KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

RUNTEQでプログラミングを学ぶといくら稼げる?【回答あり】

投稿日:

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新情報はRUNTEQの公式サイトにてご確認ください。

RUNTEQが気になる人「RUNTEQでプログラミングを学ぼうと思っているのだけど、どういったスキルが身につくの?いくら稼げるようになるの?」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。エンジニアの採用経験もあるので、プログラミング未経験者の転職事情にも、そこそこ詳しいです。

RUNTEQが気になっているあなた。本気でエンジニアになることを目指しているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、実際にRUNTEQを受講する前に、どういったプログラミングスキルが身につくのか、いくら稼げるようになるのか、確認してから受講したいですよね。

そこで本記事では、RUNTEQが気になっているあなた向けに、

RUNTEQを受講することで身につくプログラミングスキル、いくら稼げるのか

について徹底解説します。

本記事を読めば、RUNTEQを受講すれば、どういったプログラミングスキルが身につくのか、いくら稼げるようになるのか、わかりますよ。

もし、本記事を読まないと、RUNTEQを受講しても、あなたが身につけたいプログラミングスキルが含まれていないことに気づかず、後悔するかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m( _ _ )m

それでは下記の準備で進めて行きます。

  1. RUNTEQで身につくプログラミングスキル
  2. RUNTEQでプログラミングを学ぶうえでの注意点

今すぐ無料説明会を受けたい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

RUNTEQで身につくプログラミングスキル

RUNTEQは、Railsエンジニアへの転職に特化したプログラミングスクールです。

他のプログラミングスクールと比べても、コスパが良く、悪い評判も聞かない、かなり優良なプログラミングスクールです。

実際にどういた評判なのかは、下記の記事をご覧ください。

紹介動画もあるので、あわせてご覧ください。

そんなRUNTEQは、下記の5つのコースがあります。それぞれどういったプログラミングスキルを学ぶことができるのか解説しますね。

  • Web教養コース
  • Vue.jsコース
  • Railsエンジニアコース
  • Railsマスターコース
  • Webマスターコース

Web教養コースで身につくプログラミングスキル

Web教養コースで身につくプログラミングスキルは下記の通り。

  • HTML、CSS、JavaScript
  • Ruby on Rails

上記スキルが身につけば、Ruby on Railsを使った簡単なWebサービスを開発できるようになります。

プログラミング完全初心者からWebサービスの仕組みを教養として身につけキャリアアップしたい人におすすめなコースです。

Vue.jsコースで身につくプログラミングスキル

Vue.jsコースで身につくプログラミングスキルは下記の通り。

  • Vue.js

Vue.jsは今流行りのフロントエンド(Web画面)開発の技術です。Vue.jsのスキルが身についていると、エンジニアとしての単価が上がりますよ。

サーハーサイトだけではなくモダンなフロントエンドのスキルを身につけてキャリアアップしたい人におすすめのコースです。

Railsエンジニアコースで身につくプログラミングスキル

Railsエンジニアコースで身につくプログラミングスキルは下記の通り。

  • Ruby on Rails
  • Vue.js

Webサービスを開発できるRuby on Railsと一緒に今流行りのVue.jsも学ぶことができます。

Ruby on Railsを使用した自社サービス開発系の企業にWebエンジニアとして就職したい人におすすめのコースです。

Railsマスターコースで身につくプログラミングスキル

Railsマスターコースで身につくプログラミングスキルは下記の通り。

  • Ruby on Rails
  • Vue.js

Railsエンジニアコースとほとんど同じスキルを学ぶことができますが、より初心者向けのコースとなっています。

Ruby on Railsを始めて学習する人で、自社サービス開発系の企業にWebエンジニアとして就職したい人におすすめのコースです。

Webマスターコースで身につくプログラミングスキル

Webマスターコースで身につくプログラミングスキルは下記の通り。

  • HTML、CSS、JavaScript
  • Ruby on Rails
  • Vue.js

RUNTEQで学習できるプログラミングスキルをマルっと学ぶことができます。

プログラミング完全初心者から自社サービス開発系の企業にWeエンジニアとして就職したい人におすすめのコースです。

補足:RUNTEQで身につくプログラミングスキルでいくら稼げるようになるのか

RUNTEQは、大きく下記2つのスキルが身につきます。

  • Ruby on Rails
  • Vue.js

「上記2つのスキルが身につくと、結局どのくらい稼げるの?」

と疑問に思いますよね。

具体的に、「Ruby on Rails」と「Vue.js」のフリーランスの求人を見てみると、下記の通り。

上記の通り、月70万円以上は固いですね。案件によっては、年収1000万円を目指せる感じです。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

