KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

ポテパンキャンプの選考基準ってなに?【選考に通るための秘訣】

投稿日:

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新情報はポテパンキャンプの公式サイトにてご確認ください。

ポテパンキャンプの選考基準が知りたい人「ポテパンキャンプが気になっているんだけど、選考があるのか…選考基準ってどんな感じなの?」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。エンジニアの採用面接も経験してきたのでIT企業がどういった人材を求めているかも把握しています。

ポテパンキャンプが気になっている思っているあなた。

ポテパンキャンプの以下に魅力を感じ、エンジニアになることを目指しているのではないでしょうか。

  • 転職成功で受講料が全額キャッシュバック
  • 転職先が自社開発企業のみ

エンジニアになるという新しいことへの挑戦、すばらしいですね。

でも、ポテパンキャンプは選考があり、応募した全員が通えるわけではないので、事前に選考基準を確認したいですよね。

そこで本記事では、ポテパンキャンプの選考基準が気になるあなた向けに、エンジニア採用経験のある私が、ポテパンキャンプの選考基準がどういったものなのかについて解説します。

本記事を読めば、ポテパンキャンプの選考基準がわかり、選考に通る可能が高くなりますよ。

もし本記事を読まないと、ポテパンキャンプの選考基準を知らないまま面談を受けて、選考に落ちてしまうかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m( _ _ )m

それでは、以下の順番で進めていきます。

  1. ポテパンキャンプの選考基準
  2. ポテパンキャンプの選考に通るために必要なこと
スポンサードサーチ

ポテパンキャンプの選考基準

下記をもとに、ポテパンキャンプの選考基準を導き出しました。

  • エンジニア採用経験のある私の経験則
  • ポテパンキャンプ代表の宮崎さんの発言
  • 実際にポテパンキャンプの選考を受けた人の発言

ポテパンキャンプの選考基準は下記の5つ。それぞれ解説しますね。

  • ポテパンキャンプ選考基準①:年齢
  • ポテパンキャンプ選考基準②:プログラミング学習状況
  • ポテパンキャンプ選考基準③:学歴・職歴
  • ポテパンキャンプ選考基準④:エンジニアになりたい理由
  • ポテパンキャンプ選考基準⑤:コミュニケーション能力

ポテパンキャンプ選考基準①:年齢

少し前までは、ポテパンキャンプは年齢制限を設けていました。具体的には「未経験者は20代のみ、30代は経験者のみ」というもの。

朗報として2019年10月現在、年齢制限はなくなりました。

ポテパンキャンプ公式サイトにも上記の通り記載があります。

しかし、エンジニアを目指すうえで、年齢はかなり重要なんですよね。

表面上は年齢制限がなくなっても、実態としては「20代~30代」という選考基準はあると考えています。

なぜなら、40代以上でポテパンキャンプに通えても、転職活動の段階で企業側が採用してくれる可能性が低いから。

私のエンジニア採用経験からも、やはり40代以上のプログラミングスクール出身者なんて聞いたことがありませんし、正直採用したいとも思いません。

ポテパンキャンプも受講生を転職させることで企業側から紹介料をもらって利益を出しているわけですから、エンジニアになれる可能性の低い40代以上は選考で落とす可能性が高いです。

