KatsuhiroBlog

妻と娘が大好きな現役エンジニア。IT、ブログ、投資を中心に発信します。

IT

テックアカデミーの無料体験をエンジニアが受けてみたよ【内容解説】

投稿日:2019年11月10日 更新日:

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新情報は「TechAcademy(テックアカデミー)公式サイト」にてご確認ください。

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験が気になっているんだけど、どういった内容なの?どうやって申し込めば良いの?

こういった疑問にお答えします!

現役エンジニアの私は、先日、TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を受講しました。

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験が気になっているあなた。プログラミングを本気で学ぼうと思っているのはないでしょうか。

新しいことへの挑戦は勇気のいること。そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて、すばらしいですね。

でも、実際にTechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を受講する前に、どういった内容なのか確認したいですよね。

そこで本記事では、TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験が気になるあなた向けに、無料体験を実際に体験した私が、

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の内容と無料体験の始め方

について画像付きで解説します。

本記事を読めば、TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の内容がわかり、3分で無料体験を始めることができますよ。

本記事を読まないと、プログラミングを体験できるせっかくの機会を逃してしまうかもしれません。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。m(_ _)m

それでは以下の順番で進めていきます。

  1. TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の内容【現役エンジニアが解説】
  2. TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の始め方【3分で開始】

いますぐ無料体験を始めたい場合はこちら👇

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません。
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

スポンサードサーチ

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の内容【現役エンジニアが解説】

実際にTechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を体験した私が下記の内容について、それぞれ解説しますね。

  1. TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の内容
  2. TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の特典
  3. TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の感想

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の内容

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験では、下記内容を体験することができます。

  • プログラミング基礎(HTML、CSS、JavaScript):1時間ほど
  • 無料メンタリングの実施方法:1時間ほど

プログラミング基礎では、HTML、CSS、JavaScriptの教材を読み込んで、最終的には課題をあなた自身で解いてみて、現役エンジニアへ提出します。

わからないことがあれば、上記のようにチャットでいつでも質問可能です。

提出した課題は現役エンジニアがレビューしてくれますよ!

課題が終わるとメンタリングも無料で受けることができる

メンタリングでは現役エンジニアになんでも質問することが可能。

例えば、

「エンジニアを目指すうえで必要なこと」

「プログラミングを挫折しないための秘訣」

などを聞いてみてはいかがでしょうか。

上記のようにメンタリング日時を選択して予約して、メンタリングを受けます。

メンタリングは、オンラインで出来るので、自宅で受けることができますよ。

メンタリングの時間は最大25分間。せっかくの機会なので不安に思っていることを何でも質問しちゃいましょう。

というわけで、テックアカデミーの無料体験では、実際にTechAcademy(テックアカデミー)の有料コースを受講したときの流れを確認することができます。

教材に沿ってプログラミングを学習する

わからないことがあればチャットで質問

課題を解いて現役エンジニアにレビューしてもらう

メンタリングで今後の進め方などを相談

上記の通りですね。

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の特典

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を受講すると、以下の特典がもらえます。

  • 有料コースが1万円割引される
  • 無料メンタリングでAmazonギフト券500円分がもらえる

両方ともかなり嬉しいですよね。

Amazonギフト券は有料コースに申し込まなくても、もらえるので、Amazonギフト券のために、とりあえず無料体験を受講してもOKです。

500円あれば好きな漫画が1冊買えますね♪

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の感想

現役エンジニアの私が、TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を実際に体験してみた感想としては、

無料体験の教材の内容は別に普通。プログラミングの基礎を学習するというよりかは、TechAcademy(テックアカデミー)の学習の進め方を実際に体験できる

という感じですね。

何と言っても、無料で受講できますし、Amazonギフト券ももらえるので、TechAcademy(テックアカデミー)が気になっている人は全員受けるべきだと思いますよ。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません。
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の始め方【3分で開始】

それでは次にTechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の始め方について画像付きで解説していきます。3分もあれば簡単に始められます。

TechAcademy(テックアカデミー)公式サイト」へアクセスします。

「勉強を始める」を押してください。

氏名、氏名(カナ)、メールアドレスを入力して「勉強を始める」を押してください。

上記のようなメールが届くので、URLからログイン画面へアクセスしてください。

メールに記載してあったメールアドレスとログインを入力して「ログインする」を押してください。

上記の画面が表示されれば、無料体験を始められます。お疲れさまでした!

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません。
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

さいごに:悩んでいる暇があったら行動しよう

本記事では、TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験が気になるあなた向けに、無料体験を実際に体験した私が、

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の内容と無料体験の始め方

について画像付きで解説しました。

振り返ると、現役エンジニアが、TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を実際に体験してみた感想としては、

無料体験の教材の内容は別に普通。プログラミングの基礎を学習するというよりかは、TechAcademy(テックアカデミー)の学習の進め方を実際に体験できる

という感じでした。

最後に本質的なことをお伝えして終わりたいと思います。

「本当にTechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を受けようかな…どこのスクールがいいかもうちょっと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

悩むくらいなら、とりあえず無料体験で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

無料なのでリスクはゼロですよね。

申し込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません。
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

補足:申し込みは今すぐやった方がいい【早い者勝ち】

ちなみに、テックアカデミーへの申し込みは今すぐやった方がいいですよ。(急かすようですいません・・・)

理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。

テックアカデミーも以前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。

テックアカデミー Webアプリケーションコース

  • 8週間:196,900円(税込) ⇒ 229,900円(税込)
  • 12週間:251,900円(税込) ⇒ 284,900円(税込)
  • 16週間:306,900円(税込) ⇒ 339,900円(税込)

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、今すぐ申し込まないと損する可能性が高いということです。

TRY NOW

※無料体験のみならお金は一切かかりません。
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

以上です。

あわせて読みたい

-IT

かつひろ

妻と娘が大好きな30代のシステムエンジニアです。家族と一緒に自由な暮らしを得るために、毎日ブログをコツコツ更新中。

プロフィール詳細