KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

Aidemyの料金って高いの?現役SEが他のスクールと比較してみた!

投稿日:

Aidemyの料金が気になる人「Aidemyが気になっている。他のスクールと比べて料金って高いのかな?誰か教えて!」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、システムエンジニア(SE)として9年ほど働いている現役SEです。AI技術でよく使われるPythonを業務で使っています。

Aidemyの気になっているあなた。将来はAIエンジニアを目指しているのではないでしょうか。最先端の技術に積極的に関わろうとするなんて、素晴らしいですね。

プログラミングスクールの料金って高いので、実際にAidemyを受講する前に、料金が妥当かどうか確認してから受講したいですよね。

そこで本記事では、Aidemyの料金が気になるあなた向けに、現役SEの私が、Aidemyの料金と他のスクールの料金を徹底的に比較しました。

本記事を読めば、Aidemyの料金が妥当なのかよくわかりますよ。

もし、本記事を読まないと、料金に納得しないままAidemyを受講して、モヤモヤしたまま勉強を進めることになるかもしれません。

結論から言うと「Aidemyの料金は妥当」でした。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは早速いってみましょう!

スポンサードサーチ

Aidemyの料金はいくら?

まず最初にAidemyの簡単な紹介から。

AidemyはAI技術に特化した完全オンラインのプログラミングスクールで、ホリエモンのYouTubeチャンネルにも出演した石川聡彦さんが代表を務めています。

Aidemyは大きく下記の2つのコースに分かれています。それぞれの料金について解説しますね。

  • Aidemy通常版
  • Aidemy Premium Plan

Aidemy通常版の料金

全45コースあり、あなたが気になったコースを選んで受講するスタイルです。

無料コースと有料コースが分かれており、無料コースだけ受講することもできます。

上記の通り、有料コースの場合コース毎に、料金とチケットというものが設定されています。

有料コースを受講する方法は下記の2パターン。

  • コース毎に設定されているお金を払って受講する
  • 月額プランに登録して、毎月もらうチケットを使って受講する

チケットを使う方法がややこしいので、もう少し詳しく解説しますね。

上記の通り、月額プランに登録すると、毎月払う料金に従い、チケットがもらえます。

もらったチケットを使って、有料コースを受講するという流れです。

例えば、Largeプランの場合、毎月6,480円支払って、4枚のチケットをもらうことができます。(1枚あたり1,620円)
※Largeプランが一番コスパが良いです。

先ほどの有料コースをもう一度確認してみると、「ソラコム流、ラズパイで始めるIoT」のコースは、1,980円で受講できる設定になっていますが、チケット1枚(1,620円)でも受講できるという感じです。

コース毎にお金を払うのと、月額プランのチケットを使うのと、結局どっちがお得なの?

月額プランのチケットの方がお得です。

  • 全45コースの料金合計:104,740円
  • 受講に必要なチケット数:52枚
  • チケット1枚あたりの料金:約2,014円

全45コースを受講した場合の料金を計算すると上記の通り。

Largeプランであれば、1,620円でチケット1枚がもらえるので、1枚400円ほどお得です。

全45コースをチケットで受講した場合は、合計84,240円なので、2万円ほどお得になります。

月額プランで全45コースを受講するには13ヶ月かかる

月額プランの方がお得ですが、欠点もあります。

それは一番コスパの良いLargeプランでも毎月チケットが4枚しかもらえないので、全コース受講するまでに最短で13ヶ月もかかってしまうということ。

※全45コースを受講するためには、52枚のチケットが必要。1ヶ月4枚しかもらえないので「52÷4=13ヶ月」。

ちょっといやらしい料金体系ですよね(笑)

そんな悩みを解決してくれるのが、次に解説する「Aidemy Premium Plan」です。

Aidemy Premium Planの料金

Aidemy Premium Planは、Aidemy通常版の全コースに加え、下記のサービスを受けることができるコースです。

  • Aidemy Premium Plan限定コースを選び放題
  • 24時間チャットサポート
  • コードレビュー
  • オンラインメンタリング
  • 転職相談

Aidemy Premium Plan限定コースは下記の通り。通常版コースよりも実践的なカリキュラムになっています。AIマーケティングができるようになれば、個人で稼ぐ力も付くので将来安泰ですよね。

  • AIアプリ開発コース
  • データ分析コース
  • 自然言語処理コース
  • LINEチャットボット開発コース
  • Rettyコース
  • AIマーケティングコース

期間によって料金が変わる

Aidemy Premium Planは、下記の通り、期間によって料金が変わります。

  • 3ヶ月プラン:480,000円
  • 6ヶ月プラン:780,000円
  • 9ヶ月プラン:980,000円

「めっちゃ高すぎ…途中で挫折したらどうしよう」と思ったかもしれませんが、受講後2週間以内であれば、全額返金保証付きなので、安心してくださいね。

でも、全額返金保証が付いていたとしても、この料金を見て「高すぎるのでは?妥当なの?」と疑問に思いませんでしたか?