ポテパンキャンプ選考基準②:プログラミング学習状況

ポテパンキャンプはプログラミングの学習状況を面談で確認してきます。

なぜなら、ポテパンキャンプのカリキュラムはレベルが高いのである程度プログラミングスキルが身に付いていないと途中で挫折してしまうから。

ポテパンキャンプ代表の宮崎さんも上記のツイートの通り、「独学で基礎を勉強する→ポテパンキャンプを受ける」と発言していますし、

ポテパンキャンプの面談を受けた方々も上記の通り、最低限Railsチュートリアルを完走する必要があると言っています。

ポテパンキャンプ選考基準③:学歴・職歴

ポテパンキャンプでは面談前に履歴書を提出する必要があります。つまり、学歴・職歴も選考基準になっています。

なぜなら、結局のところ、エンジニア転職時にも学歴・職歴を審査されるからです。

ポテパンキャンプはエンジニア転職を目的としてスクールなので、受講生はエンジニアに転職できそうな人を選んでいます。

普通の話ですが、転職時って履歴書を提出して学歴・職歴を審査されますよね。それと同じです。

エンジニア採用経験のある私の印象だと「大学は卒業しているのか」「転職ばっかりしていないか」などを見られていると考えます。

ポテパンキャンプ選考基準④:エンジニアになりたい理由

エンジニアになりたい理由は必ず選考基準に入っています。

なぜなら、ポテパンキャンプ代表の宮崎さんが下記のようなツイートをしているから。

上記ツイートの通りエンジニアになりたい理由を重視しています。

現役SEの私もまったく同じ意見で、エンジニアになりたい理由を明確に持っていた人は凄い速さで成長しますし、理由が明確になっていない人ほどすぐに辞めちゃいますよ。

ポテパンキャンプ選考基準⑤:コミュニケーション能力

ポテパンキャンプはコミュニケーション能力も選考基準にしています。

なぜなら、エンジニアになるにはプログラミングだけではなく、コミュニケーション能力も必要だからです。

エンジニアって淡々とプログラミングだけをするイメージがあると思いますが、全然そんなことはなくて、他の人とコミュニケーションも取る必要があります。

サービス、アプリの開発は、個人で開発することなんてほとんどなく、チームで開発することがほとんどです。なので、コミュニケーション能力も必要になってきます。

ポテパンキャンプがわざわざカウンセリングで一人ひとり面談する理由って、実際に会ってその人のコミュニケーション能力に問題がないかを見るためだと思いますよ。

ポテパンキャンプの選考に通るために必要なこと

ポテパンキャンプの選考基準について解説してきましたが、実際に選考を通るために必要なことも知りたいですよね。

というわけで、次はポテパンキャンプの選考に通るために必要なことについてお話しします。

下記をしっかりやればポテパンキャンプの選考を通る確率が上がります。それぞれ解説していきますね。

  • Railsチュートリアルを終わらせる
  • Railsでオリジナルのサービス・アプリを開発する
  • エンジニアになりたい理由を明確にする

Railsチュートリアルを終わらせる

最低限Railsチュートリアルを終わらせましょう。

なぜなら、ポテパンキャンプの公式サイトにも「Railsチュートリアルを学習済みの方」と記載があるからです。

上記の通り、「Railsチュートリアルと他Web開発の基礎を学習済みの方」と記載があります。

ポテパンキャンプ代表の宮崎さんも上記の通り、「Railsチュートリアルをやってからポテパンキャンプを受ける」とツイートしています。

実際にRailsチュートリアルをやればわかると思うのですが、プログラミング初心者には超難しいという内容になっています(笑)

まずは「Progate」「ドットインストール」でプログラミング基礎を学んでからRailsチュートリアルに挑んだ方がいいですよ。

Railsでオリジナルのサービス・アプリを開発する

さらにポテパンキャンプの選考の通過率を上げるために、Railsでオリジナルのサービス・アプリを開発しましょう。

なぜなら、Railsでオリジナルのサービス・アプリの開発は実際のエンジニア転職でも評価されるから。

ポテパンキャンプは受講生を転職させることで企業から紹介料をもらって利益を出しています。つまり、エンジニアへ転職できそうな人の方が選考に通る可能性が高くなります。

内容はなんでもOKです。自分で考えたサービス・アプリを自分で開発したという自走力(自分で考え行動する能力)が評価されます。

私もエンジニア採用経験があるのでわかるのですが、オリジナルのサービス・サプリを開発した経験のある人は成長速度もめっちゃ早いので本当に評価されますよ。

エンジニアになりたい理由を明確にする

あなたがエンジニアになりたい理由を明確にしましょう。

  • 楽に稼げそうだから
  • リモートワークで自由に働きたいから

などの理由はあると思いますが、ポテパンキャンプの無料カウンセリングでそれを言っちゃうとおそらく選考に落ちるので上記の理由しかない場合は別の理由を考えましょう。

定番の理由としては、下記のような感じですかね。

  • モノづくりが好きだから
  • IT技術はこれからも発展していくので自分が開発したサービスで社会貢献がしたいから
  • プログラミングを勉強して楽しさに気付き、もっと極めたいと思っているから

別にこの理由をパクってもいいのですが、結局あなたが本当にエンジニアになりたい理由を見つけないと、エンジニアに転職するときも苦労することになるので、エンジニアになりたい理由に対して真剣に向きあいましょう。

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、ポテパンキャンプの選考基準が気になるあなた向けに、エンジニア採用経験のある私が、ポテパンキャンプの選考基準がどういったものなのかについて解説しました。

振り返ると、ポテパンキャンプの選考基準は下記の通り。

  • ポテパンキャンプ選考基準①:年齢
  • ポテパンキャンプ選考基準②:プログラミング学習状況
  • ポテパンキャンプ選考基準③:学歴・職歴
  • ポテパンキャンプ選考基準④:エンジニアになりたい理由
  • ポテパンキャンプ選考基準⑤:コミュニケーション能力

また、ポテパンキャンプの選考に通る確率を上げるために必要なことは下記の通りでした。

  • Railsチュートリアルを終わらせる
  • Railsでオリジナルのサービス・アプリを開発する
  • エンジニアになりたい理由を明確にする

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にプログラミングを学ぼうかな…エンジニアになろうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

ポテパンキャンプは無料カウンセリングを行っています。

悩むくらいなら、とりあえず無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。無料なのでリスクはゼロですよね。

早いこと申し込みをしないと、悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

万が一ポテパンキャンプの選考で落ちても再応募可能です。というわけで、今すぐ行動しましょう。

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

ポテパンキャンプの申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

実は、ポテパンキャンプって1年前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • 選抜クラスキャリアコース:10万円 → 25万円
  • 選抜クラスビギナーコース:15万円 → 30万円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が勝ちということです。

以上です。

-IT

執筆者:

関連記事

【本当です】システムエンジニアは不足しています【現役SEが語ります】

システムエンジニア不足が気になる人「システムエンジニアが不足していると聞くけど本当なのかな?本当なら転職するチャンスなのでは?現役システムエンジニアに実際はどうなのか教えてほしい」 こういった疑問にお …

【WordPress】リストをオシャレにしてみた【ソースコード公開】

WordPressのリストのデザインを変更したい人「WordPressでブログをやっている。他の人のブログを見ていると、リストのデザインがオシャレなものが多い。自分もマネしたい。誰か簡単にできる方法を …

DIVE INTO CODEの野呂代表について現役SEが徹底的に調べてみた

DIVE INTO CODEが気になっている人「エンジニアになりたくて、DIVE INTO CODEに通いたいと思っているんだけど、代表の野呂さんってどんな人なのかな?」 こういった疑問にお答えします …

【現役SEが教える】システムエンジニアになるためにオススメな大学

システムエンジニアになりたい学生「将来システムエンジニアになりたいとぼんやり思っている。システムエンジニアになるためにオススメな大学は何だろう。どの大学に行くべき?現役システムエンジニアの人に聞きたい …

プログラミングスクールの相場はいくら???【現役SEが解説】

プログラミングスクールの相場が気になる人「プログラミングスクールに通おうと思っている。でも、プログラミングスクールによって値段が違い過ぎてよくわからない。相場っていくらなのかな?」 こういった疑問にお …