KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

コードキャンプは大学生でも通える?【月10万円は稼げる】

投稿日:2021年10月1日 更新日:

※本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新情報は「CodeCamp(コードキャンプ)の公式サイト」にてご確認ください。

CodeCamp(コードキャンプ)が気になっている。大学生なんだけど、CodeCamp(コードキャンプ)に通うことって可能ですか?

こういった疑問にお答えします!

※CodeCamp(コードキャンプ)が気になるなら、まずは無料カウンセリングを受けることをおすすめします。
でも、あわてて申し込む必要はありません。本記事を読んでから判断すればOKです。

CodeCamp(コードキャンプ)が気になっている大学生のあなた。将来エンジニアになって稼ぎたいと思っているのはないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、実際にCodeCamp(コードキャンプ)に通うまえに、大学生でも通えるのか確認したいですよね。

そこで本記事では、CodeCamp(コードキャンプ)が気になっているあなた向けに、現役エンジニアの私が、

CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通えるのか

について解説します。

また、大学生がCodeCamp(コードキャンプ)に通って月10万円稼ぐ手順についても、解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

本記事を読めば、大学生のあなたがCodeCamp(コードキャンプ)に通うべきなのか、よくわかりますよ。

本記事を読まないと、せっかくのエンジニアになれるチャンスを逃してしまうかもしれません。

最初に結論を言うと、下記の通り。

CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通うことができ、月10万円は稼げるようになる

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m( _ _ )m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通うことができる?【普通に通えます】
  2. CodeCamp(コードキャンプ)に通って大学生が月10万円稼ぐ手順【エンジニアが解説】

今すぐ無料カウンセリングを受けたい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通うことができる?【普通に通えます】

まずは、CodeCamp(コードキャンプ)の簡単な紹介から。

CodeCamp(コードキャンプ)は、完全オンラインのプログラミングスクールです。

CodeCamp(コードキャンプ)の一番の特徴は、現役エンジニアからマンツーマンでプログラミングを学ぶことができることです。

プログラミングスクールの中でも、コスパが良いので、大学生にもおすすめです。

そんなCodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通うことができるのでしょうか?

CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通うことができる

朗報です。

CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通うことができます。

なぜなら、CodeCamp(コードキャンプ)には年齢制限がないから。

CodeCamp(コードキャンプ)には年齢制限が一切ないので、大学生でも通うことができます。

実際にCodeCamp(コードキャンプ)に通った大学生がいる

CodeCamp(コードキャンプ)に通っている大学生は普通にいますよ。

公式サイトにも、

CodeCampの受講生の方はバラエティに富んでおり、比率で言うと、学生の方が2割、社会人の方が8割程度で、エンジニアとしての就職や転職を目指してプログラミングを学ばれている方もいる一方、IT企業のディレクターや営業の方、あるいは、非IT企業の方など、エンジニアとしてキャリアを積むというよりは、既存の業務にプログラミングを活かしたい、エンジニアとのコミュニケーションのために、自らもプログラミングを理解したいという目的で学ばれている方もいます。 また、今後、WEBサービスでの起業を考えられていて、プログラミングを学んでいる方も多くいらっしゃいます。

上記の通り、受講生の2割は学生と記載されています。

大学に通いながらでもCodeCamp(コードキャンプ)に通えるの?

