KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

ブログ

【WordPress】SSLリダイレクトのやり方【AWS】

投稿日:2019年3月10日 更新日:

  • SSL証明書は発行できたけど、「http」のサイトへもアクセスできるのを何とかしたい。
  • 常に「https」のサイトへアクセスさせたいけど、やり方がわからない。

こういった疑問にお答えします。

このKatsuhiroBlogも「https」へリダイレクトするように対応しました。

試しに「http://katsuhiroblog.com」へアクセスしてみてください。自動的に「https://katsuhiroblog.com」へ移動するはずです。

なお、当サイトは、AWSでWordPressのサイトを運営してますので、その前提でやり方をご紹介します。

以下の順番で進めていきます。

  1. 「Tera Term」でサーバへアクセス
  2. 「htaccess.conf」の変更
  3. 「wp-config.php」の変更
スポンサードサーチ

「Tera Term」でサーバへアクセス

AWSサーバ上のファイルを修正する事前準備として、「Tera Term」をダウンロードをしてください。

HostにサーバのIPを入力するわけですが、AWSにログインして自分のインスタンスのIPを入力してください。

「User name」に「ubuntu」
「Private key file」にAWSでサーバを作成したときにダウンロードしたキーファイルを設定します。(xxxx.pem)
「OK」を押しましょう。

こんな管理画面で出ると思います。これで、サーバへのサクセスが完了しました。

「htaccess.conf」の変更

それでは次に、リダイレクトを行うためのプログラムを「htaccess.conf」に書きましょう。

sudo vi /opt/bitnami/apps/wordpress/conf/htaccess.conf

上記ソースコードをコピーして、「Tera Term」上で右クリックすると貼りつきます。その後、「Enter」を押してください。

もし、こんな画面になったら、「Esc」を何回か押してください。

そうすると、「htaccess.conf」の中身がこんな感じで見れます。

キーボードの「i」を押すと、カーソルが移動できると思うので、一番下まで移動してください。

次に

<Directory "/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs">
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} !=https
RewriteRule ^/?(.*) https://%{HTTP_HOST}/$1 [R,L]
</IfModule>
</Directory>

上記ソースコードをコピーしてください。

「Tera Term」上で、右クリックを押すと以下のようなポップアップ画面が出るので、「OK」を押しましょう。

コピーしたソースコードが貼りつくので、体裁を整えると、こんな感じになると思います。

そうしたら、「Esc」「:」「wq」「Enter」の順で、キーボードを押すと変更完了です。

次に、変更を適用するために、再起動をかけます。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

上記ソースコードを貼りつけて、「Enter」を押しましょう。

以上で、「htaccess.conf」の変更が完了です。

「wp-config.php」の変更

次に、「wp-config.php」の変更です。

sudo vi /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

上記ソースコードを「Tera Term」に貼りつけましょう。そして「Enter」を押してください。

もし、こんな画面になったら、「Esc」を何回か押しましょう。

そうすると、「wp-config.php」の中身がこんな感じで見れます。

「i」を押して、下のほうへスクロールすると、こういう箇所があると思います。

次に

define('WP_SITEURL', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . '/');
define('WP_HOME', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . '/');

上記ソースコードについて、頭に「#」をつけてコメントアウトしてください。

その後、

define('WP_SITEURL', 'https://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . '/');
define('WP_HOME', 'https://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . '/');

上記ソースコードをコピーして貼りつけてください。こんな感じです。

その後、「Esc」「:」「wq」「Enter」の順でキーボードを入力してください。

以上で終了です。

作業が完了したら、早速、「http://」でアクセスしてみてください。「https://」にリダイレクトされるはずです。

お疲れさまでした。

-ブログ

執筆者:

関連記事

AWS×お名前.comで作成したサイトをSSL化【具体例あり】

AWSとお名前.comの組み合わせで、独自ドメインのサイトを作ったけど、SSL化する方法がわからない。というか、SSL化する必要ってあるの? こういった疑問にお答えします。 このKatsuhiroBl …

ブログで吹き出しが使えるようになる3つのステップ【cssを無料公開】

WordPressで無料テーマを使っている人「WordPressでブログをやっている。吹き出しを使ってみたいが、やり方がわからない。吹き出しを使える有料テーマには手が出ないから無料でやる方法はないかな …

Amazonと楽天のアフィリエイトリンクをかっこよく表示する方法【css公開】

「Amazonと楽天のアフィリエイトリンクを並べて表示しているカッコいいやつ」を自分もやりたい。どうやるの? こういった疑問にお答えします。 「Amazonと楽天のアフィリエイトリンクを並べて表示して …

【事実】あなたがブログを挫折するのは当たり前です【理由は簡単】

ブログに挫折しそうな人「ブログを始めてみたけど、続きそうにないな…ブログを続けている人は、なんで続けられているんだろう?誰か教えて!」 こういった疑問にお答えします! この記事を書いている私は、ブログ …

キーワードプランナーを無料で使うくらいならUbersuggestを使うべき

キーワードプランナーを無料使っているが、検索ボリュームがあいまいで微妙。関連キーワードを検索ボリューム順で並べようにも、そもそも検索ボリュームがあいまいなので、よくわからない。キーワードプランナー以外 …