KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

ブログを500記事毎日更新しました【収益とPVを公開】

投稿日:

ブログを500記事書くと、どのくらいの収益、PVになるのかな?実際に達成した人に教えてほしいな

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、サラリーマンをやりながら、ブログを毎日更新して500記事を達成した副業ブロガーです。

ブログを500記事書くことを目標にしているあなた。500記事書くまでブログを継続しようと努力しているなんて素晴らしいですね!

でも、実際に500記事を達成するまえに、どのくらいの収益、PVになるのか確認したいですよね。

そこで本記事では、ブログを500記事達成した場合の収益とPVが気になるあなた向けに、

実際に500記事を達成した副業ブロガーの収益とPV

について公開します。

また、500記事を達成するまでに工夫した点についてもあわせて解説しますよ。

本記事を読めば、ブログで500記事書くと、どのくらいPV、収益となるのか、よくわかりますよ。

本記事を読まないと500記事達成するためのコツがわからず、途中で挫折してしますかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは下記の順番で進めていきます。

  1. ブログ500記事達成したときの収益とPV【月10万円突破】
  2. ブログを500記事達成するうえで工夫したこと
スポンサードサーチ

ブログ500記事達成したときの収益とPV【月10万円突破】

それでは、ブログ500記事達成したときの収益とPVについて解説します。

ブログ500記事達成したときの収益

ブログ500記事を達成した結果、月間収益は、

240,054円

になりました!

ブログ400記事を達成したときは、

287,904円

だったので、若干減りましたが、安定していますね。

ブログを開始してからの推移は下記の通り。

2019年10月に収益が1万円を超え、2020月3月には40万円を超えました。

ブログを開始してから半年くらいは、ほぼ収益ゼロだったので、まさか自分が月間収益40万円を達成するとは思いませんでした。

ASPで自分が紹介できそうなアフィリエイト商品を片っ端から確認した成果ですね。

私が利用しているASPは下記の記事で紹介しているので、どうぞご覧ください。

ブログ500記事達成したときのPV

ブログ500記事を達成した結果、月間PVは、

52,911PV

になりました!

ブログ400記事を達成したときは、

42,553PV

だったので、順調に伸びましたね。記事を積み重ねた分だけ、PV数は増えていくことがわかりました。

ブログを開始してからの推移は下記の通り。

爆発的な伸びはなく、本当に徐々に増えていった感じですね。

ブログ500記事達成したときのその他の指標

ブログ500記事を達成した結果、収益とPV以外の指標(直近1ヶ月)は、

  • 平均ページ滞在時間:03:39
  • 直帰率:87.95%
  • 離脱率:79.71%

でした。

ブログ400記事を達成したときは、

  • 平均ページ滞在時間:03:28
  • 直帰率:86.05%
  • 離脱率:76.87%

でした。

だったので、

平均ページ滞在時間は若干増えたが、直帰率、離脱率も増えてしまった

という結果になりました。

調べてみた結果、平均ページ滞在時間が3分以上というのは結構優秀っぽいので、記事の質はそこそこ良いのかなと思います。

あなたも私の指標を比べてみて、自分のブログを評価してみてください。

ブログを500記事達成するうえで工夫したこと

ブログを500記事達成するうえで工夫したことは下記の3つ。それぞれ解説しますね。

  • プログラミングスクールの記事に特化
  • 記事作成のルーティーン化
  • キーワード選定はまとめて実施

プログラミングスクールの記事に特化

最初は500記事も書くことは不可能だと思っていたのですが、プログラミングスクールの記事に特化した結果、

「意外と500記事なんて余裕でいけるのでは?」

と思いました。

なぜなら、関連キーワードを全網羅して書けば、ほぼ無限に記事を書くことができるから。

例えば、

  • 「プログラミングスクール① 評判」
  • 「プログラミングスクール① 料金」
  • 「プログラミングスクール① カリキュラム」

上記のような感じで、1つのプログラミングスクールに対して、関連キーワードを網羅していけば、1つのプログラミングスクールで5~10記事は書けます。

そして、複数のプログラミングスクールに対して書けば、100記事以上、書けるんですよね。

  • 「プログラミングスクール① 評判」
  • 「プログラミングスクール① 料金」
  • 「プログラミングスクール① カリキュラム」
  • 「プログラミングスクール② 評判」
  • 「プログラミングスクール② 料金」
  • 「プログラミングスクール② カリキュラム」

