KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

ブログ

AWSのWordPressブログは無料じゃないですよ【真実を語る】

投稿日:2019年7月10日 更新日:

AWSでWordPressブログを無料で始めようとしている人「AWSなら無料でWordPressブログを始められるって聞いたけど本当?実際にAWSでWordPressブログを運営している人に話が聞きたいな」

こういった疑問にお答えします!

このKatsuhiroBlogはAWSで運営しています。

AWSでWordPressブログを始めようと思っているあなた。

AWSは1年間の無料利用枠があるので、AWSでWordPressブログを始めれば、1年間は無料でブログ運営ができると思ってはいませんか?

実は、厳密には無料ではありません。

というわけで、本記事では、AWSでWordPressブログを始めようと思っているあなた向けに、AWSでWordPressブログを運営している私が、実際はいくら掛かるのかについて、解説します。

3分ほど読み終わるのでどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. AWSの無料利用枠を使ってもWordPressブログは無料にはなりません
  2. 実際にAWSでWordPressブログを運営した場合の料金は?
スポンサードサーチ

AWSの無料利用枠を使ってもWordPressブログは無料にはなりません

確かにAWSには無料利用枠がありますが、WordPressブログが完全無料になるわけではありません。

理由は、AWSでWordPressブログを始めるには、複数のサービスを使用する必要があり、無料利用枠で使用できるサービスは一部のみだから。

AWSでWordPressブログを始めるために必要なサービスは以下の通り。

サービス機能無料利用枠
EC2サーバを作ってくれる1年間無料
Route 53ドメインとIPアドレスを紐づけてくれる有料
Certificate ManagerSSL証明書を発行してくれるそもそも無料

1年間の無料利用枠があるのは、EC2のみ。Route 53は無料利用枠がないので、お金がかかります。

それぞれのサービスについて、簡単に説明しますね。

EC2

仮想サーバを数クリックで作成してくれるサービスです。

通常、WordPressブログのサーバを構築する場合は、OS(Windows、Linaxなど)やWordPressのインストールなどが必要。

しかし、EC2を使えば、数クリックで、WordPressブログに必要なものがすべてインストールされた状態でサーバを作成してくれます。

具体的には、上記の画像のように、EC2の中でWordPressで検索すると、WordPressが既にインストール済みのサーバが表示されます。表示された中から無料利用枠のものを選ぶ感じ。

無料利用枠を使う場合は「t2.microサーバ(1CPU、メモリ1GBのサーバ)」という少しスペックの低いサーバを選択する必要があるので注意。

ブログを始めたばかりでアクセス数が少ないときはまったく問題ありませんが、人気ブログになり、アクセス数が伸びた場合は、スペックが足りない可能性があります。

Route 53

ブログをインターネット上に公開するためには、ドメインが必要です。

ドメインについて簡単に説明すると、このKatsuhiroBlogのURLは「https://katsuhiroblog.com/」ですが、「katsuhiroblog.com」ここの部分がドメインになります。インターネット上の住所みたいな感じ。

Route 53はEC2で構築したサーバにドメインを割り当てることをしてくれるサービスです。

Route 53は無料利用枠の対象ではないため、お金がかかってしまいます。

Route 53の利用料金は以下の通り。

  • ホストゾーン:0.50$
  • 標準クエリ:0.40$(100 万クエリごと)

「ホストゾーン?標準クエリ?ってなに?」と思いますよね。

  • ホストゾーン=基本料金
  • 標準クエリ=通信料(あなたのブログへアクセスした数)

と考えてくれればOKです。

ブログを始めたばかりのころは、アクセス数は伸びず、標準クエリ(通信料)は0円となるので、ホストゾーン(基本料金)の「0.50$(約50円)」のみ、お金がかかる感じです。

Certificate Manager

Certificate Managerは、SSL証明書を発行してくれるサービス。このサービスは無料で使えます。

「SSL証明書ってなに?」と思いましたか?

