KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

30代でも失敗しないプログラミングスクールの選び方【現役SEが解説】

投稿日:2019年8月20日 更新日:

プログラミングスクールに通いたい30代「エンジニアに転職したい。プログラミングスクールに通おうと思っているけど、30代でも大丈夫なのかな?失敗しないスクールの選び方を教えてほしい」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、システムエンジニア(SE)歴9年ほどの30代の現役SEです。

エンジニアを目指す30代のあなた。30代から新しいことへチャレンジするのって勇気がいりますよね。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、「この年齢から本当にエンジニアに転職できるのか」「この年齢でプログラミングスクール選びに失敗したらあとがないのではないか」など不安に感じることがあるでしょう。

そこで本記事では、エンジニアを目指す30代のあなた向けに、30代の現役SEの私が、30代でも失敗しないプログラミングスクールの選び方について、解説します。

本記事を読めば、30代のあなたにあったプログラミングスクールが見つかりますよ。

3分ほどで読み終わりますので、どうぞ最後までお付き合いください。m(_ _)m

それでは下記の順番で進めていきます。

  1. 30代のプログラミングスクールの選び方
  2. 30代でもエンジニアに転職できるプログラミングスクール5選
スポンサードサーチ

30代のプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールの選び方を解説するまえに、1つだけ本質的なお話しをさせてください。

それは、「プログラミングスクールにただ通うだけではエンジニアへの転職は必ず失敗する」ということ。

本気で「エンジニアになりたい!」という強い気持ちがないと、絶対に成功しません。

あなたがIT企業の人事担当だったとしましょう。プログラミングスクールから、20代と30代の卒業生を紹介された場合、どちらを選びますか?

悲しい現実ですが、単純に考えると20代の人を選びますよね。

では、30代はどうすればいいのでしょうか?

シンプルに努力するしかないですよね。例えば下記の通り。

  • 30代だけどプログラミングスクールの成績上位者
  • 30代だけどプログラミングスクールに通いながらオリジナルアプリも開発

プログラミングスクールは、あくまで「あなたがエンジニアに転職するためにサポートしてくれるもの」ということを忘れてはいけません。

「絶対にエンジニアになるんだ!」という強い気持ちを持ち、本気で努力することを忘れないことがエンジニアへの近道です。

では、30代のプログラミングスクールの選び方について、見ていきましょう!

30代でも転職サポートをしてくれるプログラミングスクールを選ぶ

プログラミングスクールの中には、転職までサポートしてくれるスクールがたくさんありますが、30代の転職までサポートしてくれているスクールは意外と少ないです。

せっかくプログラミングスクールに通ったのに、30代だからといって転職サポートを受けれなかった、という結末は悲しすぎます。

プログラミングスクールを選ぶ際には、絶対に30代の転職までサポートしてくれるプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

現役エンジニアが講師(メンター)のプログラミングスクールを選ぶ

実際に現役で働いているエンジニアが講師(メンター)のプログラミングスクールを選びましょう。

プログラミングスクールの中には、学生エンジニアや、そのスクールの卒業生がそのまま講師(メンター)として雇っている場合もあります。

単純にプログラミングを学習することが目的であればそこまで気にしなくてもいいですが、本気でエンジニアへ転職を目指している場合は、現役エンジニアが講師(メンター)の方がいいでしょう。

なぜなら、現役エンジニアが講師(メンター)であれば、30代でも転職できる企業などを直接聞くことができるから。

30代からのエンジニアへの転職が心配なら、実際に現役エンジニアとして働いている人に聞くのが一番手っ取り早いですよね。

なるべくオフラインのプログラミングスクールを選ぶ

プログラミングスクールには、自宅でプログラミングを学ぶオンライン系スクールと、実際に教室に通いながらプログラミングを学ぶオフライン系スクールがあります。

本気でエンジニアへの転職を目指しているなら、なるべくオフラインで教室に通いながらプログラミングを学ぶことをオススメします。

なぜなら、困ったときにすぐに講師(メンター)の人に相談ができますし、一人で孤独に勉強するよりも周りの人と一緒に勉強した方が挫折しづらいから。

また、講師(メンター)に直接会って転職先の相談ができるのがいいですよね。

ただし、本業もあって教室に通いながら、プログラミングを勉強するのは難しいなら、オンライン系のプログラミングスクールの方が無難です。

本業を辞めて収入がないまま、プログラミングスクールに通うのってかなりリスクがありますし、精神的にも安定しませんよね。

自作のサービスやアプリを作成できるプログラミングスクールを選ぶ

プログラミングスクールには、カリキュラム(教材)に沿って、プログラミングを学習するケースがほとんどです。

しかし、エンジニアへの転職となると、ただ単にカリキュラムをやり切るだけでは、不十分です。

なぜなら、転職活動ではあなたの「技術力」を証明しないといけないから。エンジニアの技術力とは「ソースコード」を書く力です。そしててそれを証明するためには自作のサービスやアプリを見せることが必要です。

プログラミングスクールの中には、自作のサービス、アプリの作成をサポートしてくれるスクールがあるので、そういったスクールを選ぶようにしましょう。

30代でもエンジニアに転職できるプログラミングスクール5選

30代でもエンジニアへの転職サポートがついているプログラミングスクールは下記の5つです。

30代でも転職をサポートしてくれるプログラミングスクール比較

プログラミングスクール受講料(税抜き)講師期間場所返金保証
DMM WEB CAMP628,000円現役エンジニア/学生3ヵ月東京(渋谷)、大阪(難波)
テックエキスパート(TECH::EXPERT)598,000円現役エンジニア/学生10週間東京(渋谷)、大阪(難波)、名古屋、福岡
テックブースト(tech boost)
通学/オンライン
359,200円/
274,200円
現役エンジニア3ヵ月東京(渋谷)/オンライン
テックアカデミー(TechAcademy)
エンジニア転職保証コース
298,000円現役エンジニア3ヵ月オンライン
ポテパンキャンプ250,000円現役エンジニア3ヵ月オンライン

