのみで受講する場合の注意点も解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

本記事を読めば、DIVE INTO CODEはオンラインのみで受講できるのか、よくわかりますよ。

本記事を読まないと、せっかくのエンジニアになれるチャンスの逃し、今の生活を続けることになるかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

最初に結論を言うと

「DIVE INTO CODEは、一部コースのみ、オンラインのみで受講できる」

です。

それでは下記の順番で進めます。

  1. DIVE INTO CODEはオンラインのみで受講できる?【一部コースのみ】
  2. DIVE INTO CODEをオンラインのみで受講する際の注意点【エンジニア目線で解説】

今すぐ無料説明会に参加したい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

DIVE INTO CODEはオンラインのみで受講できる?【一部コースのみ】

DIVE INTO CODEは、悪い評判を聞かない質の高いプログラミングスクールです。

講師には現役エンジニアも含まれており、現役のプロからプログラミングを教わることができます。

さらに、少人数定員制のスクールなので、集中してプログラミングを学習することができますよ。

そんなDIVE INTO CODEはオンラインのみで受講することは可能なのでしょうか?

DIVE INTO CODEはオンラインのみで受講可能【朗報】

朗報です。

DIVE INTO CODEは、一部コースだけですが、オンラインのみで受講可能です。

DIVE INTO CODEには、下記の3つのコースが存在します。

  • Webエンジニアコース(就職達成プログラム)
  • Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)
  • 機械学習エンジニアコース

完全オンラインで受講できるのは、下記の2つのみ。

  • Webエンジニアコース(就職達成プログラム)
  • Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)

機械学習エンジニアコースは、完全オンラインで受講できないので、注意しましょう。

ちょっと補足すると、機械学習エンジニアコースも、

  • 機械学習に必要な大量データをダウンロードする
  • 教室にあるハイスペックのPCを使ってプログラムを実行する

など、特定のケースのみ教室に行く必要があるだけで、基本的にオンラインで受講可能なので、安心してくださいね。

DIVE INTO CODEのオンラインサポート内容

DIVE INTO CODEのオンラインサポートの内容は下記の通り。

  • オンライン上でいつでもカリキュラムを閲覧可能
  • ビデオ通話によるオンライン授業
  • ビデオ通話による質問サポート(回数無制限)

回数無制限の質問サポートがいいですね。

質問できない環境だと、すぐに挫折しちゃいます。

いつでも何度でも質問できる環境は、プログラミングを学習するうえで、必須ですよ。

DIVE INTO CODEのオンライン授業の口コミ

DIVE INTO CODEのオンライン授業の口コミを見ていきましょう。


【オンライン開催】DIVE INTO CODE卒業発表会 機械学習エンジニアコース 2020年7月開催 (DIVE INTO CODE)


Day 302

スクールオンライン授業に参加。本日最後の授業。

ペアプロでそれぞれの卒業課題について問題を解決していく。10ヶ月振り返るとあっという間だったな

学習時間

今日: 2時間 合計: 764.0時間


土曜のやつ

学習111日目 2.7時間

累計:348.9時間

技術:Ruby, Vue.js

[DIVE INTO CODEのオンライン授業]

ペアワークでVue.jsのリファレンスや記事を一緒に読んでかんたんなアプリを作る。進捗報告会。同期と一緒だとリファレンス読むのが苦痛じゃないことに気づく!


おはようございます

引き続きスクールのオンライン学習。

昨日はHTML・CSSの課題を提出して無事合格

#今日の積み上げ

JSの勉強(配列、スコープ、関数など基礎中の基礎)

