KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

マンツーマンのプログラミングスクール3選【現役SEが解説】

投稿日:2019年8月26日 更新日:

マンツーマンのプログラミングスクールが気になる人「プログラミングを学びたいと思っている。プログラミングスクールって自習形式が多いみたいだけど、マンツーマンの方が自分に合ってそうな気がする。ぶっちゃけどうなんだろうか?」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、システムエンジニア(SE)歴9年ほどの現役SEです。

マンツーマンのプログラミングスクールに通おうとしているあなた。新しいことへチャレンジするのって勇気がいりますよね。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、本当にマンツーマンのプログラミングスクールに決めていいか迷いますよね。

そこで本記事では、マンツーマンのプログラミングスクールが気になるあなた向けに、現役SEの私が、マンツーマンのプログラミングスクールのメリットやデメリット、オススメのスクールについて、解説します。

本記事を読めば、あなたに合ったマンツーマンのプログラミングスクールが見つかりますよ。

正直なところ、マンツーマンのプログラミングスクールに着目したあなたは、かなり勘所がいいですよ。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは下記の順番で進めていきます。

  1. マンツーマンのプログラミングスクールのメリット
  2. マンツーマンのプログラミングスクールのデメリット
  3. マンツーマンのプログラミングスクール3選
スポンサードサーチ

マンツーマンのプログラミングスクールのメリット

マンツーマンのプログラミングスクールのメリットは下記の通り。それぞれ解説しますね。

  • 挫折しづらい
  • 効率的に学習できる
  • 質問しやすい

挫折しづらい

マンツーマンのプログラミングスクールは、挫折しづらいです。

そもそもですが、プログラミングスクールで一番やってはいけないこととはなんでしょうか?

それは挫折することです。

いくら教材が素晴らしがろうが、講師が優秀だろうが、手厚い転職支援があろうが、途中で挫折したら、意味ないですよね。

また、プログラミングスクールって、基本、前払い制なので、途中で挫折したら、お金は戻ってきません。
※なかには、受講後2週間以内なら全額返金できるスクールもあります。

マンツーマンのプログラミングスクールなら、レッスン形式でプログラミングを学ぶことができるので、自習形式のプログラミングスクールよりも、挫折しづらいです。

なぜなら、レッスンさえ始まれば、勉強せざるを得ない環境に強制的に身を置くことになるからです。

別の習い事で例えると、子どもの頃、進研ゼミが流行りましたよね。実は進研ゼミって、半数以上が途中で挫折しているというのを知っていますか?(赤ペン先生に宿題を送っている生徒は、数%しかいないとか…)

私も子どもの頃、挫折した一人ですが、結局、塾に行くことになりました。塾はいやいや行っていましたが、最後まで挫折せず、続けることができました。

やっぱり、自習形式で勉強するよりも、塾のように。そこに行けば勉強せざるを得ない環境に身を置くことで、強制力を持って、勉強に励むことができます。

マンツーマンのプログラミングスクールも一緒で、講師の人が目の前にいるので、勉強せざるを得ないですよね。結果、挫折もしづらいです。

効率的に学習できる

マンツーマンのレッスンなら、効率的に学習もできます。

ここで言っている効率的な学習とは、「より短い時間で」「より深く理解する」ということ。

効率的に学習するためには、自分のペースで学習を進める必要があります。

複数人の講義のなかで、学習していると、周りの目が気になって質問ができなかったり、わからないことがあっても周りに合わせて知ったかぶりをしたり、しちゃいますよね。

その結果、結局よくわからないまま講義が終わり、モヤモヤした経験はありませんか?

