KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

【企業名公開】現役SEが教えるホワイト企業の選び方【3つのポイント】

投稿日:2019年7月26日 更新日:

システムエンジニア(SE)に転職したい人「SEに転職したいと思っている。SEってブラック企業が多いと聞くから、ホワイト企業の見分け方が知りたい!できれば現役SEに教えてほしいな」

こういった疑問にお答えします!

この記事を書いている私は、SE歴9年ほど。今まで10社以上のSEと一緒に働いてきました。

SEに転職したいあなた。新しいことへの挑戦、すばらしいですね!

せっかく転職するなら、誰でもホワイト企業に勤めたいもの。

でも、SE業界を経験していない人が、ホワイト企業の見分け方なんてわかりませんよね。

現役SEが語るホワイト企業の見分け方、知りたくありませんか?

とうわけで、本記事ではSEに転職したいあなた向けに、SE歴9年の現役SEが、ホワイト企業の見分け方ついて解説します。具体的な企業名を公開しますよ♪

この記事を読めば、あなたもSEの会社選びに失敗しませんよ

3分ほど読み終わるのでどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. システムエンジニア(SE)のホワイト企業の見分け方【3つポイント】
  2. システムエンジニア(SE)のホワイト企業に入るためにやるべきこと
スポンサードサーチ

システムエンジニア(SE)のホワイト企業の見分け方

SEのホワイト企業の見分け方について解説します。下記の3つのポイントをおさえれば、ホワイト企業である可能性が高いです。

  • 客先常駐がない
  • 金融系以外
  • 完全週休2日制

客先常駐がない

正直なところ「客先常駐がない」が一番重要です。

『客先常駐』とは…

客先常駐とは、大手SIer(客先)などの企業に技術者(SE)として常駐し、働くこと。

システム開発は人手がいるので、大手SIerの正社員だけでは人数が足りず、別の会社の人を雇って、正社員の代わりに働いてもらうという感じです。

例えると、マックがバイトを雇って、正社員っぽく働かせているのと似ています。

客先常駐SEは、自社に出社することはほとんどなく、お客さん先に出社して働きます。

この働き方、違和感がありませんか?

せっかく転職した会社には勤めず、全く別の会社で働くって、ちょっと意味が分かりませんよね。

常駐先がブラック企業であれば、おしまいです。もちろん、良い労働環境の常駐先も中にはありますが、労働環境は自分で選ぶことはできません。

完全にガチャですね。

また、仕事内容も、常駐先の正社員にはさせたくない価値の低い作業が、客先常駐SEに周ってくる可能性が高いです。

「単純なテスト作業」「定期的なエクセル更新作業」など。

実際に私が経験した単純作業で一番価値がないなと思った作業は、

「朝早めに出社して常駐先の正社員が出社する前に、正社員の当日の予定作業を印刷してデスクにおいておく」

という作業です(笑)