ちょっと難しいので簡単に説明すると、URLは「http」と「https」で始まるものがあります。

  • http:セキュリティが保護されていないサイト
  • https:セキュリティが保護されているサイト

といった感じ。当たり前の話ですが、セキュリティが保護されているサイトの方がいいですよね。

そして「https」のURLを使うためには、「SSL証明書」の発行が必要になります。

基本的にWorPressでブログを始める場合は、ほとんどの人が「https」のURLを使っているので、「SSL証明書」の発行が必要になる、といった感じです。

実際にAWSでWordPressブログを運営した場合の料金は?

では実際にAWSでWordPressブログを運営した場合の料金はいくらになるのでしょうか?

このKatsuhiroBlogはAWSで運営しています。具体的に毎月どのくらいお金を支払っているかと言うと、たったの「約60円(0.54$)」。

ちなみに先月のサーバ料金は以下の通り。

59円でした。円/ドルのレートによって若干値段が上下しますが、安いことには変わりないですね。

AWSの料金の内訳

料金の内訳は以下の通り。

お金がかかっているのは、Route 53のホストゾーン(基本料金)「0.50$」のみですね。あとは日本の消費税「0.04$」がかかっています。

無料利用枠が終ったらどうなるの?

1年間は月額約60円ほどで利用できることがわかりましたが、無料利用枠が終ったらいくらかかるのか気になりませんか?

無料利用枠が終わったのに気づかず、そのまま、ほおっておくと月額「$11.13≒1,200~1,300円」もかかってしまいます。

なお、前払い制度を利用すれば、月額「$4.78≒500~550円」まで抑えることはできます。詳細は以下をどうぞ。

補足:AWS以外にかかる費用

WordPressブログを始める場合、サーバ代(AWSやレンタルサーバ)以外にも、以下の費用がかかります。参考までに私がいくらかけたのか公開しますね。

  • ノートPC:約10万円
  • ドメイン代:389円(初年度のみ、来年度から1,280円)
  • WordPressテーマ:0円

ノートPCはもともと持っていたものなので、費用に含めるか微妙でしたが、一応含めました。WordPressテーマは高いものだと数万くらいかかりますよね。

なるべくお金をかけずブログを続けるが私のモットーなので、これからも低コストで続けていきます。

最後に

今回は、AWSでWordPressブログを無料で始めようと思っているあなた向けに、AWSでWordPressブログを運営している私が、実際はいくら掛かるのかについて、解説しました。

実際は無料ではなく、「月額約60円($0.54)かかる」が真実でした。

AWSでWordPressブログを始める方法

AWSでWordPressブログを始める方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

以上です。

-ブログ

執筆者:

関連記事

【WordPress】画像圧縮の方法【実際に検証してみました】

WordPressでブログをやっているが、画像圧縮をやった方が良いらしい。なんでだろう?画像圧縮をしたら具体的にどのくらい効果があるんだろう?WordPressの便利なプラグインがあれば教えてほしい。 …

ブログで吹き出しが使えるようになる3つのステップ【cssを無料公開】

WordPressで無料テーマを使っている人「WordPressでブログをやっている。吹き出しを使ってみたいが、やり方がわからない。吹き出しを使える有料テーマには手が出ないから無料でやる方法はないかな …

GoogleAdSense広告を好きな場所に配置する方法【具体的に教えます】

GoogleAdSenseの広告を自分の好きな場所に配置したいけど、やり方がわからない。自動広告機能の広告だけじゃなくて、もっと広告を増やしたい。 こういった疑問にお答えします。 実際にこのKatsu …

【WordPress】予約投稿で更新日に投稿日より過去の日付が表示される場合の対処方法

WordPressの予約投稿で記事を投稿したら、投稿日のとなりの更新日が過去日付になっていた。カッコ悪い。過去日付になっている更新日を非表示にする方法はないかな? こういった質問にお答えします。 Wo …

【悲報】初心者がブログ100記事達成しても変化なしでした【失敗談】

初心者ブロガー「ブログ初心者は100記事書け!とよく言われているけど、実際に100記事達成した人はどんな変化があったの?」 こういった疑問にお答えします! この記事を書いている私は、2019年3月1日 …