それでは次に、同じようにAI技術が学べるスクールとの料金を比較して、料金の妥当性を検証してみましょう。

Aidemyの料金を他のスクールと比べてみた

Aidemyの料金の妥当性を確認するために、AI技術を学ぶことができるスクールとの料金を比較してみましょう。

Aidemy以外のAI技術を学べるスクール4選

Aidemy以外のAI技術を学ぶことができる4つのスクールについて、簡単にご紹介します。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、あなたに合ったオリジナルのカリキュラムを作ってくれるスクールです。

オンラインもしくは対面で、現役エンジニアからのマンツーマンレッスンを受けて学習を進めていきます。

AIコースでは、まずはPythonの基礎学習を行い、そのあと、チャットボットやスマートスピーカなどを土台にAIを実装します。

CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)は、完全オンラインのスクールで、現役エンジニアからのマンツーマンレッスンを受けることができます。

Pythonデータサイエンスコースでは、Web上からデータを収集する方法を学ぶことができます。

AIに特化した内容というよりかは、AI技術の一部を学ぶことができるというものですね。

具体的には、下記の通り、AI技術の一般的な処理の流れの中で、一番最初の「データ収集」処理を学ぶことができます。

「データ収集」 ⇒ 「データ加工」 ⇒ 「モデル構築」

TechAcademy

TechAcademy(テックアカデミー)は、完全オンラインのスクールです。

教材に沿って学習を進めていき、わからないことがあれば、現役エンジニアにチャットで質問していくというスタイルです。

「Python+AI+データサイエンスセット」コースでは、AI技術を使って「Amazonレビューを評価分析」したり、「サッカーの勝敗予測」したりします。

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEは、教室に通って学習を進めていくスタイルのスクールです。

週6でスクールに通わないといけないので、かなりハードなスクールですが、その分オンラインよりも確実にスキルを身に付けることができます。

Aidemyの料金を他のスクールの料金の比較結果

Aidemyの料金を他のスクールの料金と比較した結果は下記の通り。

スクール名料金期間評判
Aidemy480,000円3ヶ月Aidemy評判まとめ
侍エンジニア塾580,000円3ヶ月侍エンジニア塾評判まとめ
CodeCamp158,000円2ヶ月CodeCamp評判まとめ
TechAcademy429,000円24週間(約6ヶ月)TechAcademy評判まとめ
DIVE INTO CODE998,000円4ヶ月DIVE INTO CODE評判まとめ

上記の中だと、CodeCampが一番安いですが、AI技術の一部しか学べないので、本気でAIエンジニアを目指すのであれば、正直微妙ですね。

Aidemyの料金って相場からすると、そこまで高くないですし、妥当な値段だとわかりますよね。

AIエンジニアになれば、すぐにAidemyの料金は回収可能

あなたがAidemyを受講して、AIエンジニアになれば、受講料の48万円なんてすぐに回収できますよ。

なぜなら、AIエンジニアの年収は高いから。

具体的には、下記の通り。

1000万以上は狙えそうですね。あなたの今の年収と比べていかがですか?

もし年収が48万円以上増えるのであれば、Aidemyの料金をすぐに回収できますよね。

また、企業に勤めたあと実績を身に付けてフリーランスになれば、さらに年収も上がりますよ。

https://www.bigdata-navi.com/

具体的には上記の通り。AIエンジニアのフリーランスになれば、月100万の単価は余裕で超えます。

私もAI技術でよく使われるPythonを使っています。AIエンジニアの人と関わる機会があるのですが、やはり年収は1000万は超えていると言っていました。

また、AIエンジニア自体の需要も多く、自分の興味のある案件を取捨選択できるくらいAIエンジニアの地位は高いです。

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、Aidemyも値上げする可能性があるから。

というか、実はAidemyは下記の通り、1年前よりも10万以上値上げしています。

3ヶ月プラン:369,980円 ⇒ 480,000円

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が勝ちということです。

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、Aidemyの料金が気になるあなた向けに、現役SEの私が、Aidemyの料金と他のスクールの料金を徹底的に比較しました。

振り返ると、

Aidemyの料金は、相場と比べても高くも安くもなく妥当

が結論です。

AIエンジニアになれば、年収1000万以上を現実的に目指せるわけですから、48万円を投資する価値はあると断言します。

最後に本質的なお話をしたいと思います。

「本当にAIエンジニアになれるのかな…本当に48万円を払う価値はあるのかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

Aidemyは無料カウンセリングを試せますし、2週間以内であれば全額返金保証も付いています

悩むくらいなら、とりあえず無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのAIエンジニアの席を取られてしまいますよ。というわけで、今すぐ行動しましょう。

以上です。

-IT

執筆者:

関連記事

SIer企業ってどんな企業があるの?【現役SEが裏側も教えます】

SIer企業について知りたい人「SIerってなに?SIer企業ってどんな企業があるの?できれば現役SEに教えてほしいな」 こういった疑問にお答えします! 本記事を書いている私は、システムエンジニア(S …

Googleドキュメントの音声入力【具体的な活用方法教えます】

Googleドキュメントの音声入力って、すごいらしいけど、使い方がわからない。どういったときにGoogleドキュメントの音声入力を活用すれば良いか、具体的なイメージがつかない。 こういった疑問にお答え …

【必見】Pythonが学べるプログラミングスクール5選【現役SEが解説】

プログラミングスクールでPythonを学びたい人「Pythonをプログラミングスクールで学びたいと思っている。でも、学習するプログラミング言語としてPythonを選択するのって、ぶっちゃけどうなんだろ …

議事録の書き方のコツ教えます【1時間で終わらせよう】

議事録の書き方がわからない。何かコツはないかな?もっと短時間で議事録を書けるようになりたい。 こういった疑問にお答えします。 こんにちは、かつひろです。 会社員のみなさん、議事録嫌いですよね。書くのす …

テックエキスパートって挫折しやすいの?【挫折しない方法を解説】

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新情報はTECH::EXPERT(テックエキスパート)の公式サイトにてご確認ください。 TECH::EXPERT(テックエキスパート)で挫折する人が …