KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

DIVE INTO CODEは未経験でも通える?【注意点あり】

投稿日:2021年8月17日 更新日:

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新情報は「DIVE INTO CODEの公式サイト」にてご確認ください。

DIVE INTO CODEが気になっている。プログラミング未経験なんだけど、DIVE INTO CODEに通って、エンジニアになること可能ですか?

こういった疑問にお答えします!

※DIVE INTO CODEが気になるなら、無料説明会に参加することをおすすめします。
でも、あわてて申し込む必要はありません。本記事を読んでから判断すればOKです。

DIVE INTO CODEが気になっているプログラミング未経験のあなた。本気でエンジニアに転職したいと考えているのではないでしょうか?

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、実際にDIVE INTO CODEに通うまえに、プログラミング未経験でも本当にエンジニアになれるのか、確認したいですよね。

そこで本記事では、DIVE INTO CODEが気になるあなた向けに、現役エンジニアの私が、

DIVE INTO CODEに通えば未経験でも本当にエンジニアになれるのか

について、徹底解説します。

現役エンジニア目線で、プログラミング未経験がDIVE INTO CODEに通うときの注意点も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

本記事を読めば、プログラミング未経験のあなたがDIVE INTO CODEに通うべきなのか、よくわかりますよ。

本記事を読まないと、せっかくのエンジニアに転職するチャンスを逃し、今の生活を続けることになるかもしれません。

結論から言うと、下記の通り。

  • 未経験でもDIVE INTO CODEに通ってエンジニアになることは可能
  • 実際にたくさんの未経験者がDIVE INTO CODEに通ってエンジニアになっている

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. DIVE INTO CODEは未経験者でもエンジニアになれる【理由を詳しく解説】
  2. DIVE INTO CODEに未経験者が通うときの3つの注意点【エンジニアが解説】

今すぐ無料説明会に参加したい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

DIVE INTO CODEは未経験者でもエンジニアになれる【理由を詳しく解説】

まずは、DIVE INTO CODEの簡単な紹介から。

DIVE INTO CODEは、悪い評判を聞かない質の高いプログラミングスクールです。

講師には現役エンジニアも含まれており、現役のプロからプログラミングを教わることができます。

さらに、少人数定員制のスクールなので、集中してプログラミングを学習することができますよ。

そんな、DIVE INTO CODEに通えば、未経験でもエンジニアになることが可能です。理由は下記の3つ。それぞれ解説しますね。

  • DIVE INTO CODEのカリキュラムは未経験向けの内容となっている
  • 未経験者でも挫折しないようにサポートが体制がしっかりしている
  • 実際にプログラミング未経験からDIVE INTO CODEに通ってエンジニアになった人がいる

DIVE INTO CODEのカリキュラムは未経験向けの内容となっている

DIVE INTO CODEのカリキュラムは未経験でも理解できるような内容になっています。

公式サイトにも、

現場で通用する問題解決能力を養うカリキュラム

未経験から現場でプロのエンジニアとして仕事ができる様になることを目的とした洗礼されたカリキュラムをご用意しています。 実践ワークやチーム開発を通して最短経路で企業が求めるWebエンジニアをめざします。

上記の通り、記載がありますね。

未経験でも理解できるようなカリキュラムになっているので、未経験でも安心して受講できますよ。

未経験者でも挫折しないようにサポートが体制がしっかりしている

DIVE INTO CODEは、未経験者が挫折しないように、徹底サポートしてくれます。

具体的なサポート内容は下記の通り。

  • 学習の進め方や目標設定をサポートしてくれる
  • 講師にいつでも質問し放題
  • 講師の方から定期的に質問がないか声がけをしてくれる

DIVE INTO CODEの優秀な講師が、あなたのプログラミング学習を徹底サポートしてくれます。

人間って誰かの監視がないと、サボっちゃう生き物なんですよね(笑)

DIVE INTO CODEは、優秀な講師があなたのプログラミング学習を徹底管理してくれるので、未経験者でも挫折しづらいです。

実際にプログラミング未経験からDIVE INTO CODEに通ってエンジニアになった人がいる

DIVE INTO CODEに通って、未経験からエンジニアになった人がいます。

具体的に、DIVE INTO CODEに通って、未経験からエンジニアになった人の声を見ていきましょう。

上記の通り、未経験からDIVE INTO CODEに通って、エンジニアに転職できた人はたくさんいますよ。

結論:DIVE INTO CODEは未経験者でもエンジニアになることができる

というわけで、

  • DIVE INTO CODEのカリキュラムは未経験向けの内容となっている
  • 未経験者でも挫折しないようにサポートが体制がしっかりしている
  • 実際にプログラミング未経験からDIVE INTO CODEに通ってエンジニアになった人がいる