JSの基本は独学で一通り学習してたんで、

とっとと終わらせたい

上記の通り、オンライン上で、卒業発表会やペアワークも実施していますよ。

補足:DIVE INTO CODEは自習室の利用も可能

ちょっと補足で、DIVE INTO CODEは、オンラインのみで受講可能ですが、自習室の利用も可能です。

つまり、オンライン、オフラインの両方に対応しています。

「今日は、集中して作業できないな…」

なんてときは、自習室で集中して作業ができますよ。

無料で使えますし、直接質問も可能なので、自習室をうまく活用した方が、スキルアップしやすいですよ。

結論:DIVE INTO CODEはオンラインのみでの受講が可能

というわけで、結論は、下記の通り。

「DIVE INTO CODEはオンラインのみでの受講が可能。ただし、機械学習エンジニアコースは対象外」

DIVE INTO CODEは無料説明会を開催しているので、興味があれば参加してみましょう。

2分で申し込めるのでサクッとどうぞ。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

DIVE INTO CODEをオンラインのみで受講する際の注意点【エンジニア目線で解説】

よくある質問として、

「オンラインのみで受講できるのはわかったけど、本当に挫折せずプログラミングを学習することって可能なの?」

こんな疑問、不安があると思います。

確かに、教室に通うよりも、オンラインのみの方が、モチベーション管理がしづらかったり、集中力が続かなかったりするので、挫折する可能性は高いです。

そこで、現役エンジニア目線でDIVE INTO CODEをオンラインのみで受講する際に、気を付けるべきことについて、アドバイスさせてください。

DIVE INTO CODEをオンラインのみで受講する際の注意点は下記の3つ。それぞれ解説しますね。

  • DIVE INTO CODEにすべてお任せという気持ちではだめ
  • 毎日エンジニアになったあとの妄想をしよう
  • 質問のやり方を工夫しよう

DIVE INTO CODEにすべてお任せという気持ちではだめ

いきなり精神論となってしまいますが、かなり重要です。

オンライン受講の場合、必然的に自宅で学習する時間が多くなると思います。

教室に通うスタイルの場合、強制的に学習することになりますが、オンラインのみの場合は、自己管理能力が必要になってきます。

教室に通うよりも、自己管理能力が必要なのに、

「DIVE INTO CODEの講師にすべて教えてもらおう」

「とりあえずDIVE INTO CODEを卒業すれば何とかなる」

「言われた通りにやればエンジニアになれる」

など、受け身の姿勢でプログラミング学習を進めていくと、途中でサボり癖が付いたり、挫折したりする可能性が高いです。

DIVE INTO CODEは「あくまであなたがエンジニアになることをサポートしてくれるもの」ということを肝に銘じましょう。

毎日エンジニアになったあとの妄想をしよう

簡単にできるモチベーションをたもつ方法です。

エンジニアになったあとの自分を妄想するとモチベーションがたもちやすいです。

私がよく妄想していたのは下記の通りです。

  • リモートワークで基本的に在宅ワーク
  • フリーランスで年収1000万
  • 自分のサービスを作って稼ぎまくり

エンジニアになったあなたを毎日想像することで、モチベーションをたもちながらプログラミングを学習することができますよ。

質問のやり方を工夫しよう

オンライン受講となると、対面での質問ができないので、質問のやり方を工夫した方がいいです。

実際にエンジニアになると、チャット上だけで質問することが多くなるので、DIVE INTO CODEの講師とのやり取りで事前に練習しておきましょう。

具体的には、以下を注意しながら、質問すると良いです。

  • 自分のスキルレベルを伝える
  • 質問に至った経緯を伝える(どういった作業手順をしたのか、どういったエラーが発生したのか)
  • PCの環境を伝える

ざっくりこんな感じです。詳細は下記の動画が非常に参考になるので、一度見ておいて方が良いです。

DIVE INTO CODEをオンラインのみで受講する際の注意点まとめ

というわけで、DIVE INTO CODEをオンラインのみで受講する際の注意点は下記の3つでした。

  • DIVE INTO CODEにすべてお任せという気持ちではだめ
  • 毎日エンジニアになったあとの妄想をしよう
  • 質問のやり方を工夫しよう

途中で挫折すると本当にもったいないので、挫折しないよう対策しながらエンジニアを目指しましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、DIVE INTO CODEが気になるあなた向けに、現役エンジニアの私が、

DIVE INTO CODEはオンラインのみで受講可能なのか

について、解説しました。

振り返ると、

「DIVE INTO CODEはオンラインのみでの受講が可能。ただし、機械学習エンジニアコースは対象外」

が結論でした。

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にエンジニアになれるのかな…本当にDIVE INTO CODEに通おうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

DIVE INTO CODEは無料説明会があります。

悩むくらいなら、とりあえず無料説明会で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

申し込まずに後悔するより、ダメでもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:今すぐ申し込まないと損する可能性あり

ちなみに、DIVE INTO CODEへの申し込みは今すぐやった方がいいです。(急かすようですいません・・・)

なぜなら、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

DIVE INTO CODEは以前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • 機械学習エンジニアコース:598,000円(税込) → 1077,800円(税込)

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻と娘が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細