上記のような感じです。

あるテーマに特化すると、

「今日は何の記事を書こうかな~」

みたいにネタを考える必要もあまりないので、かなりオススメです。

また、記事のテンプレ化もできます。

例えば、

  • 「プログラミングスクール① 料金」
  • 「プログラミングスクール② 料金」

上記のような記事を書く場合、読者の検索意図としては、

  • どのくらいの料金がかかるのか?
  • 料金を安くする方法はないのか?

みたいな感じで、別々のプログラミングスクールの場合でも、ほぼ同じですよね。

つまり、2つの記事を一から書く必要はなく、1つの記事を書いたら、ほぼコピペで書くことができるということです。

特化ブログ、オススメです。

記事作成のルーティーン化

500記事を達成するために、記事作成のルーティーン化しました。

なぜなら、ブログの記事を書くという行為を無意識に実施できるようになるから。

具体的には、下記の通り。

  • 平日5日間:3記事
  • 休日2日間:4記事

上記ペースを崩さず、ずっと続けてきました。

最初はかなりきつかったですが、徐々に慣れていき、3ヵ月後くらいには、

朝起きたら無意識にノートPCに向かう

という行動が出来ていることに気付きました。

更に1日を細分化すると、

平日は下記のルーティーンで作業。

  • 6:00~7:00 ブログ書く
  • 7:00~8:00 朝ごはん
  • 8:00~19:00 本業(移動時間含む)
  • 19:00~20:00 夕ごはん+お風呂
  • 20:00~22:00 ブログ書く

休日は下記のルーティーンで作業。

  • 6:00~7:00 ブログ書く
  • 7:00~8:00 朝ごはん
  • 8:00~12:00 ブログ書く
  • 12:00~13:00 昼ごはん
  • 13:00~19:00 ブログ書く
  • 19:00~20:00 夕ごはん+お風呂
  • 20:00~22:00 ブログ書く

さすがにちょくちょく休憩は挟みますが、基本的に

  • ごはん
  • 本業

以外の時間はブログに費やしたと言っても過言ではありません。

結局、一日24時間は、誰にだって平等なので、どれだけブログの作業時間を取れるかが重要ということですね。

そして、作業時間の確保とあわせて、ルーティーン化を行い、無意識で作業できるようになれば、ほぼ無敵状態です(笑)

キーワード選定はまとめて実施

偉いブロガーさんたちは言います。

「四六時中、ブログのことを考えて生活していれば、記事のネタになるキーワードは思いつく」

と。

私は四六時中ブログのことを考えることができなかったので、週に1回キーワードを選定する日を決めました。

具体的には、

土曜日の夜に10個以上のキーワードを選定するまで寝ない

というルールにしました。

手順は下記の通り。

①ASPでブログで紹介する商品を決める

ラッコキーワードで商品名で検索

③書けそうな関連キーワードを片っ端からメモする

30分~1時間あれば終わる感じですね。

例えば、「ワンピース関連の記事を書く→無料漫画サービスを紹介する」という収益化を考えた場合、

ラッコキーワードで「ワンピース」を検索すると、

上記のようにサジェストキーワード(関連キーワード)が852個もヒットします。

あとは自分が記事を書けそうなキーワードを探せばOKです。

がんばれば10個以上は見つかると思います。

こんな感じで、キーワード選定はまとめてやった方が、やりやすいです。

ブログを500記事達成するうえで工夫したことまとめ

というわけで、ブログを500記事達成するうえで工夫したことは下記の3つでした。

  • プログラミングスクールの記事に特化
  • 記事作成のルーティーン化
  • キーワード選定はまとめて実施

さいごに:500記事達成したら月10万以上稼げるようになった

本記事では、ブログを500記事書くことを目標にしているあなた向けに、

実際に500記事を達成した副業ブロガーの収益、PV

について紹介しました。

本記事があなたがブログを書くモチベーションになれば幸いです。

以上です。

-IT

かつひろ

妻と娘が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細