30代でも転職をサポートしてくれるプログラミングスクール比較すると上記のとおりです。

DMM WEB CAMP

DMM WEBCAMP」は、今回紹介したプログラミングスクールのなかで「628,000円」と一番高い値段になっています。

カリキュラムの最後に、あなた自身のオリジナルサービスを作成することになっており、作成したオリジナルサービスをそのまま、転職活動に活かすことができます。

さらに、転職活動の専属アドバイザーも付くので、かなり手厚いサポートを受けることができます。

さすが、値段が高いことだけはあるスクールですね。

ただし、30代の場合、返金保証については、要相談となっているので無料カウンセリングで絶対に確認しましょう。

「DMM WEB CAMP」の評判については下記をどうぞ。

テックエキスパート(TECH::EXPERT)

テックエキスパート(TECH::EXPERT)」は、最短10週間でエンジニアになれるスクールです。公式サイトにも代々的に30代でも利用できることを明記しています。

実際に企業で使われているAWSを学べたり、チーム開発を経験できたりと、かなり現場よりの経験が詰めるスクールです。

ただし、期間が短い分、ほぼ毎日スクールに通う必要があり、仕事を辞める覚悟がないとなかなか通うことは難しいスクールですね。

「テックエキスパート(TECH::EXPERT)」の評判については下記をどうぞ。

テックブースト(tech boost)

テックブースト(tech boost)」は講師(メンター)が現役エンジニアのみの質の高いスクールです。

さらに、オンライン/オフラインの両方の対応していながら、料金は、高いスクールと比べて半額くらいと、かなりコスパがいいです。

また、卒業生や現役エンジニアとの交流会も月に一度行われており、エンジニアとしてのコネを作ることも可能

ただし、転職については、返金保証がないという欠点があります。

「テックブースト(tech boost)」の評判については下記をどうぞ。

テックアカデミー(TechAcademy)

テックアカデミー(TechAcademy)」は完全オンラインスクールです。

本業もやりつつ、エンジニアを目指したい人にはオススメです。

また、講師(メンター)も現役エンジニアのみなので、質の高いレビューを受けることができます。

ただし、全額返金保証は30歳以下の人に限るので注意してください。

「テックアカデミー(TechAcademy)」の評判については下記をどうぞ。

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ」は、人気の高い自社開発企業への転職のみを扱っているプログラミングスクールです。

完全オンラインのスクールですが、講師(メンター)は現役エンジニアのみなので、質の高いレビューを受けることができます。

さらになんと、「転職成功で全額キャッシュバック」してくれるので、実質無料でエンジニアに転職することが可能です。

ただし、受講するには選考を通らないといけないという壁があり、無料カウンセリングであなたのポテンシャルをアピールする必要があります。

「ポテパンキャンプ」の評判については下記をどうぞ。

申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

いくつかのプログラミングスクールを紹介しましたが、申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

例えば、「DMM WEB CAMP」も「テックエキスパート(TECH::EXPERT)」も1年前と比べて、下記の通り、10万円以上値上げしているんですよね。

  • DMM WEB CAMP:498,000円 ⇒ 628,000円
  • テックエキスパート:598,000円 ⇒ 798,000円(夜間・休日コース)

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が勝ちということです。

本記事で紹介したスクールは、無料体験や無料カウンセリング付きなので、とりあえず、無料体験や無料カウンセリングで雰囲気だけ味わうことをオススメします。

さいごに:悩むくらいならとりあえず行動しよう

本記事ではエンジニアを目指す30代のあなた向けに、30代の現役SEの私が、30代でも失敗しないプログラミングスクールの選び方について、解説しました。

最後に本質的なことをお伝えして終わりたいと思います。

「本当にプログラミングスクールに通おうかな…どこのスクールがいいかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

今回紹介したプログラミングスクールはすべて無料体験や無料カウンセリングを試せます。

悩むくらいなら、とりあえず無料体験や無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。無料なのでリスクはゼロですよね。

プログラミングスクールを利用して、あなたが思い描くエンジニアになりましょう!

以上です。

-IT

執筆者:

関連記事

システムエンジニアって海外出張はあるの?【現役SEが解説】

システムエンジニアの海外出張に興味がある人「システムエンジニアに興味を持っている。海外で働くことにも興味があるのだが、システムエンジニアは海外出張があるのだろうか?具体的にどうすれば海外出張に行くこと …

ポテパンキャンプはオンライン受講可能なの?【完全オンライン】

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新情報はポテパンキャンプの公式サイトにてご確認ください。 ポテパンキャンプが気になる人「ポテパンキャンプってオンライン受講って可能なの?オンライン受 …

ディープラーニングの仕組みを無料で学べるチュートリアルが公開

ディープラーニング、AI技術に興味があるけど、何から始めて良いかわからない。画像認識や自然言語処理を自分で作ってみたいがハードルが高そう。 こういった疑問にお答えします。 こんにちは、かつひろです。 …

上流工程のシステムエンジニアになる方法【年収UP】

上流工程をやってみたいシステムエンジニア「システムエンジニアとして働いている。プログラミングスキルもついてきたし、そろそろ上流工程をやってみたいな。上流工程をやるうえで必要なスキルが知りたいな。上流工 …

【現役SEだけが知っている】システムエンジニアの会社の選び方

システムエンジニアの会社選びに悩んでいる人「システムエンジニアになりたいと思っている。システムエンジニアの会社の中には超ブラック企業がいると聞いたことがある。会社選びに失敗してくないので、具体的にどう …