KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

DIVE INTO CODEは給付金がもらえる?【56万ゲット】

投稿日:

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新情報は「DIVE INTO CODEの公式サイト」にてご確認ください。

給付金が出るプログラミングスクールがあるみたいだけど、DIVE INTO CODEって、給付金はもらえるの?

こういった疑問にお答えします!

※DIVE INTO CODEが気になるなら、無料説明会を受けた方がいいですよ。
でも、今すぐに申し込む必要はありません。本記事を読んでから判断すればOKです。

DIVE INTO CODEが気になっているあなた。本気でエンジニアになることを目指しているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、実際にDIVE INTO CODEに通うまえに、給付金が出るプログラミングスクールなのか、確認したいですよね。

そこで本記事では、DIVE INTO CODEが気になっているあなた向けに、現役エンジニアの私が、

DIVE INTO CODEは給付金が出るのか

について解説します。

本記事を読めば、あなたも給付金を使ってDIVE INTO CODEに安く通うことができますよ。

本記事を読まないと、せっかくのエンジニアになれるチャンスを逃して、今の生活を続けることになるかもしれません。

最初に結論を言うと

DIVE INTO CODEは給付金が出るプログラミングスクール

です。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m( _ _ )m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. DIVE INTO CODEは給付金が出ます【最大56万円ゲット】
  2. DIVE INTO CODE以外で給付金が出るプログラミングスクール

今すぐ無料説明会に参加したい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

DIVE INTO CODEは給付金が出ます【最大56万円ゲット】

最初にDIVE INTO CODEの簡単な紹介から。

DIVE INTO CODEはエンジニアに転職すること、フリーランスになることに特化したプログラミングスクールです。

講師には現役エンジニアも含まれており、現役のプロからプログラミングを教わることができます。

さらに、少人数定員制のスクールなので、集中してプログラミングを学習することができますよ。

そんなDIVE INTO CODEでは給付金がもらえるのでしょうか?

補足:そもそも給付金ってなに?

まずは、プログラミングスクールの給付金について少し解説します。

プログラミングスクールの給付金は、

専門実践教育訓練給付金

と言われるものです。

AIに関するスキルを身に付けるスクールを受講した場合、受講料の50%~70%が支給されます。
※上限は56万円

給付金がもらえる条件はざっくり下記の通り。

  • 給付金を初めて利用する場合:同じ会社で1年以上働いていること
  • 給付金を利用したことがある場合:同じ会社で3年以上働いていること

細かい条件が他にもありますが、給付金がもらえるかどうかは、DIVE INTO CODEの無料説明会で教えてくれます。

【朗報】DIVE INTO CODEは給付金対象

朗報です。DIVE INTO CODEは、AIに特化したコースがあるので、

給付金対象

となります。

なので、給付金をもらうことができます。

なお、DIVE INTO CODEで給付金対象となるコースは下記の2つだけなので、注意しましょう。

  • 機械学習エンジニアコース
  • Webエンジニアコース(フルタイム)

具体的に給付金はいくらもらえるの?【最大56万円ゲット】

実際に給付金がいくらもらえるのか気になりますよね?

結論を言うと、DIVE INTO CODEでは、

最大で約56万円

の給付金がもらえます。

公式サイトにも、

機械学習エンジニアコース、Webエンジニアコース(フルタイム)は厚生労働大臣より「専門実践教育訓練指定講座」に指定され、「専門実践教育訓練給付金」および 「教育訓練支援給付金」の対象講座にも指定され、それぞれ最大56万円、45万円のキャッシュバックが受けられます。

上記の通り記載がありますね。

機械学習エンジニアコース:最大56万円の給付金がもらえる

機械学習エンジニアコースの受講料は、

1077,800円(税込)

なので、給付金は、

1077,800円 × 70% = 754,460円 

となり、給付金上限の56万円を超えてしまうので、56万円の給付金がもらえる計算になります。

給付金を考慮した場合の受講料は下記の通り。

1077,800円 - 560,000円 = 517,800円

上記の通り、半額以下で通うことが可能です。

Webエンジニアコース(フルタイム):最大45万円の給付金がもらえる

Webエンジニアコース(フルタイム)の受講料は、

647,800円(税込)

