KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

ライフ

リクルートエージェントの電話面談受けてみた【内容大公開】

投稿日:

リクルートエージェントで電話面談をすることになった人「現在、転職活動中でリクルートエージェントで電話面談をすることになった。電話面談ではどんな話を聞かれるのかな?実際に電話面談を経験した人の体験談が聞きたい」

こういった疑問にお答えします。

この記事を書いている私は、2019年5月にリクルートエージェントで電話面談を受けました。電話面談時間は1時間10分くらいでした。

電話面談前に事前情報は仕入れなかったので、どういった話を聞かれるのかよくわからない、不安な状態で、電話面談を受けました。

結果、特に問題なかったのですが、改めて思い返すと、「どういった話を聞かれるのか」くらいは、事前に知りたい人は多いのではないかなと思い、本記事を作成することにしました。

本記事では、リクルートエージェントで電話面談をすることになった人、する予定の人向けに、電話面談経験者の私が、リクルートエージェントの電話面談で聞かれた内容について、赤裸々に公開しようと思います。

それでは以下の順番で進めます。

  1. そもそも私がリクルートエージェントの電話面談を受けた理由
  2. リクルートエージェントの電話面談を受ける前に準備したもの
  3. リクルートエージェントの電話面談で聞かれた内容【赤裸々に公開】
スポンサードサーチ

そもそも私がリクルートエージェントの電話面談を受けた理由

まずは、私がリクルートエージェントの電話面談を受けた理由についてお話しします。

自分語りですみません…ただ、背景からちゃんと話さないと後半のお話が伝わりづらくなるのでお話しさせてください…m(__)m

私がリクルートエージェントを登録した理由

私はシステムエンジニアとして9年くらい働いています。30代前半で年収は550万ほど。

入社当初はプログラミングをガッツリやっていましたが、最近はチームマネジメント、プロジェクトの進捗管理ばかりやっています。正直、もう少し様々なIT技術を学びたいと考えていました。

残業時間が10~20時間くらいで、1日の労働時間も8時間ではなく1時間短い7時間なので、今の会社に大きな不満はありません。

しかし、このまま今の会社に居続けると、部下を管理するだけの部長になるキャリアパスしか想像できません。

「部下を管理するだけの部長」というキャリアに魅力を全く感じませんし、正直、大企業でもないので給料もそこまで上がらないことが目に見えています。

といった感じで、「現状には特に不満はないが、今よりも年収が良く、IT技術系のキャリアパスが存在する会社があれば転職したいな~」くらいの気持ちで、転職エージェントに登録しました。

転職先の希望はWeb系企業

今の会社はSIer系の企業なので、BtoBのシステム開発をする仕事になります。どうせ転職するなら少し違ったことをやりたいと思いました。

現在このKatsuhiroBlogやっていて、今までかかわったことのないWeb系のIT技術に触れたことで、BtoCのWeb系システム開発に興味を持ちました。

「転職先ならBtoCをメインで行っているWeb系企業に行きたいな~自分のブログにも役立ちそうだし」くらいの気持ちで転職先はWeb系企業を選びました。

対面面談ではなく電話面談を選んだ理由

電話面談を選んだ一番の理由は単純にリクルートエージェントの会社まで行くのが面倒くさかったからです(笑)

また、「絶対転職したい!」という強い気持ちを持ってるわけではないので、別に電話面談でいいやと思いました。

といった感じで、転職の志がかなり低い理由で電話面談をやることになりました。

リクルートエージェントの電話面談を受ける前に準備したもの

電話面談を受ける前に必要なのは下記の3つです。

  1. 事前アンケート
  2. キャリアシート
  3. 職務経歴書

先ほども言ったように転職の志が低いので、資料はかなり適当に作りました(笑)製作時間は30分ぐらいです。

事前アンケートとキャリアシートは、特に難しい内容を書く必要はないのでサクッと終わらせました。

職務経歴書が一番重要

一番重要なのは職務経歴書で、具体的な仕事内容を細かくすべて書く必要はありませんが、今まで関わってきた仕事は抜け漏れなく書くようにしましょう。

電話面談では職務経歴書をベースに今まで関わってきた仕事の内容を細かく聞かれます。そして、リクルートエージェントの人はあなたのアピールポイントを探し出そうとします。

