KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

テックブーストって地方からでも通えるの?【回答あり】

投稿日:2020年9月17日 更新日:

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新情報はtech boost(テックブースト)の公式サイトにてご確認ください。

tech boost(テックブースト)が気になっている。地方からでも通えるの?

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役エンジニアです。エンジニアの採用担当も経験しているので、エンジニアの就職事情にも詳しいです。

tech boost(テックブースト)が気になっているあなた。エンジニアへ転職しようと本気で考えているのではないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。

でも、実際にtech boost(テックブースト)に通うまえに地方から通えるのか確認したいですよね。

そこで本記事では、tech boost(テックブースト)が気になっているあなた向けに、現役エンジニアの私が、

tech boost(テックブースト)は地方から通えるのか

について徹底解説します。

本記事を読めば、地方からでもtech boost(テックブースト)に通って、エンジニアになる方法がわかりますよ

本記事を読まないと、せっかくのエンジニアになるチャンスを逃してしまうかもしれません。

最初に結論を言うと、

tech boost(テックブースト)はオンラインに対応しているので地方からでも通える

です。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは下記の順番で進めます。

  1. テックブーストって地方からでも通える?【オンラインでどこからでも通える】
  2. テックブーストに地方から通うときの3つの注意点【現役エンジニアが解説】

いますぐ無料説明会を受けたい場合はこちら👇
オンライン可!

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

テックブーストって地方からでも通える?【オンラインでどこからでも通える】

最初にtech boost(テックブースト)の簡単な紹介から。

tech boost(テックブースト)はエンジニアに特化した転職サービスを提供している会社が運営するプログラミングスクールです。

エンジニアに特化した転職エージェントを提供している会社が運営しているプログラミングスクールなので、エンジニアへの転職サポートが手厚いのが特徴です。

また、カリキュラムはオーダーメイドで、現役エンジニアがあなたにあったカリキュラムを考えてくれますよ。

さらに、今トレンドとなっている

  • AI
  • IoT
  • ブロックチェーン

を学ぶこともでき、非常に充実したサービスを提供してくれます。

結論:tech boost(テックブースト)は地方からでも通える

結論を言うと、

tech boost(テックブースト)は地方からでも通うことができる

です。

tech boost(テックブースト)はオンラインに対応している

tech boost(テックブースト)は、

  • 通学
  • オンライン

の両方に対応しているプログラミングスクールです。

オンラインでtech boost(テックブースト)に通えば、地方に住んでいたとしても、プログラミングスキルを身に付けることができます。

また、下記の通り、通学よりもオンラインの方が入学金が安いので、おすすめですよ。

  • 通学の入学金:269,800円
  • オンラインの入学金:184,800円

実際に地方からtech boost(テックブースト)に通ってエンジニアなった人がいる

よくある質問として、

「tech boost(テックブースト)のオンライン受講で、本当に地方からでもエンジニアになれるのかな?」

こんな疑問があると思います。

tech boost(テックブースト)は、実際に地方からtech boost(テックブースト)に通ってエンジニアなった人がいます。


自分も地方なのでオンライン学習でしたが、techboost出身です。退職して東京で勉強するのは実際講師と関わりながらできるので良いと思います。やはり環境づくりが一番大事だと思います。頑張ってください