よくある質問として、

「大学に通いながらでも、CodeCamp(コードキャンプ)に通えるのかな?大学をやめる必要ってある?」

こんな疑問があると思います。

安心してください。大学を無理にやめる必要はありません。

CodeCamp(コードキャンプ)の勉強時間は、

週20~25時間

が目安となっています。

1日3~4時間の勉強時間が確保できるなら、大学に通いながらでも、CodeCamp(コードキャンプ)に通うことができますよ。

補足:大学生はCodeCamp(コードキャンプ)のコース選びに気を付けよう

ちょっと補足として、大学生はCodeCamp(コードキャンプ)のコース選びに気を付けましょう。

CodeCamp(コードキャンプ)のコースは10種類ほどあるので、コース選びを間違える可能性が高いです。

大学生におすすめなコースは下記の通り。

  • Webマスターコース:Webエンジニアとして稼ぎたい人
  • デザインマスターコース:Webデザイナーとして稼ぎたい人

現役エンジニア目線だと、Webエンジニアの方が稼げるのでおすすめですかね~

結論:CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通える

というわけで、

CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通える

が結論です。

CodeCamp(コードキャンプ)は、無料カウンセリングを開催しているので、少しでも興味があるなら、申し込んでみましょう。

申し込みは2分で終わるのでサクッとどうぞ。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

CodeCamp(コードキャンプ)に通って大学生が月10万円稼ぐ手順【エンジニアが解説】

よくある質問として、

「CodeCamp(コードキャンプ)が大学生が通えるのはわかった。でも、どうやって稼げばいいの?」

こんな疑問があると思います。

CodeCamp(コードキャンプ)に通って、プログラミングスキルを身に付ければ、大学生でも月10万円は稼げますよ。

現役エンジニア目線で、大学生がCodeCamp(コードキャンプ)に通って、月10万円稼ぐ手順は下記の通り。

①CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講する

②現役エンジニアに案件受注のコツを教えてもらう

③クラウドソーシングで月10万円稼ぐ

①CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講する

まずは、CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講しましょう。

Webマスターコースを受講すれば、ゼロからWebサイトを開発できるようになりますよ。

2ヶ月プランなら、受講料は198,000円で、約20万で受講可能です。

プログラミングスクールの相場としては、30万円~80万円くらいなので、コスパは良いですね。

②現役エンジニアに案件受注のコツを教えてもらう

CodeCamp(コードキャンプ)は現役エンジニアから、マンツーマンレッスンを受けることが可能です。

現役エンジニアに直接いろいろな質問をすることが可能なので、案件受注のコツも教えてもらいましょう。

案件を受注して実際に稼いでみたいのですが、どうやって稼げばいいですか?

わかりました。特別に教えますね!

上記のようなイメージですね。

③クラウドソーシングで月10万円稼ぐ

CodeCamp(コードキャンプ)に通って、プログラミングスキルを身に付けたら、「ランサーズ」「クラウドワークス」など、クラウドソーシングで稼ぎましょう。

おすすめは、ランディングページ(LP)案件です。

なぜなら、成果物としてはHTML、CSSなど、画面レイアウトを作成するだけの案件が多く、初心者でもとっつきやすいからです。

ランディングページ(LP)とは、例えば

マネースクエア」(※別サイトが開きます)

上記リンクの遷移先のようなページのことです。

実際にランサーズでランディングページ(LP)案件の相場は、

上記の通り、「2万~5万」「5万~10万」なので、副業で毎月1、2案件受注できれば、最低月10万は稼げますよ。

ランサーズ」「クラウドワークス」は、無料で登録できるので、今のうちに登録しておいて、相場をチャックしておいた方が良いですよ。

大学生がCodeCamp(コードキャンプ)に通って月10万円稼ぐ手順まとめ

というわけで、大学生がCodeCamp(コードキャンプ)に通って月10万円稼ぐ手順は下記の通りでした。

①CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講する

②現役エンジニアに案件受注のコツを教えてもらう

③クラウドソーシングで月10万円稼ぐ

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、CodeCamp(コードキャンプ)が気になっているあなた向けに、現役エンジニアの私が、

CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通えるのか

について解説しました。

振り返ると

CodeCamp(コードキャンプ)は大学生でも通うことができ、月10万円は稼げるようになる

が結論でした。

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当に稼げるようになるかな…本当にCodeCamp(コードキャンプ)に通おうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

CodeCamp(コードキャンプ)は無料カウンセリングを実施しています。

悩むくらいなら、とりあえず無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

申し込まずに後悔するより、ダメでもともとで申し込んでみましょう。

※本記事を読んだだけでは何も変わりません。まずは行動しましょう。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:今すぐ申し込まないと損する可能性あり

CodeCamp(コードキャンプ)の申し込みは、今すぐにやった方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

実はCodeCamp(コードキャンプ)って以前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • CodeCamp(コードキャンプ)の入学金(税込):11,000円 ⇒ 33,000円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT