KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

DIVE INTO CODEの料金って高くない?【割引情報あり】

投稿日:

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新情報はDIVE INTO CODEの公式サイトにてご確認ください。

DIVE INTO CODEの料金が気になる人「DIVE INTO CODEの料金って高くない?他のスクールと比べてどうなの?誰か教えて!」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。エンジニアの採用経験もあるので、エンジニアの転職事情にもそこそこ詳しいです。

DIVE INTO CODEが気になっているあなた。本気でエンジニアを目指しているんですね。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、プログラミングスクールの料金って高いので、実際にDIVE INTO CODEを受講する前に、料金が妥当かどうか確認してから受講したいですよね。

そこで本記事では、DIVE INTO CODEの料金が気になるあなた向けに、現役SEの私が、

DIVE INTO CODEの料金と他のスクールの料金を徹底的に比較しました。

また、料金を安くする方法についてもお伝えします。

本記事を読めば、DIVE INTO CODEの料金が高いのか、安いのかよくわかりますよ。

もし、本記事を読まないと、料金に納得しないままDIVE INTO CODEを受講して、後悔することになるかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

結論から言うと、

「DIVE INTO CODEの料金は他のスクールと比べてそこそこ高い」

です。

それでは下記の順番で進めます。

  1. DIVE INTO CODEの料金はいくら?
  2. DIVE INTO CODEの料金を安くする方法
  3. DIVE INTO CODEの料金を他のスクールと比べてみた

いますぐ無料カウンセリング(オンライン可)を受けたい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

DIVE INTO CODEの料金はいくら?

最初にDIVE INTO CODEの簡単な紹介から。

DIVE INTO CODEはエンジニアに転職すること、フリーランスになることに特化したプログラミングスクールです。

講師には現役エンジニアの人も含まれており、現役のプロからプログラミングを教わることができます。

さらに、少人数定員制のスクールなので、集中してプログラミングを学習することができますよ。

DIVE INTO CODEのサービス内容

DIVE INTO CODEは、下記のサービスが含まれています。

  • 実際に企業が新人研修で使用している教材で基礎を勉強
  • チーム開発が経験できる
  • オリジナルアプリケーションの開発できる
  • オンラインでいつでも質問可能(営業日:10:00~21:30)
  • 定期的な就職説明会を実施
  • 履歴書/職歴書のレビュー

現役SE目線で言うと、“チーム開発”が含まれているのがいいですね。

なぜなら、実際の実務はほぼ100%チーム開発をすることになるので実務さながらのチーム開発経験はエンジニアになったあとに活きるからです。

チーム開発を事前に経験することにより、実際にエンジニアになったあとも、スムーズに実務をこなすことができますよ。

DIVE INTO CODEの料金

それでは、DIVE INTO CODEの料金について解説していきます。

DIVE INTO CODEの料金(税抜き)は下記の通り。

コース名期間料金(税抜)
Webエンジニアコース4ヶ月間 OR 10ヶ月間588,910円
機械学習エンジニアコース 4ヶ月間979,819円

はい。かなり高いですよね。料金が高い要因は下記のような感じでしょうか。

  • 東京の渋谷(一等地)に教室を持っている
  • メンターが常に常駐している
  • 就活セミナーや会社説明会の実施

かかるものはかかるのでしょうがないですね。

ただ、この料金設定が「高い料金を払ったんだからやりきらなきゃ!」とプログラミングを本気でやる気になる理由にはなりますよね。

エンジニアになれば、すぐにDIVE INTO CODEの料金は回収可能

あなたがDIVE INTO CODEを受講して、エンジニアになれば、受講料なんてすぐに回収できますよ。

なぜなら、エンジニアの年収は高いから。

具体的には、下記の通り。

  • 株式会社カカクコム ⇒ サーバーサイドエンジニア:500万円~800万円
  • 株式会社ディー・エヌ・エー ⇒ インフラエンジニア:400万円~2,000万円

頑張れば1000万以上は狙えそうですね。あなたの今の年収と比べていかがですか?

