KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

ポテパンキャンプってオープンクラスなに?【初心者必見】

投稿日:2019年10月21日 更新日:

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新情報はポテパンキャンプの公式サイトにてご確認ください。

ポテパンキャンプのオープンクラスが気になる人「ポテパンキャンプのオープンクラスってなに?どんなことが学べるの?選抜クラスとの違いは?」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。

ポテパンキャンプのオープンクラスが気になるあなた。ポテパンキャンプでプログラミングスキルを磨き、エンジニアになることを目指しているのではないでしょうか。すばらしいですね。

でも、実際に受講する前に、ポテパンキャンプのオープンクラスの内容があなたの目的に合っているか確認したうえで、受講したいですよね。

そこで本記事では、ポテパンキャンプのオープンクラスが気になるあなた向けに、現役SEの私が、ポテパンキャンプのオープンクラスの内容ついて解説します。

本記事を読めば、あなたがポテパンキャンプのオープンクラスに通うべきかわかりますよ。

もし、本記事を読まないと、間違った認識でポテパンキャンプのオープンクラスに通って後悔してしまうかもしれません。

最初に結論を言うと「本気でエンジニアを目指しているのであればポテパンキャンプのオープンクラスに通う必要なし」です。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m( _ _ )m

それでは早速いってみましょう!

スポンサードサーチ

ポテパンキャンプのオープンクラスとは

まずはポテパンキャンプのオープンクラスの説明から。

ポテパンキャンプのオープンクラスは上記の通り、プログラミングの基礎を学びたい人向けのクラス。2ヶ月で10万円の受講料です。

ポテパンキャンプのオープンクラスの特徴は下記の通り。それぞれ解説します。

  • カリキュラムの内容はRailsチュートリアルがベース
  • 現役Railsエンジニアに質問し放題
  • 完全オンラインで受講可能

カリキュラムの内容はRailsチュートリアルがベース

ポテパンキャンプのオープンクラスはRailsチュートリアルと提携していて、カリキュラムの内容もRailsチュートリアルがベースとなっています。

ポテパンキャンプ代表の宮崎さんと、Railsチュートリアル公式のツイートは上記の通り。

Railsチュートリアルとは

Railsチュートリアルとは、Webアプリケーションの開発から公開までを、実際に手を動かしながら学んでいく大型チュートリアルです。解説動画や質問対応サービスも提供しており、筑波大学や琉球大学などでも採用されています。

Webエンジニアの登竜門的なチュートリアルで、プログラミングスクールの教材は、Railsチュートリアルをベースにしているケースがほとんどです。

ポテパンキャンプのオープンクラスのカリキュラムには、このRailsチュートリアルに加え、ポテパンキャンプオリジナルの課題が含まれています。

ポテパンキャンプは定期的に企業と面談を行い、現場で使われるツールや課題などをカリキュラムに落とし込んでいるので、実践的なプログラミングを学ぶことができますよ。

現役Railsエンジニアに質問し放題

ポテパンキャンプのオープンクラスに通えば、現役Railsエンジニアに質問し放題です。

上記の通り。

ポテパンキャンプのオープンクラスのカリキュラムはRailsチュートリアルをベースにしています。Railsチュートリアル自体は誰でも無料で見れるものなのですが、プログラミング初心者には少し難しい内容になっています。

プログラミング初心者がRailsチュートリアルを始めてもわからないことだらけなはず。

ポテパンキャンプのオープンクラスに通えば、現役Railsエンジニアに質問し放題なので、立ち止まることなくプログラミング学習を進めることができます。

ポイントは現役Railsエンジニアに質問できるという点ですね。他のスクールは、大学生やスクールの卒業生を講師として雇っている場合があります。

ポテパンキャンプのオープンクラスなら、現役Railsエンジニアに質問できるので、現場レベルでのフィードバックを貰うことで実践的なスキルが身に付きますよ。

完全オンラインで受講可能

ポテパンキャンプのオープンクラスは完全オンラインで受講することができます。

質問やレビューもオンラインで行うので、場所問わずプログラミング学習が可能。

地方に住んでいる人でも現場レベルのレビューをしてもらえる環境でプログラミングを学習できるのは、オンラインのメリットですよね。

ポテパンキャンプのオープンクラスと選抜クラスの違い

それでは次にポテパンキャンプのオープンクラスと選抜クラスの違いについて解説します。

ポテパンキャンプのオープンクラスと選抜クラスの違いは下記の通り。それぞれ解説しますね。

  • オープンクラスと選抜クラスは目的が異なる
  • オープンクラスはキャッシュバックされない
  • オープンクラスは誰でも応募可能。選抜クラスは選考あり

オープンクラスと選抜クラスは目的が異なる

ポテパンキャンプはオープンクラスと選抜クラスの2つのクラスがあり、それぞれ目的がことなります。

  • オープンクラス:プログラミングの基礎を勉強したい人向け
  • 選抜クラス  :エンジニアとしての転職を目的としている人向け

上記の通りです。

選抜クラスでは品質を求める実践的な内容のため、高度なカリキュラムになっています。

オープンクラスでは初心者でもわかりやすくプログラミングを学べるカリキュラムになっています。

値段も下記の通り、選抜クラスの方が高いです。

  • 選抜クラスキャリアコース:25万円(3ヶ月)
  • 選抜クラスビギナーコース:30万円(4ヶ月)
  • オープンクラス:10万円(2ヶ月)

