KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

CodeCampで初心者が選ぶべきコースを現役SEが徹底解説

投稿日:2020年7月18日 更新日:

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報はCodeCamp(コードキャンプ)の公式サイトにてご確認ください。

CodeCamp(コードキャンプ)が気になっているんだけど、コースがたくさんあってどのコースを選べばいいのかわからない。初心者が選ぶべきコースを教えてほしい

こういった疑問にお答えします!

※CodeCamp(コードキャンプ)が少しでも気になるなら、まずは無料体験を受けることをおすすめします。
でも、今すぐに申し込む必要はありません。本記事を読んでから判断すればOKです。

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。Java、C#、Pythonなど様々なプログラミング言語を経験してきました。

CodeCamp(コードキャンプ)が気になっているプログラミング初心者のあなた。

将来はエンジニアになりたいと思っているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、CodeCamp(コードキャンプ)って下記の通り、たくさんのコースが存在しますよね。

こんなたくさんのコースからプログラミング初心者のあなたが、どのコースを選ぶべきか、なんてわかりませんよね。

そこで本記事では、プログラミング初心者のあなた向けに、現役SEの私が、

CodeCamp(コードキャンプ)の中でプログラミング初心者向けのコースは結局どれなのか

について解説します。

本記事を読めば、CodeCamp(コードキャンプ)の中でプログラミング初心者のあなたにぴったりのコースがわかりますよ。

本記事を読まないと、CodeCamp(コードキャンプ)の中で、あなたに合わないコースを選択して後悔してしまうかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

最初に結論を言うと、

「CodeCamp(コードキャンプ)で、初心者が受けるべきコースは、WebマスターコースとRubyマスターコース」

です。

それでは下記の順番で進めていきます。

  1. CodeCamp(コードキャンプ)の中で初心者にオススメなコース【現役SEが厳選】
  2. プログラミング初心者がCodeCamp(コードキャンプ)のコースを受講する前にやるべきこと

今すぐ無料体験を受けたい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

CodeCamp(コードキャンプ)の中で初心者にオススメなコース【現役SEが厳選】

数あるCodeCamp(コードキャンプ)のコースのなかで、プログラミング歴9年の私が厳選したプログラミング初心者向けのコースは下記の2つ。それぞれ解説していきます。

  • Webマスターコース
  • Rubyマスターコース

Webマスターコース

Webサイトの開発でよく利用されるプログラミング言語「PHP」を学ぶことができるコースです。

Webマスターコースで実際に開発するWebサイトは下記の通り。

  • 料理レシピ検索サイト
  • インターネット掲示板
  • カート付きショッピングサイト
  • ログイン、パスワード認証、検索などの機能

Webマスターコースで習得できるスキルは下記の通り。

  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • JavaScript/jQueryの理解とコーディングスキル
  • PHPの理解とプログラミングスキル
  • MySQLを使ったデータ保存方法

Webマスターコースがプログラミング初心者にオススメな理由は下記の3つ。

  • Webサイトの開発を一から学習することができる
  • 副業でリモート可能な案件が多い「PHP」を学習できる
  • プログラミングスキルだけではなくエンジニアに必要な全般的なスキルを習得できる

Webサイトを一から開発することで、ちょっとしたWebサイトであれば、あなた自身で開発することができるようになりますよ。

Rubyマスターコース

Webサービスの開発でよく利用されるプログラミング言語「Ruby」を学ぶことができるコースです。

Rubyマスターコースで実際に開発するWebサービスは下記の通り。

  • 出品・購入機能付きフリマサイト
  • 料理レシピ検索サイト
  • 画像投稿サイト
  • いいね機能、フォロー機能

Rubyマスターコースで習得できるスキルは下記の通り。

  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • JavaScript/jQueryの理解とコーディングスキル
  • Rubyの理解とプログラミングスキル
  • Ruby on Railsの理解とWebサービスの構築

Rubyマスターコースがプログラミング初心者にオススメな理由は下記の3つ。

  • プログラミング初学者でも理解しやすいRubyを学ぶことができる
  • Rubyはエンジニア転職をしやすいプログラミング言語
  • プログラミングスキルだけではなく、エンジニアに必要な全般的なスキルを習得できる