もしあなたの年収が60万円以上増えるのであれば、DIVE INTO CODEの料金をすぐに回収できますよね。

また、企業に勤めたあと実績を身に付けてフリーランスになれば、さらに年収も上がりますよ。

実際にフリーランスの求人を見てみると、

上記の通り、月90万以上稼げるので、年収1000万も全然夢じゃないですよ。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

DIVE INTO CODEの料金を安くする方法

DIVE INTO CODEの料金は高額なので、なるべく料金は安くしたいですよね。そこでDIVE INTO CODEの料金を安くする方法について、解説していきます。

機械学習エンジニアコースは最大40万円のキャッシュバック

DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースは、開講から1年半のサービス提供や卒業生の機械学習エンジニアとしての就職実績が評価され、「専門実践教育訓練給付金」および「教育訓練支援給付金」の対象講座に指定されました。

その結果、一定の要件を満たす場合, 最大40万円キャッシュバックを受けることができます。

キャッシュバックを受けれるかどうかは、人それぞれ条件が異なるため、本人がハローワークに直接問い合わせる必要がありますが、最大40万円のキャッシュバックは魅力的過ぎますね。

具体的には、受講料が下記の通り安くなります。

  • 機械学習エンジニアコース(税抜):979,819円 ⇒ 579,819円

もともと高すぎるというのもありますが、40万円のキャッシュバックはやはりありがたいですね。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

DIVE INTO CODEの料金を他のスクールと比べてみた

DIVE INTO CODEの料金の妥当性を確認するために、他のプログラミングスクールとの料金を比較してみましょう。

DIVE INTO CODE以外のプログラミングスクール4選

DIVE INTO CODEと比較するプログラミングスクールは下記の4つ。

  • テックキャンプ エンジニア転職(旧:テックエキスパート)
  • DMM WEPCAMP
  • ポテパンキャンプ
  • 侍エンジニア塾

DIVE INTO CODEと同じように、転職サポートのあるプログラミングスクールのみ厳選しました。

DIVE INTO CODEと他のスクールとの料金の比較結果

DIVE INTO CODEと他のスクールとの料金の比較結果は下記の通り。他のスクールの評判をまとめた記事のリンクも付けているので興味があるスクールがあれば参考にどうぞ。

プログラミングスクール受講料(税抜き)期間評判
DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)588,910円4ヶ月DIVE INTO CODE評判まとめ
テックキャンプ エンジニア転職(旧:テックエキスパート)598,000円10週間テックキャンプ エンジニア転職まとめ
DMM WEPCAMP628,000円3ヵ月DMM WEPCAMP評判まとめ
ポテパンキャンプ250,000円3ヵ月ポテパンキャンプ評判まとめ
侍エンジニア塾438,000円3ヶ月侍エンジニア塾評判まとめ

ポテパンキャンプが一番料金が安いですが、入るには選考が必要なのでプログラミング未経験者ではちょっときびしいです。

こう見ると、DIVE INTO CODEの料金って相場からするとそこそこ高いことがわかりますよね。

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

DIVE INTO CODEへの申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

「DIVE INTO CODE」って1年前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • 機械学習エンジニアコース(税抜):598,000円 → 979,819円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、DIVE INTO CODEの料金が気になるあなた向けに、現役SEの私が、DIVE INTO CODEの料金と他のスクールの料金を徹底的に比較しました。

振り返ると、

DIVE INTO CODEの料金は相場と比べてそこそこ高いが、エンジニアになれば、年収1000万は目指せる

が結論です。

最後に本質的なことをお伝えして終わりたいと思います。

「本当にDIVE INTO CODEに通おうかな…どこのスクールがいいかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

DIVE INTO CODEは無料カウンセリングがあります。

悩むくらいなら、とりあえず無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申し込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

あわせて読みたい

-IT

かつひろ

妻が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細