なので、簡単でもいいので関わってきた仕事は抜け漏れなく書いた方が、リクルートエージェントの人があなたのアピールポイントを探し出してくれる確率が上がりますよ。

リクルートエージェントの電話面談で聞かれた内容【赤裸々に公開】

それでは次に電話面談で聞かれた内容について公開したいと思います。会話形式で進めていきます。

電話面談の流れの説明

「よし!必要な資料は全部提出できたし手元に準備もできた。後は電話を待つだけだ」

「(約束の時間ちょうど)プルルルガチャ。はい、もしもし、かつひろです」

「かつひろさん、リクルートエージェントのIと申します。本日はよろしくお願いします」

「はい。よろしくお願いします」

「最初に今回の電話面談の流れについて説明しますね。提出していただいた事前アンケート、キャリアシート、職務経歴書をもとに何点か質問させて頂きますので、素直にお答えください」

「わかりました」

なぜ転職したいと思ったのか

「まずはそもそもなぜ転職したいと思ったのかについて教えていただけますか?」

「正直なところ今の会社には特に不満はないのですが、このまま今の会社に居続けても、部長職など、人を管理する立場のキャリアしか存在しないんですよね」

「部長職になったとしても今の会社の場合、今よりも給料が劇的に良くなることはなく、激務になることは目に見えているので、他に技術寄りのキャリアパスがあり、年収も良い企業があれば転職したいなと思いました」

「なので、すごく転職したいという気持ちが正直ないので長期的な転職活動予定しています」

「なるほど素直に回答していただきありがとうございます」

なぜ転職先にWeb業界を選んだのか

「Web業界を転職先に選んだ理由を教えていただけますか」

「副業でブログをやっていまして、Web業界に入れば仕事で得た知識をブログにも活用できるかなと思ったからです」

「すごい素直な理由ですね(笑)おそらくそのままその理由を志望動機に書いてしまうと、雇う側の企業としては、副業がメインで本業をちゃんとやってくれなさそうと思ってしまうので別の理由の方が無難ですよー」

「例えばこんなのはどうですか。今までSIerでBtoBの仕事をしていたので、自分が作ったサービスがどうやって使われてるかがイメージがつかなかった、直接的な反応もなかった。BtoCの直接顧客のWEBサービスはリアルタイムに反応が見れるので興味を持った。自分もやってみたいと思った」

「なるほど、確かに今ブログをやっていて、何人見ているか、アクセスが増えたかは、リアルタイムにわかって楽しいですね。アドバイスありがとうございます」

転職する時に譲れない条件

「転職する際に絶対に譲れない条件は何かありますか?」

「年収が今より減るのは絶対にNGです。また、残業が多いのも副業に支障が出るのでできれば残業が少ない方が嬉しいです」

「なるほどわかりました」

職務経歴書について

「それでは次に職務経歴書について少し詳しく教えてください。システム開発の要件定義からリリースまで一通りは経験されているのですか?」

「はい。入社当初はプログラミング経験を積む、その後リーダー、プロジェクトマネージャーこのように上流工程を経験してきました。またリリース後のシステム保守も経験があります」