Rubyマスターコースはエンジニアを目指すプログラミング初心者の人にオススメなコースですよ。

結論:CodeCamp(コードキャンプ)の中で初心者にオススメなコースは2つだけ

というわけで、CodeCamp(コードキャンプ)の中で初心者にオススメなコースは下記の2つだけです。

  • Webマスターコース
  • Rubyマスターコース

CodeCamp(コードキャンプ)は無料体験をやっており、各コースの序章までなら無料で見ることができるので、実際に無料体験を通して確認してみましょう。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

プログラミング初心者がCodeCamp(コードキャンプ)のコースを受講する前にやるべきこと

ここで、プログラミング初心者のあなたに、伝えたいことがあります。

正直、あなたが思っている以上にプログラミングは難しいです。

モチベーションを下げるようなことを言ってすみません…

でも、プログラミングの挫折率は9割と言われるほど難しいのは事実。

いきなりCodeCamp(コードキャンプ)のコースを受講すると、難しくて途中で挫折する可能性があります。特にプログラミング初心者は要注意です。

なので、プログラミング初心者は途中で挫折しないためにも、事前準備として下記を実施しましょう。

  • まずは無料体験でCodeCamp(コードキャンプ)のプログラミング学習の流れを理解する
  • 事前に「Progate」「ドットインストール」でプログラミングを勉強する
  • プログラミングを学習する理由を明確にする

まずは無料体験でCodeCamp(コードキャンプ)のプログラミング学習の流れを理解する

CodeCamp(コードキャンプ)を受講する前に、無料体験でプログラミング学習の流れを体験してみましょう。

なぜなら、事前にプログラミング学習の流れを体験していた方が、スムーズにCodeCamp(コードキャンプ)のコースを始められるから。

無料体験は名の通り無料なので、とりあえず受けましょう。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

事前に「Progate」「ドットインストール」でプログラミングを勉強する

CodeCamp(コードキャンプ)を受講する前に、「Progate」「ドットインストール」でプログラミングを勉強しておきましょう。

なぜなら、ある程度プログラミングに慣れておいた方が、CodeCamp(コードキャンプ)のカリキュラムの内容がすんなり入ってくるから。

CodeCamp(コードキャンプ)のカリキュラムは、現役エンジニアのサポートがある、という前提で作成されているので、プログラミング完全初心者には少し難しいと感じることがあります。

なので、事前に「Progate」「ドットインストール」でプログラミングを勉強しておきましょう。

「Progate」「ドットインストール」の無料枠で下記を学んでおくといいですよ。

  • HTML & CSS
  • Ruby on Rails

プログラミングを学習する目的を明確にする

最後はちょっと精神論的な話になってしまいますが、かなり重要です。

必ずプログラミングを学習する目的を明確にしましょう。

なぜなら、目的がないままプログラミングを始めても、ほぼ確実に途中で挫折してしまうから。

目的を持たずにCodeCamp(コードキャンプ)に行くことは、志望する大学がないのに、予備校に通うようなもの。

「○○大学に行きたい!」という明確な目的があるから、予備校に通って勉強をかんばりますよね。

プログラミングスクールも一緒で、明確な目的があったほうが、自主的にプログラミング学習をがんばれますし、挫折もしづらいです。

最初は「お金を稼げそうだから」「絶対にエンジニアになりたいから」「今後役に立ちそうだから」など、ふわっとした目的でもOKです。

あなた自身が目的を認識して、目的に向かって進んでいくのがプログラミングを習得するうえでの一番の近道です。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、プログラミング初心者のあなた向けに、現役SEの私が、

CodeCamp(コードキャンプ)の中でプログラミング初心者向けのコースは結局どれなのか

について解説しました。

振り返ると、CodeCamp(コードキャンプ)の中でプログラミング初心者にオススメなコースは下記の2つでした。

  • Webマスターコース
  • Rubyマスターコース

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にエンジニアになれるのかな…本当にプログラミングスクールに通おうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

CodeCamp(コードキャンプ)は無料体験が付いています。

悩むくらいなら、とりあえず無料体験で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申し込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

ちなみに、プログラミングスクールへの申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

なぜなら、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

例えば、CodeCamp(コードキャンプ)は1年前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • CodeCamp(コードキャンプ)の入学金:10,000円 ⇒ 30,000円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻と娘が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細