なので、給付金は、

647,800円 × 70% = 450,000円 

となります。

給付金を考慮した場合の受講料は下記の通り。

647,800円 - 450,000円 = 197,800円

上記の通り、20万円以下で通うことが可能です。

プログラミングスクールの相場としては、3ヶ月で30万~80万円くらいなので、給付金を利用すれば、かなり安く、DIVE INTO CODEに通うことができますよ。

結論:給付金を使ってお得にDIVE INTO CODEに通おう

というわけで、

DIVE INTO CODEは最大56万円の給付金がもらえる。また、Webエンジニアコースなら実質20万円以下で通うことができる

が結論です。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

DIVE INTO CODE以外で給付金が出るプログラミングスクール

よくある質問として、

「DIVE INTO CODEは給付金がもらえるのはわかった。DIVE INTO CODE以外で給付金がもらえるスクールはないの?」

こんな疑問があると思います。

DIVE INTO CODE以外で給付金が出るプログラミングスクールは下記の通り。それぞれ解説しますね。

  • DMM WEBCAMP COMMIT
  • Aidemy(アイデミー)
  • キカガク

DMM WEBCAMP COMMIT

DMM WEBCAMP COMMITは20代限定のエンジニアへの転職に特化したスクールです。

DMM WEBCAMP COMMITの専門技術コース」なら、給付金を適用することが可能です。

具体的にどのくらい安くなるかというと下記の通り。

828,000円 ⇒ 350,800円

約50万円も安く受講することができます。

今なら無料カウンセリングに参加するだけで、Amazonギフトがもらえるので、サクッと申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

Aidemy(アイデミー)

Aidemy(アイデミー)はAIに特化したスクールなので、給付金を適用することが可能です。

具体的にどのくらい安くなるかというと下記の通り。

480,000円 ⇒ 144,000円

約30万円も安く受講することができます。

TRY NOW

※無料オンライン相談のみならお金は一切かかりません
※無料オンライン相談はいつ終わるのかわからないのでお早めに

キカガク

キカガクは、AIに特化したプログラミングスクールです。

キカガクの長期コースなら、給付金を適用することが可能です。

具体的にどのくらい安くなるかというと下記の通り。

792,000円 ⇒ 237,600円

50万円以上も安く受講することができます。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

結論:DIVE INTO CODE以外で給付金が出るプログラミングスクールまとめ

というわけで、DIVE INTO CODE以外で給付金が出るプログラミングスクールは下記の3つでした。

  • DMM WEBCAMP COMMIT
  • Aidemy(アイデミー)
  • キカガク

ここで、ちょっと補足します。

「結局どのスクールにするか迷うな…」

と思うかもですが、現役エンジニア目線で正直に言うと、

どのスクールを選ぶかは好みの問題

です。

ネットの評判なんか気にせず、各スクールの無料カウンセリングで、詳細を聞いてみて、自分で判断するのがいいですよ。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

TRY NOW

※無料オンライン相談のみならお金は一切かかりません
※無料オンライン相談はいつ終わるのかわからないのでお早めに

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、DIVE INTO CODEが気になっているあなた向けに、現役エンジニアの私が、

DIVE INTO CODEは給付金が出るのか

について解説しました。

振り返ると

DIVE INTO CODEは最大56万円の給付金がもらえる。また、Webエンジニアコースなら実質20万円以下で通うことができる

が結論でした。

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にエンジニアになれるのかな…本当にDIVE INTO CODEに通おうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

DIVE INTO CODEは無料説明会があります。

悩むくらいなら、とりあえず無料説明会で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

申し込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:今すぐ申し込まないと損する可能性あり

ちなみに、DIVE INTO CODEへの申し込みは今すぐやった方がいいです。(急かすようですいません・・・)

なぜなら、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

DIVE INTO CODEは以前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • 機械学習エンジニアコース:598,000円(税込) → 1077,800円(税込)

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻と娘が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細