オープンクラスはキャッシュバックされない

選抜クラスはエンジニア転職に成功すると受講料が全額キャッシュバックされます。

上記の通り。

しかし、オープンクラスの場合はキャッシュバックされないので注意してくださいね。

選抜クラスがキャッシュバックされる理由は、エンジニア転職時に転職先の企業からスクール側に紹介料が支払われるようになっていて、キャッシュバックしても利益が出る仕組みになっているから。

オープンクラスの場合はエンジニア転職を目的としておらず、スクール側も企業から紹介料を貰うことができないので、キャッシュバック制度はありません。

それでも他のスクールと比べて10万円は格安ですよ。他のプログラミングスクールの相場については下記の記事でまとめているのでどうぞご覧ください。相場は20万~60万くらいです。

オープンクラスは誰でも応募可能。選抜クラスは選考あり

オープンクラスは誰でも応募可能ですが、選抜クラスは選考があるので誰でも受講できるわけではありません。

選抜クラスの突破率は50%程度と結構ハードルが高いです。

ポテパンキャンプ代表の宮崎さんも上記動画にて突破率は50%と言っていますね。

選考の基準はエンジニア転職できるような人材がどうか。

スクール側も、受講生をエンジニアに転職させることで企業側から紹介料を得て、利益を出しているので、ちゃんとエンジニアとして転職できそうな人を選別している感じですね。

ポテパンキャンプのオープンクラスに通う価値はあるか

ポテパンキャンプのオープンクラスに通う価値はあるか、現役SE目線で評価してみました。

結論から言うと「本気でエンジニアを目指しているのであればポテパンキャンプのオープンクラスに通う必要なし」です。

理由は下記の2つ。それぞれ解説します。

  • Railsチュートリアルは無料公開している教材なのでお金を払ってまで学習する必要なし
  • エンジニアを目指しているのであれば選抜クラスに通うべき

Railsチュートリアルは無料公開している教材なのでお金を払ってまで学習する必要なし

そもそもなのですが、ポテパンキャンプのオープンクラスのカリキュラムのベースとなっているRailsチュートリアルは無料公開しています。

なので、10万円を払わなくても、同じ内容を無料が学習することができます。

もちろん、ポテパンキャンプのオープンクラスはRailsチュートリアルに加え、現場レベルの独自の課題も含まれたり、現役Railsエンジニアに質問し放題という価値があるので、どっちがいいとは一概には言えません。

ただ、10万円って決して安い金額ではありませんよね。わからないことが質問したければ、プログラミング初心者向けのコミュニティに参加するという方法もあるので、無理にポテパンキャンプのオープンクラスに通う必要はありません。

エンジニアを目指しているのであれば選抜クラスに通うべき

あなたがエンジニアを目指しているのであれば、オープンクラスではなく選抜クラスに通うべきです。

理由はシンプルにオープンクラスを受講してもエンジニアになれるレベルまでスキルアップしないから。

上記のポテパンキャンプの公式サイトにも書いてある通り、オープンクラスはあくまでプログラミング初心者向けのクラスなので、エンジニアを目指している人向けではありません。

本気でエンジニアを目指すのであれば、プログラミングの基礎(Railsチュートリアルを完走)は自分で身に付けて、ポテパンキャンプの選抜クラスを受講しましょう。

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、ポテパンキャンプのオープンクラスが気になるあなた向けに、現役SEの私が、ポテパンキャンプのオープンクラスの内容ついて解説しました。

振り返ると、

本気でエンジニアを目指しているのであればポテパンキャンプのオープンクラスに通う必要なし

が結論でした。

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にポテパンキャンプに通おうかな…どこのスクールがいいかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

ポテパンキャンプは無料カウンセリングがあります。

悩むくらいなら、とりあえず無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません。

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

ポテパンキャンプの申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

実は、ポテパンキャンプって1年前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • 選抜クラスキャリアコース:10万円 → 25万円
  • 選抜クラスビギナーコース:15万円 → 30万円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が勝ちということです。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません。

以上です。

あわせて読みたい

-IT

執筆者:

関連記事

【2分で出来る】マカフィーの期限切れを削除する方法【画像付き】

マカフィーの期限切れのメッセージが邪魔だと思っている人「パソコンを買ってからしばらく経って、マカフィーの有効期限が切れた。パソコンを操作するたびにマカフィーの期限切れのメッセージが表示されて邪魔をして …

テックアカデミーでWebデザインを学ぼう【副業で5万は稼げる】

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新情報はTechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトにてご確認ください。 TechAcademy(テックアカデミー)のWebデザインコース …

DIVE INTO CODEに通えばフリーランスになれる?【そんなに甘くない】

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新情報はDIVE INTO CODEの公式サイトにてご確認ください。 フリーランスになりたい人「DIVE INTO CODEに通って、そのままフリー …

システムエンジニアとプログラマーなるならどっち?現役SEが教えるよ

IT業界に就職・転職したい人「システムエンジニアとプログラマーって結局何が違うの?なるならどっちが良いの?システムエンジニアとプログラマーの両方を経験している現役システムエンジニアに教えてほしい」 こ …

テックアカデミーに通ってフリーランスになる手順【着実に行こう】

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新情報はTechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトにてご確認ください。 フリーランスになりたい人「TechAcademy(テックアカデミ …