学校の授業はついていけないけど、家庭教師やマンツーマンの塾講師との勉強がはかどるのは、自分のペースで勉強できるからですよね。

プログラミングの学習も一緒です。マンツーマンレッスンにより、自分のわからないこと、気になることは、その場で遠慮なく質問することができます。

結果、「より短い時間で」「より深く理解する」ことができ、効率的に学習を進めることが可能です。

質問しやすい

マンツーマンレッスンなら、質問がしやすいです。

質問がしやすいという環境って、プログラミングスクールではかなり重要です。

なぜなら、プログラミングを学習するうえで、一番時間がかかるのは、エラーが発生したときの解決にかかる時間だからです。

特に初心者の場合は、ほぼ毎日エラーに四苦八苦することになるでしょう。

例えば、自主学習形式のスクールに通った場合、すぐに講師に質問できる環境ではないので、エラーが発生したら自分で解決しようと、試行錯誤しようとするはず。

もちろん自分の力で解決するのは素晴らしいことですが、初心者は特に超絶時間がかかるので、1、2時間悩むのはざらにあります。

マンツーマンレッスンなら、エラーが発生したらすぐに質問ができますよね。

自分で調べるという力は付きづらいかもしれませんが、サクサク学習が進むのは気持ちいいですよ。

マンツーマンのプログラミングスクールのデメリット

マンツーマンのプログラミングスクールのデメリットは下記の通り。それぞれ解説しますね。

  • 料金が高い
  • 予約制なので好きな時間に学習できない
  • エンジニア仲間を作れない

料金が高い

マンツーマンのプログラミングスクールは、自主学習形式のプログラミングスクールに比べて高い傾向にあります。

なぜなら、生徒一人ひとりに、講師を一人ずつ用意する必要があるからです。より人件費がかかるのでしょうがないですね。

具体的には、下記はともに、大手のプログラミングスクールですが、やっぱりマンツーマンのスクールの方が高いですね。

  • 侍エンジニア(マンツーマン):416,100円(4ヵ月:フリーランスコース)
  • TECH::CAMP(自主学習形式):192,400円(4ヵ月)

予約制なので好きな時間に学習できない

マンツーマンのプログラミングスクールは、好きな時間に学習できないという制約もあります。

よく考えて見えればわかるのですが、マンツーマンなので、あなたの都合だけではなく、講師の都合も関係ありますよね。

講師の予定が空いていないと、別日で調整する場合もあるので、好きな時間に学習できないときもあります。

エンジニア仲間を作りづらい

マンツーマンのプログラミングスクールはエンジニア仲間が作りづらいです。

なぜなら、やはりマンツーマンのレッスンとなるので、講師以外の人と接する機会がほとんどないからです。

実はエンジニア仲間を作っておくのって、年収を上げるうえでは、かなり重要なんですよね。

例えば、エージェント経由で仕事をもらうとマージンを取られますが、知り合いのエンジニア経由だとマージンを取られないので、必然的に年収も高くなります。

しかも、知り合いのエンジニア経由だと、経歴書や面接もすっ飛ばせる可能性も(笑)

こんな感じで、エンジニア仲間は作っておくのはメリットが多いのでなるべく作ることをオススメします。

マンツーマンのプログラミングスクールでも、オンラインではなくオフライン(教室に通うスタイル)なら、同じエンジニア仲間は作ろうと思えば、作ることが可能ですよ。

マンツーマンのプログラミングスクール3選

オススメのマンツーマンのプログラミングスクールは下記の3つ。

  • 侍エンジニア ※対面でも講義を受けたい人向け
  • CodeCamp(コードキャンプ) ※オンラインがいい人向け
  • クリプテックアカデミア ※学生向け

マンツーマンのプログラミングスクール3校を比較

プログラミングスクール受講料(税抜き)講師期間場所
侍エンジニア塾698,000円現役エンジニア6ヵ月オンライン/対面
CodeCamp(コードキャンプ)
Webマスターコース
248,000円現役エンジニア4ヵ月オンライン
クリプテックアカデミア
※大学学生限定
273,800円現役エンジニア3ヵ月オンライン/オフライン

マンツーマンのプログラミングスクールの比較結果は上記の通り。

「CodeCamp(コードキャンプ)」が一番コスパがいいですね。

どれが一番いいというのはなく、結局あなたに合う合わないがすべてなので、無料体験、無料カウンセリングを通して、あなたに合ったスクールを選びましょう。

侍エンジニア

侍エンジニア塾」の特徴は下記の通り。

  • あなたに専属の講師(現役エンジニア)が付き、卒業まで変わらない
  • あなたの目的に合ったオリジナルカリキュラムを作成してくれる
  • あなたの転職・就職活動におけるポートフォリオの作成や就職先先案内など、サポートしてくれる