RUNTEQでプログラミングを学ぶうえでの注意点

せっかく、ちゃんとしたプログラミングスクールで、プログラミングを学ぶのですから、失敗したくないですよね。

そこで、エンジニアを目指すあなた向けに、現役SEの私から、RUNTEQでプログラミングを学ぶ際の注意点について、アドバイスさせてください。

RUNTEQでプログラミングを学ぶ際の注意点は下記の3つ。それぞれ解説しますね。

  • 「プログラミングスクールに手取り足取り教えてもらおう♪」というスタンスではダメ
  • プログラミングの前にコンピュータに関する最低限の知識を身につけよう
  • エラーでつまずいてもすぐに質問しないで一度自分で調べるクセを身につけよう

「プログラミングスクールに手取り足取り教えてもらおう♪」というスタンスではダメ

もし、あなたが、

  • 「プログラミングスクールに通えば何とかなる」
  • 「講師の人にすべてお任せでいろいろ教えてもらおう」
  • 「言われたとおりに教材をこなせばエンジニアになれる」

上記のような考えを持っているなら要注意。途中で挫折する可能性が高いです。

エンジニアって、医者や弁護士と違って、別に免許がなくても、できる職業なんですよね。

つまり、勉強して資格を取ったからなれるという職業ではなく、エンジニアは実力が全てです。

いくらプログラミングスクールに通おうが、実務で使えるスキルが身についていないと意味がありません。

プログラミングスクールに行く ⇒ エンジニアになれる

ではなく、

プログラミングスクールに行く ⇒ 実務で使えるスキルが付く ⇒ エンジニアになれる

が正しい考え方です。

教えてもらうというスタンスではなく、

  • 自分から学びに行く
  • 教えてもらったことをちゃんと理解する

といったスタンスでないと、プログラミングスキルは身に付きません。

プログラミングの前にコンピュータに関する最低限の知識を身につけよう

意外と重要なのが、プログラミングの前にコンピュータ(=PC)の知識を身に付けた方がいいということ。

なぜなら、プログラミングは、コンピュータがないとできないから。

OSとかソフトウェアなど、コンピュータの基礎スキルを持っていないと、プログラミングをするうえで必要なツールのインストールもうまくいきません。

最近はスマホが主流で、PC自体を持っていない人もいるので、コンピュータに対する知識が意外な盲点になっています。

「コンピュータに関する知識=ITの基礎スキル」については、下記の本が、基礎を網羅しているので、かなりオススメです。

エラーでつまずいてもすぐに質問しないで一度自分で調べるクセを身につけよう

エラーでつまずいてもすぐに質問しないで一度自分で調べるクセを身につけましょう。

なぜなら、例え、現役エンジニアになったからといって、わからないことが無くなるわけではなく、自分で調べる力が必要になるからです。

実際にエンジニアになった後に、いつでも質問に答えてくれる人がいるとは限りません。

「プログラミングスクールに通って、受講料を払っているのだから、自分で調べずに講師の人に質問してもいいじゃん」

と思う気持ちは、超わかりますが、プログラミングスクールの段階で、自分で調べる癖を付けておかないと、エンジニアになったあと絶対に後悔しますよ。

質問をされる先輩エンジニアの立場に立って考えればわかると思いますが、

ちょっとググればわかることを何度も質問してくる後輩

って、どう思いますか?

正直、ちょっと微妙と思いますよね。

相手の時間も取ってしまいますし、自分で調べる力も付きません。

というわけで、わからないことがあれば、一度自分で調べたうえで、質問する癖を身に付けましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、RUNTEQが気になっているあなた向けに、

RUNTEQを受講することで身につくプログラミングスキル、いくら稼げるか

について徹底解説しました。

振り返ると、RUNTEQを受講することで身につくプログラミングスキルは下記の通り。

  • Ruby on Rails
  • Vue.js

上記のプログラミングスキルを身につけ、実績をちゃんと積んで、フリーランスになれば、年収1000万は普通に目指せる、が結論です。

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にRUNTEQに通おうかな…どこのスクールがいいかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

RUNTEQは無料説明会があります。

悩むくらいなら、とりあえず無料説明会で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻と娘が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細