KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

RUNTEQに通って就職すると年収いくらになる?【現役SEが解説】

投稿日:

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新情報はRUNTEQの公式サイトにてご確認ください。

RUNTEQが気になる人「RUNTEQに通ってエンジニアに就職すると年収っていくらくらいになるの?」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。エンジニアの採用経験もあるので、エンジニアの転職事情にも、そこそこ詳しいです。

RUNTEQが気になるあなた。本気でエンジニアとして就職したいと思っているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、実際にRUNTEQを受講する前に、就職したあとの年収を事前に確認したいですよね。

そこで、本記事では、RUNTEQが気になっているあなた向けに、現役SEの私が、

RUNTEQに通って就職したあとの年収

について、解説します。RUNTEQが紹介する企業の年収も公開します。

本記事を読めば、エンジニアとして就職したいあなたが、RUNTEQに通うべきなのか、よくわかりますよ。

本記事を読まないと、せっかくのエンジニアになるチャンスを逃して、今の生活を続けることになるかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは下記の順番で進めていきます。

  1. RUNTEQに通ってエンジニアとして就職すると年収いくらになる?
  2. RUNTEQでエンジニア就職する際に気を付けるべきこと【現役SE目線で解説】

今すぐ無料説明会を受けたい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

RUNTEQに通ってエンジニアとして就職すると年収いくらになる?

まずはRUNTEQについて、簡単に解説しますね。

RUNTEQは、Railsエンジニアへの転職に特化したプログラミングスクールです。

他のプログラミングスクールと比べても、コスパが良く、悪い評判も聞かない、かなり優良なプログラミングスクールです。

実際にどういた評判なのかは、下記の記事をご覧ください。

紹介動画もあるので、あわせてご覧ください。

RUNTEQが紹介している就職先

RUNTEQが紹介している就職先は下記の通り。

  • MUGENUP
  • ヒュープロ
  • palan
  • Relic
  • SPACEE
  • スタートアップテクノロジー

自社開発の企業がほとんどです。スタートアップの企業も含まれていますね。

RUNTEQが紹介している就職先の年収はいくら?

RUNTEQの公式サイトに載っている就職先の年収について調べました。

  • MUGENUP:200万円~600万円
  • ヒュープロ:350万円~750万円
  • palan:400万円~600万円
  • Relic:400万円~800万円
  • SPACEE:450万
  • スタートアップテクノロジー:450万円~600万円

年収500万くらいは普通に目指せそうですね。企業に勤めたあと、実績を身に付けてフリーランスになれば、さらに年収も上がりますよ。

実際にフリーランスの求人を見てみると、

上記の通り、月90万以上稼げるので、年収1000万も全然夢じゃないですよ。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

RUNTEQでエンジニア就職する際に気を付けるべきこと【現役SE目線で解説】

RUNTEQでエンジニア就職する際に気を付けるべきことについて解説していきます。

ポイントは下記3です。それぞれ解説しますね。

  • SESは絶対に選ばない
  • 勤務時間は8時間未満の企業を選ぶ
  • 技術力の高い企業を選ぶ

SESは絶対に選ばない

SESは絶対に選ばないようにしましょう。エンジニアを目指すあなたならSESという言葉自体は目にしたことはあるのではないでしょうか。

システムエンジニアリングサービス契約(SES契約)とは、システムエンジニアが行うシステム開発等に関する、委託契約の一種(委任・準委任契約等)で、システムエンジニアの能力を契約の対象とするものである。

wikiより

簡単に説明すると、とある企業(SES企業)に就職してもその企業でサービスやアプリを開発するわけではなく、別の企業へ常駐して常駐した企業のサービスやアプリの開発を手伝うことです。

私はSESの経験があるのでよくわかるのですが、下記の3点があるので微妙ですね。

  • 成長できない
  • 給料が安い
  • 「常駐先の仕事+自社の仕事」があるので大変

詳細については下記の記事でまとめていますので、どうぞご覧ください。

なお、RUNTEQの就職先は自社開発企業がメインなので、そこまで心配しなくても良さそうです。

勤務時間は8時間未満の企業を選ぶ

勤務時間は通常1日8時間ですが、エンジニアが勤める会社の中には、8時間未満の会社も存在します。

例えば、勤務時間が以下のような企業が普通にあります。(休憩時間1時間含む)

  • 9:30~17:30(7時間労働)
  • 9:30~18:00(7時間半労働)
  • 10:00~18:30(7時間半労働)

上記の通り、IT企業って8時間労働未満の企業もあるので、よく調べてみてください。

労働時間が柔軟な企業の方が自由な働き方が許されている場合が多いので、オススメですよ。

ちなみに私が勤めている企業は7時間労働で、テレワークもできる企業です。

技術力の高い企業を選ぶ

当たり前の話かもしれませんが、技術力の高い企業を選んだ方がいいです。

「自分は未経験者だからなるべく技術力の低い企業で経験を積んだ方がいいかも」

と思っているなら絶対にやめた方がいいです。

なぜなら、技術力の低い企業へ就職すると結局将来苦労することになるから。

技術力の低い企業へ就職する

スキルが伸びない

市場価値も高くならない

年収も上がらない

上記の通り。逆に技術力の高い企業を選ぶと下記の通り。

技術力の高い企業へ就職する

めっちゃ大変だけどスキルが伸びる

市場価値も高くなる

年収も上がる(フリーランスにもなれる)

上記の通り、最終的にはフリーランスにもなることができます。

技術力の高い企業へ入ると最初は超大変だと思いますが、企業側もすぐにクビにすることもないので、我慢してスキルを伸ばしましょう。

なお、技術力の高い企業を見極めるポイントをまとめましたので、参考にしてください。

  • ソースコードのバージョン管理システムとしてGitを使ってるかどうか
  • コードレビューを行っているかどうか
  • LinterやFormatterを使ってるかどうか
  • パッケージマネージャーを使っているかどうか
  • 単体テストや統合テストを書いてるかどうか
  • Dockerを活用しているかどうか
  • CI/CDを行っているかどうか

というわけで、RUNTEQを卒業後、エンジニアへ転職するときは、下記の3点に気を付けて、就職先を選びましょう。

  • SESは絶対に選ばない
  • 勤務時間は8時間未満の企業を選ぶ
  • 技術力の高い企業を選ぶ
TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに;悩んでいる暇があれば行動しよう

本記事ではRUNTEQが気になっているあなた向けに、現役SEの私が、

RUNTEQに通って就職したあとの年収

について、解説し、RUNTEQが紹介する企業の年収も公開しました。

振り返ると、RUNTEQに通って就職できる企業の年収は下記の通りでした。

  • MUGENUP:200万円~600万円
  • ヒュープロ:350万円~750万円
  • palan:400万円~600万円
  • Relic:400万円~800万円
  • SPACEE:450万
  • スタートアップテクノロジー:450万円~600万円

最後に本質的なことをお伝えして終わりたいと思います。

「本当にRUNTEQに通おうかな…どこのスクールがいいかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

RUNTEQは無料説明会があります。

悩むくらいなら、とりあえず無料説明会で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細