あなたに合ったオリジナルのカリキュラムを作ってくれたり、専属の現役エンジニアが講師であったり、手厚いサポートが売りのスクールですね。

ただし、炎上したことでも有名なスクールなので、周りの目を気にする人はやめた方がいいかもしれないですね(笑)

侍エンジニア塾」の評判については下記をどうぞ。

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)」は、現役エンジニアにマンツーマンでレッスンを受けることができるオンラインのプログラミングスクールです。

現役エンジニアのマンツーマンレッスンが受けられるので、効率よくプログラミングを学習することができますし、レッスン形式なので挫折しづらいです。

何よりもコスパが最強で本記事で紹介しているスクールの中で一番安いですね。

CodeCamp(コードキャンプ)」の評判については下記をどうぞ。

クリプテックアカデミア

クリプテックアカデミア」は、学生限定のプログラミングスクールです。

現役エンジニアからマンツーマンでレッスンを受けることができます。

さらに、「あなたにあったオーダーメイドカリキュラム」「オリジナルサービス開発の支援」など、かなり手厚いサポートを受けることができます。

基本的にはオンラインで受講することになりますが、定期的にオフラインでチーム開発をするイベントも設けているので、エンジニア仲間を作ることが可能です。

クリプテックアカデミア」の評判については下記をどうぞ。

申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

いくつかのプログラミングスクールを紹介しましたが、申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

例えば、「CodeCamp(コードキャンプ)」って1年前と比べて、下記の通り、10万円以上値上げしているんですよね。

  • CodeCamp(コードキャンプ):248,000円 ⇒ 398,000円(プレミアムプラスコース2ヶ月プラン)

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が勝ちということです。

本記事で紹介したスクールは、無料体験や無料カウンセリング付きなので、とりあえず、無料体験や無料カウンセリングで雰囲気だけ味わうことをオススメします。

さいごに:悩むくらいならとりあえず行動しよう

本記事では、マンツーマンのプログラミングスクールが気になるあなた向けに、現役SEの私が、マンツーマンのプログラミングスクールのメリットやデメリット、オススメのスクールについて、解説しました。

最後に本質的なことをお伝えして終わりたいと思います。

「本当にプログラミングスクールに通おうかな…どこのスクールがいいかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

今回紹介したプログラミングスクールはすべて無料体験や無料カウンセリングを試せます。

悩むくらいなら、とりあえず無料体験や無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。無料なのでリスクはゼロですよね。

プログラミングスクールを利用して、あなたが思い描くエンジニアになりましょう!

無料体験、無料カウンセリングは下記からどうぞ。

以上です。

-IT

執筆者:

関連記事

【現役SEが語る】システムエンジニアに将来性はあるのか

システムエンジニアの将来性が気になる人「今後AIがプログラミングするようになるから、システムエンジニアって将来性がないって聞くけど本当だろうか?現役システムエンジニアの見解が知りたいな」 こういった疑 …

【現役SEが語る】システムエンジニアは定年後どうなるの?【実例3つ】

システムエンジニア(SE)を目指す人「SEって定年まで働いた後どうなんだろう?SEは定年まで働くことは無理とも聞くし、ちょっと心配。現役SEにぶっちゃけどうなのか聞きたいな」 こういった疑問にお答えし …

ポテパンキャンプなら30代でも実質無料でエンジニアになれるの?

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新情報はポテパンキャンプの公式サイトにてご確認ください。 ポテパンキャンプが気になる30代「30代だけどエンジニアになりたい。ポテパンキャンプが気に …

システムエンジニアはなくなるは半分本当【現役SEが語る】

システムエンジニアを目指している人「将来システムエンジニアになりたいと思っている。AIの発展によりシステムエンジニアという職業はなくなると聞いたけど本当かな?現役システムエンジニアの意見が聞きたい」 …

システムエンジニアって海外出張はあるの?【現役SEが解説】

システムエンジニアの海外出張に興味がある人「システムエンジニアに興味を持っている。海外で働くことにも興味があるのだが、システムエンジニアは海外出張があるのだろうか?具体的にどうすれば海外出張に行くこと …