KatsuhiroBlog

妻が大好きなシステムエンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

DMM WEBCAMPで学べる言語は何?【年収も公開】

投稿日:

※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新情報はDMM WEBCAMPの公式サイトにてご確認ください。

DMM WEBCAMPが気になる人「DMM WEBCAMPが気になっている。DMM WEBCAMPで学べるプログラミング言語って何?」

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役SEです。エンジニアの採用経験もあるので、エンジニアの転職事情にもそこそこ詳しいです。

DMM WEBCAMPが気になるあなた。未経験からエンジニアへ転職しようと本気で考えているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて、すばらしいですね。

でも、実際にDMM WEBCAMPに通う前に、どういったプログラミング言語を学ぶことになるのか、確認してから受講したいですよね。

そこで本記事では、DMM WEBCAMPが気になるあなた向けに、現役SEの私が、

DMM WEBCAMPで学ぶことができるプログラミング言語

について解説します。また、いくら稼げるようになるのかも解説しますね。

本記事を読めば、DMM WEBCAMPで学ぶことができるプログラミング言語がわかり、いくら稼げるようになるのかもわかりますよ。

本記事を読まないと、何も考えずDMM WEBCAMPを受講した結果、あなたが学びたいプログラミング言語は学べず、後悔してしまうかもしれません。

最初に結論を言うと、

「DMM WEBCAMPで学ぶプログラミング言語はRuby。Rubyエンジニアの平均年収は550万」

です。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは下記の順番で進めていきます。

  1. DMM WEBCAMPで学べる言語は「Ruby」
  2. DMM WEBCAMPで学べる言語「Ruby」を身に付けるといくら稼げるようになる?

いますぐ無料カウンセリングを受けたい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

DMM WEBCAMPで学べる言語は「Ruby」

まずは、DMM WEBCAMPの簡単な紹介から。

DMM WEBCAMPは、エンジニアに就職・転職することに特化したプログラミングスクールです。

最短3ヶ月でエンジニアに就職・転職することが可能。

さらに、エンジニア転職保証付きで、もしエンジニアに転職できなければ、受講料を全額返金してくれます。

受講生の95%以上がプログラミング未経験にもかかわらず、転職成功率は98%と、未経験者をエンジニアに転職させることに定評のあるプログラミングスクールです。

それでは、DMM WEBCAMPで学べるプログラミング言語について、解説していきます。

DMM WEBCAMPで学べるプログラミング言語は「Ruby」

DMM WEBCAMPでは、「Ruby」というプログラミング言語を学びます。

「Ruby」のロゴは

こんな感じ。宝石のルビーをイメージしています。

DMM WEBCAMPで学べる言語「Ruby」の特徴

「Ruby」の特徴は下記の3つ。それぞれ簡単に解説します。

  • 簡単にプログラムを書くことができる
  • 日本人が作ったプログラミング言語
  • スクリプト言語(そのまま動かせる言語)

簡単にプログラムを書くことができる

「Ruby」は他のプログラミング言語と比べて簡単に書くことができます。

具体例としては、下記の通り。

「C#」の場合

using System;

public class Hello{
  public static void Main(){
    Console.WriteLine("こんにちは");
  }
}

Rubyの場合

p "こんにちは"

両方「こんにちは」を出力する処理なのですが、「Ruby」の方が圧倒的に簡単に書けますよね。

日本人が作ったプログラミング言語

「Ruby」は日本人が作ったプログラミング言語です。

作ったのは、「まつもとゆきひろ」さんという方です。

「まつもとゆきひろ」は「Ruby」について、下記のようなコメントをしています。

Ruby には Perl や Python とは決定的に違う点があり、それこそが Ruby の存在価値なのです。それは「楽しさ」です。私の知る限り、Ruby ほど「楽しさ」について焦点を当てている言語は他にありません。Ruby は純粋に楽しみのために設計され、言語を作る人、使う人、学ぶ人すべてが楽しめることを目的としています。しかし、ただ単に楽しいだけではありません。Ruby は実用性も十分です。実用性がなければ楽しめないではありませんか。

Ruby プログラミング入門 まえがき より引用

上記の通り、「Ruby」は「楽しさ」を重視したプログラミング言語です。

スクリプト言語(そのまま動かせる言語)

