KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

CHATY(チャティ)の料金は高すぎる?【他のスクールと比較】

投稿日:2021年7月26日 更新日:

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新情報は「CHATY(チャティ)公式サイト」にてご確認ください。

CHATY(チャティ)の料金って高いの?安いの?他のスクールと比べてどうなの?詳しい人教えて!

こういった疑問にお答えします!

CHATY(チャティ)が気になるなら、無料カウンセリングを受けることをおすすめします。
でも、あわてて申し込む必要はありません。本記事を読んでから判断すればOKです。

CHATY(チャティ)が気になっているあなた。本気でエンジニアになりたいと考えているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、実際にCHATY(チャティ)に通う前に、料金が妥当かどうか確認したいですよね。

そこで本記事では、CHATY(チャティ)の料金が気になるあなた向けに、現役エンジニアの私が、

CHATY(チャティ)の料金と他のスクールの料金を徹底比較した結果

について解説します。

本記事を読めば、CHATY(チャティ)の料金が高いのか、安いのかよくわかりますよ。

本記事を読まないと、料金に納得しないまま、CHATY(チャティ)に通って、後悔することになるかもしれません。

結論から言うと、

「CHATY(チャティ)の料金は、他のスクールと比べて、そこそこ高い」

です。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. CHATY(チャティ)の料金はいくら?
  2. CHATY(チャティ)の料金を他のスクールと比べてみた結果

今すぐ無料カウンセリングを受けたいならこちら👇

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

CHATY(チャティ)の料金はいくら?

最初にCHATY(チャティ)の簡単な紹介から。

CHATY(チャティ)は、“スマホアプリ開発”に特化したプログラミングスクールです。

エンジニア転職に失敗した場合は、受講料を全額返金してくれる、全額返金保証が付いているのが特徴です

スマホアプリ開発ができるエンジニアになりたい人におすすめなプログラミングスクールですね。

CHATY(チャティ)のサービス内容

CHATY(チャティ)は、下記のサービスが含まれています。

  • iPhoneアプリ、Androidアプリを同時開発できるスキル(ReactNative)が身に付く
  • 講師は月単価100万以上のハイレベルな現役エンジニア
  • オリジナルのスマホアプリが開発できる
  • 質問回数は無制限、9~23時の間で質問可能
  • 受講後1週間以内なら無条件で全額返金
  • 受講後3ヶ月経っても転職、独立できなければ全額返金

現役エンジニア目線で言うと、「講師は月単価100万以上のハイレベルな現役エンジニア」が良いですね。

なぜなら、現場目線で的確なアドバイスをしてくれるから。

プログラミングスクールの中には、講師が現役エンジニアではなく、社員やアルバイトの場合があります。

社員やアルバイトが、的確なアドバイスをしてくれると思いますか?

プログラミングを学ぶなら、現場目線でアドバイスをくれる、現役エンジニアに習うのが一番ですよ。

CHATY(チャティ)の料金

それでは、CHATY(チャティ)の料金について解説していきます。

CHATY(チャティ)は、下記の2つのコースがあります。

  • Reactライトニング:プログラミングの基礎を学びたい人向けのコース
  • ReactNativeパーソナル:スマホアプリエンジニアに転職したい人向けのコース

それぞれの料金(税込)は下記の通り。

  • Reactライトニング:54,780円(2週間)
  • ReactNativeパーソナル:657,800円(3ヶ月)

プログラミングスクールの相場は、3ヶ月で30万~60万円くらいなので、CHATY(チャティ)は、高額なプログラミングスクールに入ると思います。

補足:結局どのコースが良いの?

よくある質問として、

「2つコースがあるんだけど、結局どのコースを選ぶべき?」

こんな疑問があると思います。

現役エンジニア目線で言うと、

ReactNativeパーソナル

がおすすめです。

なぜなら、Reactライトニングは基礎しか教えてくれないから。

基礎を学ぶために、約5万円の受講料を払うのは、正直、馬鹿らしいです。

基礎だけなら、独学で十分。

本気でスマホ開発のスキルを身に付けたいなら、エンジニアに転職が可能なReactNativeパーソナルを選びましょう。

結論:CHATY(チャティ)の料金は5万円 or 65万

というわけで、

CHATY(チャティ)の料金は5万円 or 65万。受講するなら、エンジニアに転職可能なReactNativeパーソナルがおすすめ

が結論です。

CHATY(チャティ)は、無料カウンセリングを開催しているので、少しでも気になるなら、申し込んでみましょう。

完全無料なのでリスクゼロですし、1分もあれば申し込めるので、サクッとどうぞ。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

CHATY(チャティ)の料金を他のスクールと比べてみた結果

それでは次に、CHATY(チャティ)の料金の妥当性を確認するために、他のプログラミングスクールとの料金を比較してみましょう。

CHATY(チャティ)以外のプログラミングスクール3選

CHATY(チャティ)と比較するプログラミングスクールは下記の3つ。

  • プログラミングジャパン
  • CodeCamp(コードキャンプ)
  • TechAcademy(テックアカデミー)

CHATY(チャティ)と同じように、

スマホアプリ開発ができるプログラミングスクール

を厳選しました。

CHATY(チャティ)と他のスクールとの料金の比較結果

CHATY(チャティ)と他のスクールとの料金の比較結果は下記の通り。

スクール受講料(税込)期間転職サポート評判
CHATY(チャティ)
ReactNativeパーソナル
657,800円3ヶ月CHATY評判まとめ
プログラミングジャパン
ゴールドコース
657,800円6ヶ月プログラミングジャパン評判まとめ
テックアカデミー
iPhoneアプリコース
229,900円2ヶ月×テックアカデミー評判まとめ
コードキャンプ
アプリマスターコース
195,800円2ヶ月×コードキャンプ評判まとめ

こう見ると、CHATY(チャティ)の料金って、他のプログラミングスクールと比べると、高いことがわかりますよね。

補足:料金は高いが転職サポートあり

「CHATY(チャティ)の料金は他のスクールと比べても高いのか…」

と思うかもですが、他のスクールにない転職サポートが付いているので、優秀ですよ。

エンジニアに転職した後に、フリーランスになれば、かなり稼げるようになるので、高い料金も回収可能です。

具体的に、スマホアプリの案件を実施に見てみると、

上記の通り、月に60万円~100万円くらい稼げるので、受講料の約65万円は回収可能です。

スマホアプリが開発できるフリーランスエンジニアになれば、年収1000万も全然夢じゃないですよ。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、CHATY(チャティ)の料金が気になるあなた向けに、現役エンジニアの私が、

CHATY(チャティ)の料金と他のスクールの料金を徹底比較した結果

について、解説しました。

振り返ると、

「CHATY(チャティ)の料金は、他のスクールと比べて、そこそこ高い。でも、転職サポートがあるので優秀」

が結論でした。

最後にエンジニアを目指すあなたに、本質的なことをお伝えして終わりたいと思います。

「本当にCHATY(チャティ)に通おうかな…どこのスクールがいいか、ちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

CHATY(チャティ)無料カウンセリングを開催しています。

悩むくらいなら、とりあえず無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

申込まずに後悔するより、ダメでもともとで申し込んでみましょう。

なお、最近はプログラミングスクールの値上げラッシュが続いているので、今すぐ申し込んだ方が、損しませんよ。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻と娘が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細