上記3つの理由から、

DIVE INTO CODEは未経験者でもエンジニアになることができる

が結論です。

DIVE INTO CODEは無料説明会を開催しています。少しでも興味があれば参加してみましょう。

完全無料なのでリスクゼロ。

3分で申し込めるので、サクッとどうぞ。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

DIVE INTO CODEに未経験者が通うときの3つの注意点【エンジニアが解説】

よくある不安として、

「プログラミング未経験なので、DIVE INTO CODEのカリキュラムについていけずに、挫折しないか心配です…」

こんな不安があると思います。

確かに、プログラミング未経験の人がDIVE INTO CODEのカリキュラムを終わらせることは、大変だと思います。

しかし、ちゃんと挫折しないための対策をすれば、未経験者でもDIVE INTO CODEのカリキュラムをやりきることはできますよ。

現役エンジニア目線で考えた、DIVE INTO CODEに未経験者が通うときの注意点は下記の3つ。それぞれ解説しますね。

  • 事前にプログラミングに慣れておく
  • MacBookを買っておく
  • エンジニアになりたい理由を明確にする

事前にプログラミングに慣れておく

DIVE INTO CODEに通う前に、プログラミングに慣れておきましょう。

なぜなら、DIVE INTO CODEのカリキュラムをスムーズに進めることができるからです。

プログラミング学習は最初が一番つまずきやすいので、事前に最初のつまずきを除いておけば、スムーズにカリキュラムを進めることができます。

具体的には、下記のサイトでプログラミングを無料で体験してみましょう。

テックアカデミーのプログラミング無料体験

実際にプログラミングを体験でき、エンジニアがあなたが作ったプログラムをレビューしてくれますよ。

あくまでプログラミングに慣れることが目的なので、全部理解しなくても大丈夫です。

とにかくプログラミングに慣れるために、サクッと終わらせましょう。

MacBookを買っておく

ノートPCは、実際にエンジニアになったあとでも、ずっと使っていくものなので、事前に購入することをオススメします。

事前に買っておけば、操作になれることもできますし、操作になれればタイピングも早くなるので、学習効率も上がります。

なお、エンジニアは圧倒的にMacを使っている人が多いので、エンジニアを目指すのであれば、MacBookを持っておいた方が無難ですよ。




エンジニアになりたい理由を明確にする

最後にあなたがエンジニアになりたい理由を明確にしましょう。

  • 楽に稼げそうだから
  • リモートワークで自由に働きたいから

などの理由はあると思いますが、エンジニア転職時にそれを言っちゃうと、ほぼ100%選考に落ちるので上記の理由しかない場合は別の理由を考えましょう。

定番の理由としては、下記のような感じですかね。

  • モノづくりが好きだから
  • IT技術はこれからも発展していくので自分が開発したサービスで社会貢献がしたいから
  • プログラミングを勉強して楽しさに気付き、もっと極めたいと思っているから

別にこの理由をパクってもいいですよ。

でも、結局のところ、あなたが本当にエンジニアになりたい理由を見つけないと、エンジニア転職時も苦労することになるので、なりたい理由に対して真剣に向きあいましょう。

「特になぜプログラミング未経験からエンジニアになろうと思ったのか?」

は転職時に絶対に聞かれることなので、事前に回答を用意しておきましょう。

というわけで、プログラミング未経験から本気でエンジニアを目指すのであれば、下記の努力をしましょう。

  • 事前にプログラミングに慣れておく
  • MacBookを買っておく
  • エンジニアになりたい理由を明確にする
TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、DIVE INTO CODEが気になるあなた向けに、現役エンジニアの私が、

DIVE INTO CODEに通えば未経験でも本当にエンジニアになれるのか

について、徹底解説しました。

振り返ると、

DIVE INTO CODEは未経験者でもエンジニアになることができる

が結論でした。

最後に本気でエンジニアを目指しているあなたに本質的なお話をしたいと思います。

「未経験から本当にエンジニアになれるのかな…本当にDIVE INTO CODEに通おうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

DIVE INTO CODEは無料説明会を実施しています。

悩むくらいなら、とりあえず無料説明会で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

申し込まずに後悔するより、ダメでもともとで申し込んでみましょう。

※本記事を読んだだけでは何も変わりません。実際に行動しましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:今すぐ申し込まないと損する可能性あり

DIVE INTO CODEの申し込みは、今すぐにやった方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

実はDIVE INTO CODEって以前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • 機械学習エンジニアコース:598,000円(税込) → 1077,800円(税込)

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、今すぐ申し込まないと損する可能性が高いですよ。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻と娘が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細