上記の通り、tech boost(テックブースト)には実績があります。

地方出身でもエンジニアになった人が実際にいるので、地方からでも安心してtech boost(テックブースト)に通えますよね。

というわけで、

tech boost(テックブースト)は地方からでもオンラインで通うことができる

が結論です。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

テックブーストに地方から通うときの3つの注意点【現役エンジニアが解説】

それでは次に、現役エンジニア目線で、

tech boost(テックブースト)に地方から通うときの注意点

について解説します。

やはり地方から通うとなると、オンラインで通うことになるので、通学するよりも途中で挫折する可能性が高いです。

tech boost(テックブースト)に地方から通うときの注意点は下記の3つ。それぞれ解説しますね。

  • わからないことがあれば質問しまくる
  • エンジニアになったあとのゲスい想像を毎日する
  • エンジニア就職時は東京の企業へ就職する可能性が高い

わからないことがあれば質問しまくる

地方からtech boost(テックブースト)に通うことになるので、オンラインで学習を進めていくことになります。

つまり、必然的に自己学習の時間が多くなります。

なので、わからないことがあれば、すぐに質問しまくりましょう。

tech boost(テックブースト)はオンラインで、いつでも何度でも質問可能です。

質問できる環境と質問できない環境の違いは下記の通り。

質問できる環境

プログラミング学習でエラーでつまずく

ググったが解決せず

現役エンジニアへ質問

エラーが解決

質問できない環境

プログラミング学習でエラーでつまずく

ググったが解決せず

オワタ\(^o^)/

上記の通り、質問しまくった方が、効率的に学習を進めることができます。

tech boost(テックブースト)は、いつでも質問できる環境が用意されているので、使わらない手はないですよ。

エンジニアになったあとのゲスい想像を毎日する

プログラミング学習のモチベーションを保ち続けるために、エンジニアになったあとの自分を想像しましょう。

私がよく妄想していたのは下記の通りです。

  • リモートワークで基本的に在宅ワーク
  • フリーランスで年収1000万
  • 自分のサービスを作って稼ぎまくり

エンジニアになったあなたを毎日想像することで、地方から通いつつも、モチベーションを保ちながらプログラミングを学習することができますよ。

エンジニア就職時は東京の企業へ就職する可能性が高い

地方からtech boost(テックブースト)に通うときの一番の注意点は、

エンジニア就職時は東京の企業へ就職する可能性が高い

ということ。

そもそもですが、エンジニアの求人数が、東京と地方で10倍以上差があります。

なので、tech boost(テックブースト)を卒業してエンジニアに就職するときは、東京の企業へ就職する可能性の方が高いです。

地方で働きたいなら、

tech boost(テックブースト)を卒業

東京で2~3年ほど働き、実績を積む

フリーランスになって地方でフルリモートで働く

上記のステップを踏むことをおすすめします。

フリーランスになれば、年収1,000万くらいは目指せるので、まずは東京で実績を積みましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、tech boost(テックブースト)が気になっているあなた向けに、現役エンジニアの私が、

tech boost(テックブースト)は地方から通えるのか

について徹底解説しました。

振り返ると、

tech boost(テックブースト)はオンラインに対応しているので地方からでも通える。けど、エンジニアになるときは東京に就職する確率が高い

が結論でした。

最後に本気でエンジニアを目指しているあなた向けに本質的なお話をしたいと思います。

「本当にエンジニアになれるのかな…本当にtech boost(テックブースト)に通おうかな…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

tech boost(テックブースト)は無料説明会があります。

悩むくらいなら、とりあえず無料説明会で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。

申し込まずに後悔するより、ダメでもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:申し込みは絶対に早い方がいい【早い者勝ち】

ちなみに、tech boost(テックブースト)への申し込みは絶対に早い方がいいです。(急かすようですいません・・・)

なぜなら、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

tech boost(テックブースト)は1年前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

  • オンラインの入学金:134,800円 ⇒ 184,800円
  • オフラインの入学金:219,800円 ⇒ 269,800円

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が損はしないということです。

TRY NOW

※無料説明会のみならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

あわせて読みたい

  1. tech boostの評判・口コミを現役SEがまとめたよ【悪評も】
  2. tech boostの料金は高い?他のスクールと比較してみた【割引あり】
  3. tech boostでプログラミングを学ぶといくら稼げる?
  4. tech boostの就職先ってどこ?【運営に直接聞いてみた】
  5. 【tech boost】30代でもエンジニアになれる?【回答あり】
  6. テックブーストは自社開発企業に入れる?【運営に聞いてみた】
  7. テックブーストに通えばフリーランスになれる?【着実に行こう】
  8. テックブーストの勉強時間ってどのくらい?【回答あり】
  9. テックブーストの申し込み方法を画像付きで解説【2分で申し込み】
  10. テックブーストとテックアカデミーを徹底比較!【どっちを選ぶ?】
  11. 【テックブースト】分割払いに対応しているの?【回答あり】
  12. tech boostの説明会ってどんな感じなの?【完全無料です】
  13. tech boostでAIエンジニアを目指すのはやめよう【基礎しか学べない】
  14. tech boostのカリキュラムを現役SEが評価してみた
  15. 【tech boost】エンジニアに転職できる3つの理由【未経験者向け】
  16. 【tech boost】メンターってどんな人がいるの?【回答あり】
  17. tech boostの場所ってどこ?【教室の雰囲気も】
  18. tech boostのオンライン受講でエンジニアになれるの?【現役SEが解説】
  19. tech boostでブロックチェーンを学ぶのってあり?【現役SEが解説】

-IT