KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

Aidemyの石川代表ってどんな人なの?【現役SEが解説】

投稿日:

Aidemy(アイデミー)が気になっている人「AIエンジニアになりたくて、Aidemy(アイデミー)に通いたいと思っているんだけど、代表の石川さんってどんな人なのかな?」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。勤めている会社では、AI関連のプロジェクトを担当しています。

Aidemy(アイデミー)が気になっているあなた。

AIに特化したプログラミングスクール「Aidemy(アイデミー)」に通ってAIエンジニアになりたいと思っているのではないでしょうか?

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて、すばらしいですね。

でも、実際にAidemy(アイデミー)に通う前に、Aidemy(アイデミー)を運営している代表取締役がどんな人か確認したいですよね。

そこで本記事では、Aidemy(アイデミー)の石川代表が気になるあなた向けに、現役SEの私が

Aidemy(アイデミー)の石川代表について徹底的に調した調査結果

について解説していきます。

本記事を読めば、Aidemy(アイデミー)の石川代表がどういった人物なのかよくわかり、納得感を持ってAidemy(アイデミー)に通うことができますよ。

もし、本記事を読まないと、Aidemy(アイデミー)の石川代表がどういった人物なのかわからずAidemy(アイデミー)に通って、自分に合わず後悔してしまうかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. Aidemy(アイデミー)の石川代表について徹底的に調べてみた
  2. 石川代表がAidemy(アイデミー)を作った理由

いますぐオンラインで無料相談したい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料相談会のみならお金は一切かかりません
※無料相談会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

Aidemy(アイデミー)の石川代表について徹底的に調べてみた

Aidemy(アイデミー)の「石川 聡彦(いしかわ あきひ)」代表は、神奈川県横浜市で1992年10月22日に生まれました。2020年4月現在、26歳になります。

Aidemy(アイデミー)はYouTubeチャンネルも持っているので、下記の動画でどんな人か確認してみてください。

Aidemy(アイデミー)の石川代表の学歴

Aidemy(アイデミー)の石川代表の学歴は下記の通り。

  • 高校:サレジオ学院高等学部
  • 大学:東京大学工学部卒業

東京大学の在学中に、創業をし、2017年6月に社名を「Aidemy(アイデミー)」に変更しました。

在学中に起業しちゃうなんて、かなり行動力のある方ですよね。

Aidemy(アイデミー)の石川代表のエピソード①:子供の頃は歌舞伎役者!?

ツイッターで、石川さんご本人が、以下のツイートをしました。

「消えた天才」というテレビ番組で、天才歌舞伎役者として紹介されるほど、歌舞伎の才能があったみたいです。

しかし、歌舞伎は伝統を重んじるため、伝統とは離れて、まったく新しいものを創造したいと思い、歌舞伎はやめてしまったそうです。

Aidemy(アイデミー)の石川代表のエピソード②:高校生の時にインターネットビジネスを経験

Aidemy(アイデミー)の石川代表は、小学生のときからよくPCを触っていたそうです。

高校生の時に、Webサイト作成やゲーム制作を行い、その延長で、インターネットでちょっとしたビジネスでお金を稼ぐ経験をされました。

そのとき、「シンプルにお金を稼ぐことって面白い」と思ったそうです。

Aidemy(アイデミー)の石川代表のエピソード③:大学3年のときに起業

Aidemy(アイデミー)の石川代表は、東京大学の文科3類に入学しました。

入学後は、ビジネス系サークルに入り、学生のビジネスコンテストを運営していました。

サークル活動の中で、次第にビジネスに対して強い興味を持ち始め、

「起業したい!」

という気持ちがどんどん大きくなったそうです。

そして、興味のあったITテクノロジーを学ぶため、工学部に転部。

大学3年生のときに、起業し、弁当のデリバリーサービスやポイントカードアプリなど、いろいろなビジネスへチャレンジしましたが、ことごとく失敗したそうです。

大学在学中に起業までしてしまうなんて、本当に、行動力のある方ですよね。

TRY NOW

※無料相談会のみならお金は一切かかりません
※無料相談会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

石川代表がAidemy(アイデミー)を作った理由

それでは次に石川代表がAidemy(アイデミー)を作った理由についても調べたのでお話しします。

石川代表がAidemy(アイデミー)を作ろうとした理由は下記の3つ。

  • AI分野は人材が不足していることを知る
  • 石川代表自身が機械学習やデータ分析を研究に利用していた
  • タイミング良く先輩起業家からアドバイスがもらえた

AI分野は人材が不足していることを知る

大学在学時に、ビッグデータ解析システム開発を経験し、その時に、

「AI分野は、学生に仕事をお願いするほど、人材が不足している」

と知ったそうです。

人材が不足しているので、AI分野はビジネスチャンスと感じたそうです。

石川代表自身が機械学習やデータ分析を研究に利用していた

大学の研究で、機械学習やデータ分析を利用していて、石川代表自身が、AI分野が得意だったため、AIに関するサービスを作りたいと思ったそうです。

タイミング良く先輩起業家からアドバイスがもらえた

大学院のクラスメイトでもあった東京大学エッジキャピタル(UTEC)代表取締役社長の郷治友孝さんからサービスの内容について、アドバイスがもらえたそうです。

なかなか現役の起業家からアドバイスをもらうことは難しいですが、若手社長への投資スタイルとして、直接アドバイスをすることを取り入れたタイミングだったらしく、運がよくアドバイスをもらえました。

というわけで、下記の理由により、石川代表はAidemy(アイデミー)のサービスを開発しました。

  • AI分野は人材が不足していることを知る
  • 石川代表自身が機械学習やデータ分析を研究に利用していた
  • タイミング良く先輩起業家からアドバイスがもらえた
TRY NOW

※無料相談会のみならお金は一切かかりません
※無料相談会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、Aidemy(アイデミー)の石川代表が気になるあなた向けに、現役SEの私が

Aidemy(アイデミー)の石川代表について徹底的に調べた結果

について解説しました。

本記事があなたが、Aidemy(アイデミー)を受講するきっかけになれば幸いです。

最後に本質的なお話をしたいと思います。

「本当にAidemy(アイデミー)を受講しようかな…AIエンジニアになろうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

Aidemy(アイデミー)は、無料相談会があります。

悩むくらいなら、とりあえず無料相談会で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのAIエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料相談会のみならお金は一切かかりません
※無料相談会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

Aidemy(アイデミー)の申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

というか、実はAidemy(アイデミー)は下記の通り、1年前よりも10万以上値上げしているんですよね。

  • Aidemy Premium Plan 3ヶ月コース: 369,980円 ⇒ 480,000円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料相談会のみならお金は一切かかりません
※無料相談会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

あわせて読みたい

-IT

かつひろ

妻が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細