KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

プログラマカレッジは働きながらでも通える?【回答あり】

投稿日:

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新情報は「プログラマカレッジの公式サイト」にてご確認ください。

プログラマカレッジが気になっているんだけど、仕事をやめて通いたくはない。働きながらでも通えるの?

こういった疑問にお答えします!

プログラマカレッジが気になるなら、まずは無料体験を受けてみましょう。
でも、あわてて申し込む必要はありません。本記事を読んでから判断すればOKです。

プログラマカレッジが気になっているあなた。未経験からエンジニアになることを目指しているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、仕事をやめてからプログラマカレッジに通うなんて怖くてできないですよね。

できれば仕事はやめずに働きながらプログラマカレッジに通いたいと思っているはず。

そこで本記事では、働きながらプログラマカレッジに通いたいと思っているあなた向けに、現役エンジニアの私が、

働きながらでもプログラマカレッジに通うことができるのか

について解説します。

本記事を読めば、働きながらでもプログラマカレッジに通って、挫折せずエンジニアになる方法もわかりますよ。

本記事を読まないと、働きながらプログラマカレッジに通ったとしても途中で挫折してしまうかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m( _ _ )m

それでは、以下の順番で進めていきます。

  1. プログラマカレッジに働きながら通える3つの理由
  2. プログラマカレッジで働きながらでも挫折しないための対策

今すぐ無料体験を受けたい場合はこちら👇
1,000円分のクオカードが貰える!

TRY NOW

※無料体験ではお金は一切かかりません
※今なら1,000円分のクオカードが貰えます

スポンサードサーチ

プログラマカレッジに働きながら通える3つの理由

最初に結論を言うと、

プログラマカレッジは働きながらでも通うことができる

です。

プログラマカレッジに働きながら通える理由は下記の3つ。それぞれ解説しますね。

  • 働きながら通いたい人向けの夜間コースがある
  • オンラインでいつでも質問できる
  • 学習時間の目安は週17時間くらい

働きながら通いたい人向けの夜間コースがある

プログラマカレッジは、働きながらプログラミングスキルを身に付けたい人向けに、

週3夜間コース

というものがあります。

週3夜間コースの内容は下記の通り。

  • オンライン教材を使う自習形式
  • 月水金 19:00~22:00
  • 学習期間は2~6ヶ月
  • オリジナルアプリ開発あり

週3夜間コースは、働きながら通うことを前提としているので、学習期間を最大6ヶ月取ることが可能です。

あなたのペースで学習を進めることができますよ。

オンラインでいつでも質問できる

働きながらだと時間を確保するのが難しいので、なるべく効率的にプログラミングを学習したいですよね。

プログラマカレッジはオンラインでの質問に対応しているので、学習でつまずいてもすぐに質問することができます。

効率的に学習を進めるには、いつでも質問ができる環境がかなり重要なんですよね。

なぜなら、あなたが悩む時間を削減できるからです。

いつでも質問できる環境と質問できない環境との違いは下記の通り。

質問できる環境

プログラミング学習でエラーでつまづく

ググったが解決せず

講師に質問

エラーが解決

質問できない環境

プログラミング学習でエラーでつまずく

ググったが解決せず

オワタ\(^o^)/

上記の通り、いつでも質問できる環境であれば悩む時間が減らせるので効率的に学習を進めることができますよ。

学習時間の目安は週17時間くらい

プログラマカレッジの夜間コースの学習時間の目安は、下記の通り。

200時間(2~6ヶ月)

例えば、3ヶ月(12週間)で終わらせようと思ったら、

週17時間

ほど確保できればOKです。

週17時間であれば、働きながらでもなんとか時間を捻出できそうですね。

時間割を組むなら、例えば下記の通り。

  • 月曜:3時間
  • 水曜:3時間
  • 金曜:3時間
  • 土曜:4時間
  • 日曜;4時間

平日に9時間、休日に8時間を確保すれば、週17時間は確保できますよ。

この時間割なら、働きながらでもなんとかいけそうですよね。

補足:実際に働きながらプログラマカレッジに通った人がいる

よくある質問として、

「働きながら通えることはわかったけど、実際に働きながら通った人っているの?」

こんな疑問があると思います。

安心してください。実際にプログラマカレッジに働きながら通って、エンジニアに転職できた人がいます。

具体的には下記の通り。

事務職からプログラマーに転身!仕事と夜間スクールを両立し、WEB系自社開発会社へ内定

【Q】プログラマカレッジでの勉強はいかがでしたか?

仕事と並行しての勉強を希望していたので、平日週3日の夜間プログラミング研修を受講させていただきました。週3日間、基本的に毎回参加して、自宅で教材を使って自習をしつつ、研修所ではプログラミングの写経を行いました。

仕事で勉強時間が限られる分、会社のお昼休憩の時間を勉強にまわしたり、仕事が終わってからも勉強をしたりと、隙間時間を全部勉強にあてました。1日4時間くらいは勉強していたと思います。

【Q】研修後の就職活動はいかがでしたか?