このように客先常駐を行っている会社は、行く価値がマジでないので、転職の選択肢から絶対に外してくださいね。

客先常駐の詳細については以下の記事をどうぞ。

金融系以外

ホワイト企業を選ぶうえで、重要なことは金融系以外を選ぶこと。

金融系(銀行、証券会社など)のSEになると、激務になる可能性大。

金融系SEになると、必然的に銀行や証券会社で扱っているシステムを担当することになります。

銀行や証券会社で扱っているシステムは、障害を出したら影響力が大きいものばかり。

「お金」を扱うシステム=障害が許されないシステム

という認識が銀行や証券会社では当たり前なので、ちょっとした障害でもめちゃくちゃ怒られます。

怒られるだけなら、まだいいのですが、障害報告書も書く必要があったりと、想定していない作業が追加されることが多く、労働時間が増える傾向にあります。

現在、私は金融系SEです。残業時間は毎月20時間未満なので、そこまで激務ではないのですが、やっぱり他のSEと比べると、大変なのは確かですね。

このように金融系のSEになると、激務になる可能性が高いので、避けるようにしましょう。

完全週休2日制

SEとはあんまり関係ありませんが、超重要なので書いておきます。

転職するときは、絶対に「完全週休2日制」の会社を選びましょう。

SEの会社は、未だに「週休2日制」が存在します。

  • 週休2日制:1ヶ月で週2日の休みがある週が1回以上あること
  • 完全週休2日制:毎週必ず2日間の休みがあること

「週休2日制」と「完全週休2日制」の違いは上記の通り。

「完全週休2日制 >>> 週休2日制」なのは、揺るがない事実ですので、完全週休2日制の会社を選びましょう。

システムエンジニア(SE)のホワイト企業の具体的な会社名

3つの条件を満たす具体的な会社名は以下の通り。SE歴9年の私が一緒に働いたことのある会社なので、大きく外してはいないはず。

  • 日本IBM
  • 電通国際情報サービス
  • NTTデータ

注意点としては、上記会社はすべて金融系の部署が存在すること。金融系の部署への転職は避けるようにしてくださいね。

システムエンジニア(SE)のホワイト企業に入るためにやるべきこと

次に、具体的にホワイト企業へ入るためにはどうすればいいのかについて、解説してきます。

実は今なら意外にも、SEのホワイト企業へ入るのは難しくありません。以下のステップを踏めばOK。

  • 最低限のプログラミングスキルを身につける
  • SEがやっている仕事を勉強しておく
  • 転職エージェントに登録する

最低限のプログラミングスキルを身につける

まずは、最低限のプログラミングスキルを身につけましょう。

具体的にどう身につけるの?と疑問に思うと思いますが、下記サイトで無料で一通り学習できます。

プログラミング言語ってたくさんあるけど、どれを学べばいいの?と悩むと思うので、とりあえずJavaから学習しましょう。理由はSEはJavaを使う機会が多いから。

詳しくは以下をどうぞ。

ただし、学習だけではアピールにならないので、何かしらアプリを作ることをオススメします。

アプリって何を作ればいいの?と思うかもしれませんが、例えば「電卓」など、本当に簡単なものでOKです。

あくまでシステムを開発した経験がある実績を作るためと割り切りましょう。

SEがやっている仕事を勉強しておく

次にSEの仕事内容を理解しておきましょう。

以下の漫画は手軽に読めますし、内容も結構リアルなのでオススメ。

転職エージェントに登録する

プログラミングとSEについて、勉強しつつ、転職エージェントに登録しましょう。

現在、SE不足が深刻なので「システムの開発実績」と「SEの仕事内容への理解」があれば、SEに転職できる時代です。詳細は以下をどうぞ。

ただ、SE不足もいつまで続くかわかりませんし、ホワイト企業は他の人に取られちゃう可能性も普通にあるので、転職エージェントへの登録は早い方がいいですよ。

現役SEがオススメする転職エージェントは以下の通り。

詳細は以下をどうぞ。

さいごに

今回は、SEに転職したいあなた向けに、SE歴9年の現役SEが、ホワイト企業の見分け方ついて解説しました。

簡単に振り返ると、ホワイト企業の見分け方のポイント下記の3つ。

  • 客先常駐がない
  • 金融系以外
  • 完全週休2日制

具体的な企業名は下記の通り。

  • 日本IBM
  • 電通国際情報サービス
  • NTTデータ

せっかくSEになるのですから、ちゃんとホワイト企業を選ぶようにしましょうね♪

補足:転職エージェントは複数登録しよう

転職エージェントは複数登録するようにしましょう。そして、転職エージェントの担当者と面談するときに、他の転職エージェントに登録していることを、ちゃんと言う事。

ちょっとした裏技ですが、転職エージェント同士で競わせると、ホワイト企業を紹介してくれる可能性が高まります。

以上です。

-IT

かつひろ

妻が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細