KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

【AWS】EC2のボリュームを拡張する方法【画像付きで解説】

投稿日:2020年1月19日 更新日:

AWSのEC2のボリュームを拡張したい人「AWSのEC2のボリュームを拡張したいのだけど、やり方が分からない。誰か教えて!」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、実際にAWSのEC2のボリュームを拡張した経験のある現役システムエンジニアです。

本記事では、AWSのEC2のボリュームを拡張したい人あなた向けに、AWSのEC2のボリュームの拡張方法を画像付きで解説します。

本記事を読めば、迷うことなくAWSのEC2のボリュームを拡張することができますよ。

AWSのEC2のボリュームを拡張する手順は下記の通り。一つずつ画像付きで解説しますね。

  1. AWS マネジメントコンソールでEC2のボリューム拡張
  2. EC2インスタンスにSSH接続しコンソール上でボリューム拡張
スポンサードサーチ

1.AWS マネジメントコンソールでEC2のボリューム拡張

まずは、AWSのマネジメントコンソール上で、ボリュームの拡張を行います。

AWS マネジメントコンソールにログイン

AWS マネジメントコンソール」にログインしてください。

ログインすると、上記のような画面が表示されます。

EC2を選択

「サービス」→「EC2」を選択してください。

ELASTIC BLOCK STOREのボリュームを選択

左側のメニューより「ELASTIC BLOCK STORE」→「ボリューム」を選択してください。

アクション→ボリュームの変更を選択

拡張したいインスタンスを選択して、

「アクション」→「ボリュームの変更」を押してください。

ボリュームの変更

「サイズ」を変更して、「変更」を押してください。

「はい」を押してください。

「閉じる」を押します。

ボリュームの変更が終るまで待つ

「状態」が「optimizing (100%)」になるまで待ちます。

上記のように「optimizing」が消えれば、AWS マネジメントコンソールでのEC2のボリューム拡張は完了です。

お疲れさまでした!

2.EC2インスタンスにSSH接続しコンソール上でボリューム拡張

次にEC2へ接続しコンソール上でボリュームを拡張します。
※EC2への接続は、「PuTTY」「Tera Term」などのターミナルエミュレータを使用してください。

EC2へ接続

ログインすると上記のようになると思います。

「lsblk」コマンドでボリュームを確認

lsblk

上記コマンドを実行すると、

上記画像の通り、xvdaが拡張されているはずです。

「sudo growpart /dev/xvda 1」コマンドでボリュームを拡張

上記の通り、xvda1(実際のボリューム)は、まだ拡張できていないので、

sudo growpart /dev/xvda 1

上記コマンドを実行してください。

CHANGED: partition=1 start=2048 old: size=25163743 end=25165791 new: size=29358047,end=29360095

上記のようなメッセージが出れば成功です。

「sudo resize2fs /dev/xvda1」コマンドでファイルシステムの拡張

まだ終わりではありません。次にファイルシステムの拡張をやる必要があります。

df -h

上記コマンドを実行してください。

上記の通り、拡張できていないと思います。

sudo resize2fs /dev/xvda1

上記コマンドを実行しましょう。

上記のようなメッセージが出れば成功です。

※もし「No space left on device」というエラーが出た場合は、容量が足りな過ぎて拡張できない状態になっています。その場合は不要ファイルを削除したうえで再実行してください。

「df -h」コマンドで再度ボリュームを確認

df -h

上記コマンドを再度実行してください。

ボリューム拡張完了です。

お疲れさまでした!

補足:AWSのEC2のボリュームを拡張するといくらかかるの?

ちょっと補足として、

「AWSでボリュームの拡張をするといくらかかるの?」

と疑問に思いますよね。結論から言うと、

「30GBまでは無料利用枠(12カ月間)。無料利用枠を超えると、1GBあたり月額0.12USD(約15円)かかる」

使用しているボリュームの種類によって下記の通り、料金に違いがあります。

ボリューム種類月額
汎用 SSD (gp2)0.12USD
プロビジョンド IOPS SSD (io1)0.142USD
スループット最適化 HDD (st1)0.054USD
Cold HDD (sc1)0.03USD

ただ、ほとんどの人が、「汎用 SSD (gp2) 」を使用していると思うので、AWSの無料利用枠の上限を超えると、

1GBあたり月額0.12USD(約15円)かかる

と思っていればOKです。

さいごに:AWSのEC2のボリュームを拡張する方法を解説

本記事では、AWSのEC2のボリュームを拡張したい人あなた向けに、AWSのEC2のボリュームの拡張方法を画像付きで解説しました。

これであなたも、迷うことなく、AWSのEC2のボリュームを拡張することができますね

以上です。

-IT