「Ruby」はスクリプト言語といって、書いたプログラムをそのまま動かすことができます。

よくわからないと思いますが、例えば「Java」で書いたプログラムを動かす場合、

  • プログラムを書く ⇒ コンパイルをする ⇒ 動かす

上記のコンパイルという“おまじない”をしないといけません。

しかし、「Ruby」で書いたプログラムを動かす場合は、

  • プログラムを書く ⇒ 動かす

上記の通り、書いたプログラムをそのまま動かすことができます。

こんな感じで、「Ruby」は、初心者でもなるべく簡単に、楽しく、プログラミングできる工夫がたくさんされているプログラミング言語です。

DMM WEBCAMPで学べる言語「Ruby」で開発されたサービス

実際に「Ruby」で開発されたサービスは下記の通り。

  • Cookpad
  • 食べログ
  • CrowdWorks
  • Hulu

上記の通り、インターネット上で提供されるWebサービスでよく使われる言語です。

あなたも使ったことがあるWebサービスばかりではないでしょうか?

つまり、あなたも「Ruby」を身に付ければ、自分自身でWebサービスを開発することができるようになりますよ。

補足:DMM WEBCAMPで「Ruby」以外で学べること

ちょっと補足として、DMM WEBCAMPで学べるプログラミング言語は「Ruby」ですが、「Ruby」以外にも、学ぶことはたくさんあります。

具体的には下記の通り。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • Git、GitHub
  • MySQL
  • Ruby on Rails
  • AWS

いろいろ横文字が大量に並んでいますが、

エンジニアとして働くうえで必要な技術は一通り学ぶことができる

と認識しておけばOKです。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

DMM WEBCAMPで学べる言語「Ruby」を身に付けるといくら稼げるようになる?

結局のところ、DMM WEBCAMPで、プログラミング言語「Ruby」を身に付けると、いくら稼げるようになるのでしょうか?

「Ruby」エンジニアの平均年収

「Ruby」エンジニアの平均年収を見ていきましょう。

下記は、プログラミング言語別の年収ランキングです。

求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

上記の通り、「Ruby」は、

  • ランキング:7位
  • 平均年収:550万
  • 最高年収:1200万
  • 求人数:11,676件

でした。

他のプログラミング言語と比べて、年収は普通で、求人数はナンバーワンという結果ですね。

つまり、「安定してそこそこ稼げる」といった感じです。

「Ruby」エンジニアとして年収をさらに上げる方法

「平均550万円か…エンジニアってもっと稼げるんじゃないの?」

と思いませんか?

安心してください。もっと年収を引き上げる方法はあります。

結論としては、

「フリーランスになろう」

です。

なぜなら、フリーランスの方が、会社員よりも稼げるからです。

具体的に「Ruby」のフリーランス求人を見てみると、

上記の通り、月90万以上稼げるので、年収1000万も全然夢じゃないです。

稼げるフリーランスへなる手順は下記の通り。

DMM WEBCAMPで「Ruby」を学ぶ

「Ruby」エンジニアに転職する

実務経験を2~3年積む

「Ruby」エンジニアのフリーランスになる

ポイントとしては、実務経験をしっかり積むことですね。

なぜなら、

上記の通り、フリーランスの求人を見ると、実務経験があることを前提した求人ばかりだから。

稼げる「Ruby」エンジニアになりたいなら、エンジニアに転職したら、実績を着実に積んでからフリーランスになりましょう。

DMM WEBCAMPは、未経験からエンジニアへの転職成功率が98%となっており、現役SEの私から見ても、かなりオススメなスクールです。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、DMM WEBCAMPが気になるあなた向けに、現役SEの私が、

DMM WEBCAMPで学ぶことができるプログラミング言語

について解説しました。また、いくら稼げるようになるのかも解説しました。

振り返ると、

  • DMM WEBCAMPで学ぶプログラミング言語はRuby
  • Rubyエンジニアの平均年収は550万
  • Rubyエンジニアに転職後、フリーランスになれば年収1000万も夢じゃない

が結論でした。

最後に本質的なことをお伝えして終わりたいと思います。

「本当にDMM WEBCAMPに通おうかな…どこのスクールがいいかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

DMM WEBCAMPは無料カウンセリングがあります。

悩むくらいなら、とりあえず無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

DMM WEBCAMPへの申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

「DMM WEBCAMP」って1年前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • DMM WEBCAMP:498,000円 ⇒ 628,000円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

-IT

かつひろ

妻が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細