「意外と要件定義までやってる人はないので、そこの部分は強くアピールしていいと思います」

「得意なプログラミング言語ありますか?」

「一番経験が長いのはC#で、最近ではPythonで機械学習の案件にも携わりました」

「すごいですね!機械学習はかなりのアピールポイントになりますよ。職務経歴書には、機械学習が一番目立つところに書くようにしましょうね」

「はい。わかりました」

「あと、職務経歴書はIT技術者用のテンプレートもあるので後ほどお渡ししますね」

「ありがとうございます」

今後の流れについて

「今後の流れなのですが職務経歴書をもう少し詳しく書いていただいて提出いただきますか?提出いただいたら添削いたします」

「はい。わかりました」

「今日の電話面談で話した内容をベースにかつひろさんにあった求人を今後メールで送信していきますので、興味のある企業があったら応募をお願いします」

「はい。わかりました」

「もし面接まで行けたら面接対策について事前に打ち合わせをする予定なのでよろしくお願いします」

「はい。わかりました」

その他質問事項

「何か質問あればお答えしますよ」

「Web業界って人気あるんですか?」

「人気ありますね~特にかつひろさんと同じようにSIerからWeb業界に行く人多いですよ」

「30代からの転職って遅すぎですか?市場価値って微妙ですか?」

「いや、30代前半が市場価値が一番高いですよ。特にIT系の人材は人手不足なので一番人気が高いです。30代だから遅いっていう感じではなくむしろチャレンジ精神があると評価されます」

「そうなんですね」

「今日は長い時間ありがとうございました」

「こちらこそ、ありがとうございました」

最後に

今回は、リクルートエージェントで電話面談をすることになった人、する予定の人向けに、電話面談経験者の私が、リクルートエージェントの電話面談で聞かれた内容について、お話ししました。

これであなたもどんな内容を電話面談で聞かれるかイメージがついたでしょうか。

なお、リクルートエージェントで電話面談をした私の感想は以下です。

  • かなり丁寧に話を聞いてくれる
  • 的確なアドバイスもくれる
  • 素直に話した方がちゃんと話を聞いてくれる
  • 面談時間は意外と長い(私の場合1時間10分くらい)
  • エージェントの人も転職させることが仕事なので、転職させようとちょっと急かす

正直、対面面談の方が話しやすいと思うので本気で転職活動する人は、面倒くさがらずに対面面談をやったほうがいいですよ(笑)

補足:IT技術者の人材不足は本当、転職するなら今

リクルートのエージェントさんも言ってましたが、IT技術者の人材不足は本当みたいです。

私と同じように「転職しようかな?」と思っている人は、とりあえず転職エージェントに登録しておいて、良い企業が紹介されるのを待つという方法をオススメしますよ。一度きりの人生、良い仕事の話があったら飛びつきましょう(笑)

システムエンジニアに強い転職エージェントは以下の通りです。登録は無料なのでサクッと登録しちゃいましょう。

詳細は以下の記事にまとめているのでどうぞご覧ください。

以上です。

-ライフ

執筆者:

関連記事

EX予約の発券~領収書発行まで解説【年5回以上EX予約を使っているサラリーマンが解説します】

会社に勤めていてEX予約を使えるが、初めて使うのでやり方がわからない。チケットの発行から領収書の発行まで解説してほしい。 こんにちは、かつひろです。 私は9年間サラリーマンとして働いています。出張でJ …

“友達いらない”と思っている人は意外と多い件【あなたは普通です】

“友達いらない”と思っている人「友達なんていらないとマジで思っているんだけど、自分は変なのだろうか?今後ちゃんと生きていけるのかな?」 こういった疑問にお答えします! 本記事を書いている私は、ガチで友 …

本当に使われている通勤リュックを紹介【人気の5ブランド】

最近、通勤用カバンでリュックが流行っているらしい。実際にどんな通勤リュックが使われているんだろう?そもそもなんでリュックを使っているのかな? こういった質問にお答えします。 こんにちは、かつひろです。 …

【必見】LINEモバイルの使用者が口コミをまとめてみた【計29件】

LINEモバイルが気になる人「格安スマホに替えようと迷っている。LINEモバイルってコスパがいいらしいけど、実際はどうなんだろう?いろいろな人の口コミが知りたいな」 こういった疑問にお答えします! こ …

【これからの時代に必読】『マーケット感覚を身につけよう』の要約・感想

「ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』を読んだので、つらつらと要約と感想を書いてみたいと思います!」 マーケット感覚を身につけようposted with ヨメレバちきりん ダイヤモンド社 2 …