KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

CodeCampで学べるプログラミング言語まとめ【現役SEが解説】

投稿日:

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報はCodeCamp(コードキャンプ)の公式サイトにてご確認ください。

CodeCamp(コードキャンプ)が気になっているんだけど、どんなプログラミング言語が学べるの?

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。エンジニアの採用経験もあるので、エンジニアの転職事情にもそこそこ詳しいです。

CodeCamp(コードキャンプ)が気になっているあなた。本気でエンジニアになることを目指しているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、実際にCodeCamp(コードキャンプ)に通う前に、どういったプログラミング言語があるのか確認したいですよね。

そこで本記事では、CodeCamp(コードキャンプ)が気になっているあなた向けに、現役SEの私が、

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語

について解説します。

本記事を読めば、あなたがCodeCamp(コードキャンプ)でどのプログラミング言語を学ぶべきなのか、よくわかりますよ。

本記事を読まないと、せっかくのエンジニアになれるチャンスを逃して、今の生活を続けることになるかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m( _ _ )m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語まとめ
  2. CodeCamp(コードキャンプ)で学ぶべきプログラミング言語ってなに?

今すぐ無料体験を受けたい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語まとめ

まずは、CodeCamp(コードキャンプ)の簡単な紹介から。

CodeCamp(コードキャンプ)は、完全オンラインのプログラミングスクールです。

現役エンジニアのマンツーマンレッスンが受けることができます。

そして、15万円前後から受講が可能なコスパの良いプログラミングスクールです。

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語は全5種類!

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語は下記の5つです。それぞれ簡単に解説しますね。

  • CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語①:PHP
  • CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語②:Ruby
  • CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語③:Java
  • CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語④:Swift
  • CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語⑤:Python

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語①:PHP

PHPは、Webサービスの開発でよく利用されるプログラミング言語です。

PHPで開発されているWebサービスは下記の通り。

  • Facebook
  • Wikipedia
  • ぐるなび
  • ココナラ

上記の通り、インターネット上で提供されるWebサービスでよく使われる言語です。

CodeCamp(コードキャンプ)でPHPが学べるコースは下記の通りです。

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語②:Ruby

Rubyも、PHPと同様にWebサービスの開発でよく利用されるプログラミング言語です。

Rubyで開発されているWebサービスは下記の通り。

  • Cookpad
  • 食べログ
  • CrowdWorks
  • Hulu

上記の通り、インターネット上で提供されるWebサービスで使われています。

Rubyは日本人が開発したプログラミング言語で、他のプログラミング言語と比較すると簡単なプログラミング言語です。

CodeCamp(コードキャンプ)でRubyが学べるコースは下記の通りです。

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語③:Java

Javaは、様々なシステムに利用されるプログラミング言語です。

Javaで開発されているシステムは下記の通り。

  • 銀行内で利用されるシステム
  • マインクラフト
  • Androidアプリ

上記の通り、様々な分野のシステムに利用されています。

他のプログラミング言語と比べると少し難しいプログラミング言語ですね。

CodeCamp(コードキャンプ)でJavaが学べるコースは下記の通りです。

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語④:Swift

Swiftは、iPhoneアプリを開発するためのプログラミング言語です。

CodeCamp(コードキャンプ)でSwiftが学べるコースは下記の通りです。

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語⑤:Python

Pythonは、AIによく利用されるプログラミング言語です。

Pythonで開発されているシステムは下記の通り。

  • Googleフォトの人物認証
  • 顔認証システム
  • Amazon、楽天のおすすめ商品

上記の通り、AI系でよく利用されます。

CodeCamp(コードキャンプ)でPythonが学べるコースは下記の通りです。

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語まとめ

というわけで、CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語とコースをまとめると下記の通りでした。

  • PHP ⇒ Webマスターコース
  • Ruby ⇒ Rubyマスターコース
  • Java ⇒ アプリマスターコース、Javaマスターコース
  • Swift ⇒ アプリマスターコース
  • Python ⇒ Pythonデータサイエンスコース
TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

CodeCamp(コードキャンプ)で学ぶべきプログラミング言語ってなに?

よくある質問として、

「CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語はわかった。でも、結局どのプログラミング言語を学ぶべきなの?」

こんな疑問があると思います。

現役エンジニア目線で回答すると、以下の通り。それぞれ解説しますね。

  • 副業でリモートワークをしたいならPHP
  • スマホアプリ開発をしたいならJava、Swift
  • AIエンジニアになりたいならPython

副業でリモートワークをしたいならPHP

リモートで副業で稼ぎたいならPHPを選びましょう。

なぜなら、PHPはリモートワークの仕事が多いから。

例えば、クラウドソーシングの「ランサーズ」でPHPの仕事を探してみると、

上記の通り、2万件以上の仕事が見つかります。

具体的に仕事の内容を見てみると、

上記の通り、リモートOKの仕事が含まれています。

副業などでリモートワークをしたいならPHPを選びましょう。

スマホアプリ開発をしたいならJava、Swift

スマホアプリ開発をしたいならJava、Swiftを学びましょう。

なぜなら、スマホアプリ開発はJava、Swiftが主流だから。

というか、スマホアプリ開発は、ほぼ100%、Java、Swiftで使用されています。

  • Androidのアプリ = Java
  • iPhoneのアプリ = Swift

と思ってOKです。

というわけで、スマホアプリ開発をしたいならJava、Swiftを学びましょう。

AIエンジニアになりたいならPython

AIエンジニアになりたいならPythonを学びましょう。

なぜなら、AIの仕組みの半数以上はPythonで開発されているからです。

  • AI = Python

と考えてOKです。

なお、AIエンジニアになれば、

上記の通り、月単価100万以上は目指せるので、稼ぎたい人はPythonを学ぶといいですよ。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、CodeCamp(コードキャンプ)が気になっているあなた向けに、現役SEの私が、

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語

について解説しました。

振り返ると

CodeCamp(コードキャンプ)で学べるプログラミング言語とコースは下記の通りでした。

  • PHP ⇒ Webマスターコース
  • Ruby ⇒ Rubyマスターコース
  • Java ⇒ アプリマスターコース、Javaマスターコース
  • Swift ⇒ アプリマスターコース
  • Python ⇒ Pythonデータサイエンスコース

また、どのプログラミング言語を選ぶべきかは下記の通りでした。

  • 副業でリモートワークをしたいならPHP
  • スマホアプリ開発をしたいならJava、Swift
  • AIエンジニアになりたいならPython

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にエンジニアになれるのかな…本当にプログラミングスクールに通おうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

CodeCamp(コードキャンプ)は無料体験が付いています。

悩むくらいなら、とりあえず無料体験で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申し込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

ちなみに、プログラミングスクールへの申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

なぜなら、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

例えば、CodeCamp(コードキャンプ)は1年前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • CodeCamp(コードキャンプ)の入学金:10,000円 ⇒ 30,000円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細