私は異業種でしたので、IT業界のことが全くわからない状態だったんですが、担当の方が約2時間ほどかけて、すごく丁寧に説明をしてくれたんです。

模擬面接の練習を時間をかけて行っていただき、その中で色んな質問をしていただき答える練習をしていくことで、万全の体制を整えていきました。

上記の通り、働きながらでもプログラマカレッジに通って、エンジニアへの転職に成功した人はいますよ。

結論:プログラマカレッジは働きながらでも通うことができる

というわけで、

プログラマカレッジは働きながらでも通うことができる

が結論で、理由は下記の3つでした。

  • 働きながら通いたい人向けの夜間コースがある
  • オンラインでいつでも質問できる
  • 学習時間の目安は週17時間くらいで無理のないスケジュール

プログラマカレッジは無料体験を開催しているので、まずは無料体験に参加してみましょう。

完全無料なのでリスクゼロ。

今なら、無料体験に参加するだけで、1,000円分のクオカードがもらえるので、申し込みはお早めにどうぞ。

TRY NOW

※無料体験ではお金は一切かかりません
※今なら1,000円分のクオカードが貰えます

プログラマカレッジで働きながらでも挫折しないための対策

というわけで、プログラマカレッジは働きながらでも通える理由について解説しました。

とは言うものの、プログラマカレッジのカリキュラムって、なかなかハイレベルなんですよね…

普通に考えて、働きながらプログラマカレッジに通うより、仕事をやめてプログラマカレッジに通った方が、時間が取りやすいので挫折しづらいんですよね。

なので、働きながらプログラマカレッジに通うなら挫折しないための対策をちゃんとすべきです。

具体的にプログラマカレッジで働きながらでも挫折しないための対策は下記の3つ。それぞれ解説しますね。

  • 本業では無駄な残業はしない
  • 朝活をして学習時間を確保
  • 休日はプログラマカレッジにすべてを捧げる

本業では無駄な残業はしない

働きながらプログラマカレッジに通うなら、本業では無駄な残業はしないようにしましょう。

なぜなら、エンジニアへ転職することを決めているので本業で残業してもまったく意味がないから。

あなたはエンジニアを目指してプログラマカレッジに通うことを決めたんですよね。

それなら、本業で残業するくらいなら、プログラマカレッジのカリキュラムに取り組んだ方が100倍自分のためになりますよね。

ちょっと怒られるかもですが、本業は手を抜いて最低限の労働で固定給をもらうことを意識しましょう。

朝活をして学習時間を確保

働きながらプログラマカレッジに通うとやっぱり学習時間の確保が難しいですよね。そこでオススメなのが朝活です。

なぜなら、朝活をすると毎日1、2時間は学習時間を確保できるから。

会社が終ってから夜に学習時間を確保してもいいのですが、夜だと疲れていたり、飲み会などの予定が入ったりする可能性があるので、毎日確実に1、2時間の学習時間を確保するには適していません。

朝活なら、朝一から疲れていることなんてそうそうないですし、朝一から予定が入ったりすることもないですよね。つまり、学習時間を確保しやすいです。

例えば、通勤で家を出る時間が朝の8時だとしたら、毎朝6時前に起きれば2時間くらいは時間を確保することができますよね。

毎朝続けていけば完全にルーティーン化するので朝起きるのも苦にならなくなりますよ。

休日はプログラマカレッジにすべてを捧げる

働きながらプログラマカレッジに通うのであれば、休日はプログラマカレッジにすべて捧げましょう。

なぜなら、平日の学習時間だけではプログラマカレッジのカリキュラムを終えることができないから。

平日にいくら学習時間を作っても、働きながらだとせいぜい3時間くらいですよね。

月水金をプログラミング学習にあてるとなると3日で9時間くらい。

プログラマカレッジの学習目安は週17時間くらいなので、残り8時間は休日で捻出しないといけません。

残りの8時間を休日の2日で確保するためには、休日をプログラマカレッジに捧げるつもりじゃないと確保できませんよね。

具体的な休日の過ごし方のイメージは下記の通り。

朝起きたらプログラマカレッジのカリキュラムをやる

朝ごはん食べる

午後までプログラマカレッジのカリキュラムをやる

お昼ご飯を食べる

夕方までプログラマカレッジのカリキュラムをやる

夕飯を食べる

寝るまでプログラマカレッジのカリキュラムをやる

お風呂に入って寝る

本気でエンジニアになりたいならプログラマカレッジに通っている間が頑張り時ですよ。

働きながらでもプログラマカレッジに通ってエンジニアになるために、学習時間の確保を最優先でがんばりましょう。

プログラマカレッジで働きながらでも挫折しないための対策まとめ

というわけで、プログラマカレッジに働きながら通うなら、挫折しないために、下記の3つの対策をしましょう。

  • 本業では無駄な残業はしない
  • 朝活をして学習時間を確保
  • 休日はプログラマカレッジにすべてを捧げる
TRY NOW

※無料体験ではお金は一切かかりません
※今なら1,000円分のクオカードが貰えます

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、働きながらプログラマカレッジに通いたいと思っているあなた向けに、現役エンジニアの私が、

働きながらでもプログラマカレッジに通うことができるのか

について解説しました。

振り返ると、

プログラマカレッジは働きながらでも通うことができるが、挫折しないために対策しよう

が結論でした。

最後にエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にエンジニアになれるのかな…本当にプログラマカレッジに通おうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

プログラマカレッジは無料体験があります。

悩むくらいなら、とりあえず無料体験で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申し込まずに後悔するより、ダメでもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料体験ではお金は一切かかりません
※今なら1,000円分のクオカードが貰えます

以上です。

-IT